スポンサーリンク

ネクタイせどり(転売)を始めようと思った時、どこから仕入れていいのか?という点は一番疑問に思うところではないでしょうか。

結論から言うと、

仕入れ先はヤフオクです。

何故なら低単価でまとめ仕入ができるからです。

まとめて仕入れることで1本あたりの仕入れ単価を下げることができるので、極端な話数さえ出品できればそれなりの結果が出るわけです。

この記事ではネクタイせどりの仕入れ先であるヤフオクにおけるメリットやデメリット、如何に効率が良いかを説明していきます。

前回の記事

 

スポンサーリンク

ヤフオク仕入れのメリット

ネクタイせどりは基本的に電脳仕入れになります。電脳とは「電子頭脳」の略で、電子計算機及びコンピューターを意味します。

当時、せどりがネットで仕入れるようになった時代の名残のようなものでネット仕入れでもいいですしとにかく店舗に行かずにネットで仕入れること全般を意味します。

ネットで仕入れることを覚えてしまうと店舗仕入れが如何に億劫かが分かるでしょう。

そしてヤフオクで仕入れるメリットは、とにかく安価で数が多く、まとめて仕入れることができるということがあります。

なので1本あたりの仕入れ単価を200~300円程度にして3000~4000円で売るというせどり初心者にとって最もリスクのない方法で始めることができるというのがヤフオク仕入れの最大のメリットです。

私も電脳仕入れを始めてやった時は、ネクタイをまとめて仕入れるというところから入りました。

今ではネットから単品で10万以上の商品を仕入れることもしますが、最初は1本200~300円のところから地道にちょっとずつ上げていき今現在の状態まで自己成長をしていきました。

スポンサーリンク

ヤフオク仕入れのデメリット

対してヤフオク仕入れのデメリットと言えば、商品状態を店舗より把握し辛いというところがあります。

どうしても画像と説明文くらいでしか判断材料が限られてしまう為、見極めるには慣れとコツが必要となってきます。

とは言え、見極め方なんて限られていますしどこを見ればいいかなんてネットで調べても分かります。

当然ですが、私が作成したネクタイせどりの教材も詳細に書いております。

他にデメリットを上げるとすれば、ヤフオクはオークションという特性上ライバルと競り合うという場面に出くわしてしまうことがあるでしょう。

ただこれも仕入れ基準というものがあるので要は基準というルールさえ守れば間違っても赤字になることはありませんし、ヤフオク自体は膨大な数出品されているので仕入れることができないということはあり得ません。

ネクタイを店舗で仕入れるのはアリ?

ここまででネクタイせどりはヤフオクを使った仕入れをするのが一般的でそのメリットとデメリットをお伝えしてきました。

では、店舗に行って仕入れることはダメなのでしょうか。

答えはNOではないが非効率。

ということになります。

理由は、ヤフオクと比べて圧倒的に数が少ないからです。

1店舗あたりの母数が少なすぎるので当然ながら仕入れ対象となる商品の数もかなり限られます。

それを補うために複数の店舗をはしごする必要が出るくるわけですが、移動時間が掛かり過ぎてしまうので非常に非効率ですし、何も仕入れられないボウズになる可能性の方が高いと個人的には感じております。

というかほとんどの人が思うことではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク