LINEで脈ありの男性が好きな人にとる8つの態度で心理を解説

 

好きな人とLINEを交換したら、

その後はどんな反応を示してくるのか気になりますね。

男性はLINEでは好きな人にどんな態度になるのでしょう。

実は脈ありには明確なパターンがあります。

 

LINEは直接相手を見ることがないので、

一体何を考えてるのか分かり難いと感じますね。

だけど相手が見えないからこそ出る心理もあります。

そんな男性が好きな人にとる態度の心理をお伝えします。

 

1、彼氏がいるかをさりげなく確認してくる

 

男性にとって好きな人に対して重要となるのが、

まず彼氏がいるかどうかが一番気になるところです。

それは女性だってまず最初に気になるところですよね。

なので何からしら最初の段階で確認してくるはずです。

 

「彼氏さんに申し訳ないからさー!」

 

などLINEの会話の中で、

彼氏がいることを前提に話題を振って確認したりします。

キーワードは相手から「彼氏」と出たら確認と判断できます。

少なくとも恋愛対象としての可能性はあると考えられるので、

彼氏をさりげなく確認してきたら脈ありと言えるんでしょう。

 

2、マメな返信は脈ありの可能性が大きい

 

そもそも男性はメールやLINEなどのような、

コミュニケーションツールを面倒だと感じてしまいます。

なのでどうでもいい人にはサラッとやりとりしがちです。

 

ところが男性から何度もマメな返信をするということは、

その時間をLINEを通してあなたに捧げることになります。

興味がなければ何度もマメに返信することはあり得ないのです。

なぜなら男性はコミュニケーションツールを面倒臭がるからです。

では男性はどのようにツールを捉えているのかと言うと、

 

  1. 必要がだから送る。
  2. 必要でないなら送らない。

 

以上にシンプルでこの2択のみなのです。

仲の良い友達に送るのだってその程度がほとんです。

どっちかというと会って会話する方が楽しいと思うのです。

マメに返信しるということは「必要」だと思われているのです。

なのでLINEで何度もマメに返信してくるのは脈ありと言えるのです。

 

3、関わっていたいから会話がずっと続く

 

誰だって好きな人とはずっと一緒に居たいですよね。

なるべく同じ時間を少しでも長く共有したいと思うものです。

あなたも好きな人と一緒に居るとそんな気持ちになりませんか?

特に最後の方になればなるほど、惜しく感じてしまうものです。

なので男性も好きな人とは惜しいという態度が出てしまうのです。

 

それはLINE上では途切れたくないから終わりの言葉を使わないのです。

何となくだらだらっとした時間が過ぎて会話も途切れ途切れになっても、

自分からは会話を終わらす一言を告げるのに惜しく感じてしまいます。

「そろそろ寝ようか」とか「明日も仕事があるから」なんて言葉は、

好きでもない人には簡単に言えてしまうものですが、

好きな人には言いたくないものなのです。

それは同時に脈ありだということでもあるのです。

 

4、男性の方からLINEを入れてくる

 

男性は基本的に自分から送ることは滅多にしません。

それは前述したように必要なこと以外は送らないからです。

普段の会話をするような意識は持ち合わせていないのです。

そこで男性からLINEがちょくちょく入ってくるということは、

正しく好きな人にとる態度に当てはまっていると言えます。

 

それに男性は確証がなければ積極的になれません。

つまり可能性があると感じなければ自分からは送らないのです。

この場合、友達としてしか意識がない場合も普通に送ってきます。

要するにこの2つのパターンのどちらかと言えます。

 

この場合でも他の項目の内容と合致している部分があれば、

脈ありで合致していないのならただの友達としか見ていません。

たとえば返信がマメとか終らすのが惜しいという雰囲気とかです。

 

5、小さな変化でもすぐに気付く

 

普通、好きでもない人のことはそこまで興味がないので、

髪型をストレートからパーマにしたとかならすぐに気付きますが、

ちょっと髪色を変えたとかなら気付くことはまずありません。

だけど気になる男性だとちょっとした変化でも気付きませんか?

男性も女性も好きな人の変化なら大概は気付きますね。

それはLINEのような間接的なやりとりでも同じなのです。

 

ちょっとメッセージの最後に付けるアイコンが変わっただけでも、

好きな人ならすぐに気付いてそこに反応を示したりします。

示さなくてもまず気付いているとみて間違いはないと言えます。

だけど大概は話題を振るためにそこに反応を示してくるはずです。

このようう小さな変化から接点を見つけて盛り上げようとします。

 

6、質問系の内容で返信することが多い

 

これは昔からよく言われていることですが、

とにかく会話を繋げるために質問系で返すのは基本です。

なので好きな人には質問してくることが多くなるのです。

好きだからこそ女の子から会話を終わらせるのを防ぎたいのです。

 

質問が入ってくると、どうしても返さなくてはいけない・・・

なんて義務感が心のどこかにあったりしないでしょうか。

仮にそれを無視したとしても頭の中に残ったりします。

 

たとえば友達から質問するメッセージが入ってきて、

疲れてたので忘れてしまってそのまま眠ってしまって、

翌朝になると「ヤバ!」って思ったことなどありませんか?

質問するというのは返さなくてはいけないという心理があります。

昔ながらの方法ですが人間の心理を上手く使っているのです。

それは同時に男性からの脈ありサインと見ることができるでしょう。

 

7、しばらく既読状態でも必ず返信する

 

これは項目6の質問系の心理と同じことが言えます。

メッセージを送ってくる相手に無視することは罪悪感があります。

それはどんな人でも、どのような場面でも必ずある心理です。

なので返さなくてはいけないという思いがどこかにあります。

 

好きでもない人なら途中で「ま、いいか」と思ってしまい、

そのまま返信しないというパターンは案外多いものですが、

好きな人だと嫌われたくないという心理が必ずあるので、

しばらく既読状態であっても必ず返信はするものなのです。

どのくらいの時間かは、その男性の状況によって異なりますが、

好きな人に対しては、まず間違いなく返信はするということです。

 

8、好きだからこそあえて素っ気ないことも

 

これは好きだけど距離を感じている場合です。

基本的に好きだけど素っ気ない態度をとるのは、

その男性があなたに対して確証がないからそうなるのです。

それは嫌われたくないとか恥をかきたくないなどの、

自分が傷付くことを怖れてしまう心理があるからです。

 

とにかく男性は自分が傷付くことを怖れています。

なぜなら距離がある段階で近づくことはリスクだからです。

たとえば今の仕事を辞めて独立した方が良いと言われたとします。

いきなりそんなこと言われても無理だと感じてしまいませんか?

上手くいかないとか生活に困るとか考えてしまわないでしょうか。

このようなリスクの方がパッと頭に浮かんでしまいやすいですね。

 

男性にとっても恋愛はこれと同じ心理が働いてしまうのです。

それは女性というものが男性にとって未知の存在だからです。

あなたも知らない相手と会話をするときは緊張することがありませんか?

仲の良い友達のときと比べるとそれは一目瞭然ではないでしょうか。

男性は女性のことが分からないから怖れを感じやすいのです。

なのである程度の距離を縮めないと積極的になれないのです。

 

さりげなく「好き」のサインを送ってみる

 

いかがでしたでしょうか。

LINEでの男性の好きな人にとる態度をお伝えしました。

では、あなたの方から好きな男性に対して、

どのようなアプローチをすると良いのでしょう。

 

それはさりげなく「好き」のサインを送ってみることです。

 

ニュアンスとしては「好きかも・・・」という感じで、

曖昧に濁らせて相手に可能性を感じさせてあげることです。

よく言われている女性から誘って男性を追い掛けさせる方法です。

 

他には楽しそうな雰囲気を感じさせてあげたり、

「スゴイ!」とか「カッコいい!」とかのキーワードを入れたり、

「行ってみたいなぁ」などの軽い甘えの文章を差しこんでみたり、

さり気なく好意があることを伝えてみるのです。

それを繰り返すことできっと男性から誘いやすくなるでしょう。