スポンサーリンク

【トレード報告】ドル円 2021年11月25日木曜日のFXトレード結果

本日は、2021年11月25日に行ったドル円のトレード結果についてお伝えします。まず結果としては59pipsの勝ちトレードとなりました。そのこと自体は良かったのですが、当然ながら負けることもありますので勝って嬉しいという感情はないのですが、いつも通り環境認識の週足からお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ドル円週足

【トレード報告】ドル円 2021年11月25日木曜日のFXトレード結果

まず週足からですが、2017・2018年高値が意識されて上げ止まっている水準にありました。ですが、N字の波動の視点からみればまだ上げ余地があるということも考えてました。これは2016・2017年高値の日足で確認できるネックラインに線を引いておいて、どこまで上がるかの予測を立てていました。とは言え、このラインが意識されるかは正直なところ微妙だと思っていたので、取り合えず引いているという感覚です。

 

スポンサーリンク

ドル円日足

【トレード報告】ドル円 2021年11月25日木曜日のFXトレード結果

続いて日足ですがダブルトップ形成後にエリオット波動で言うところの抜けの1波が発生しネックラインを下に割ったところでした。ここまでだと下への意識が強くなりそうだったのですが、その後、戻り2波から加速3波とはならず、そのまま高値を更新していきました。この動きから、まだまだ買いの勢いが衰えてはいないんだということが分かります。

 

ドル円4時間足

【トレード報告】ドル円 2021年11月25日木曜日のFXトレード結果

次に4時間足ですが、前後に抜けている動きは示したものの、結局はレンジの中を推移していたことが分かります。但し、左側のチャートの流れから見ていくと、高値と安値を切り上げていることが分かります。4時間足においても買いの勢いが強いことが分かります。

 

更には、直近の安値が意識されたせいか、長い下ヒゲを出して反発していることが分かります。ここの流れを見て市場参加の心理を考えてみると、ショート勢の売りポジションが溜まっていき、もうこれ以上は売っても押し返されて徐々に諦めていきそうな雰囲気が分かります。

 

ドル円1時間足

【トレード報告】ドル円 2021年11月25日木曜日のFXトレード結果

そして1時間足ですが、4時間足同様に1時間足ではラインを引いてる高値が意識されたのか下ヒゲを出して反発していることが分かります。そして徐々に切り上げながら揉み合いを形成しています。ここまでくるとショート勢が逃げの姿勢になっていることが伺えます。こうして上位足から見て上への意識が強いことが分かりました。但し、週足からも分かるように既に上がり切っている水準であることは念頭に入れておかないといけません。

 

スポンサーリンク

ドル円15分足

【トレード報告】ドル円 2021年11月25日木曜日のFXトレード結果

15分足では三尊を形成しているように見えます。なので15分足においては下落していきそうな感じもしますが、やはり上位足では目線が上だったので所詮15分足が下だとしても焼石に水の如く呆気なくチャートフォーメーションが崩されていることが分かります。

 

私がポジションを入れたのは、この三尊が形成されそうな水準のところでした。けどそこでロングを打ったのは前述した理由があったからです。その後はジワジワと上昇をしていきました。ですがその後は下落、同値付近まで下がりました。ですが私はポジションを解放しなかったのですが、その理由も前述した通り買い勢力の勢いが強いと感じていたからです。結果的にその後にスッと伸び上がっていき、ダブルトップを形成したところで決済をしました。

 

まとめ

ということで2021年11月25日ドル円のトレード結果についてお伝えしてきました。今回のトレードは週足では伸びきったところではあったので、その点は注意をしておかないといけないところではありました。なので揉み合いを作り始めたらポジションを解放する潔さを心構えとして持っておくことが大切だったように思います。

 

私はトレードを副業としてやっているのですが、これを専業として生業の軸として生計を立てていくというのは波の精神では保ち続けるのは難しいのではないかと思います。というのもトレードはスキルをツールや媒体を介して反映させていくのではなく、ダイレクトに行っていくものだと思っているからです。それだけに精神的な領域に対する影響が非常にシビアに感じます。

 

私個人としては、適度な距離感を保つ為に本業は別の事業を持つこととしてやや遠いくらいの程良い距離感が理想的ではないかと今のところは考えています。多くの人はスキルやツールや知識などに意識が向きがちですが、トレードとの関わり方という距離感はかなり大切な要素の一つではないかと思っています。

スポンサーリンク