男性心理から読み取るメールに入れる絵文字に秘められた謎

 

あなたは異性とメールでどんな風に会話をしているでしょうか。

昨今では、連絡手段として電話を用いて直接話すのでなく、

メールやLINEなどのSNSで文字を使うことが非常に多くなってきました。

さらに文字で伝えるだけでなく顔文字や絵文字といった独特の文化が生まれ、

顔が見えなくても気持ちを的確に表現することが可能になりました。

 

こうしたコミュニケーションが発達することは良いことだと思います。

そしてこれは同性同士だけでなく、当然異性との間でも行われますが、

異性とのやり取りを切り取ってみてみると男性心理が顕著に表れます。

そこでメールの絵文字に秘められた男性心理を知りたくありませんか?

 

男性と女性のコミュニケーションの違い

 

男性にとってメールやSNSとはどんな認識なのでしょう。

それは単なる「連絡手段」としか捉えていないのが基本的にあります。

一方で女性はその連絡手段に加えて「雑談などの暇潰し」が多いです。

このように男女で捉え方や使い方が大きく異なってくるのですが、

では、文章自体では具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

 

それは基本的に文章自体も男性と女性で異なるものです。

男性は文字だけ、或いは必要最低限の顔文字や絵文字で文章を作成します。

それに対して女性は男性よりも感受性が豊かなので、

表現力が豊富になって文字に加えて様々な顔文字や絵文字を駆使して、

感情表現が伝わりやすい文章を作成することが多いです。

ただ、希に男性でも顔文字や絵文字を多用する人はいます。

それでは、そういった人の男性心理はどのようになるのでしょうか。

 

文章だけでは物足りなさを感じる

 

男性も女性と同じように感情表現なメールを送る人がいますが、

これには様々な実にパターンが考えられるのです。

まず最初に挙げる特徴として文字だけという無機質な文章では、

相手に気持ちが伝わらないのではないかという不安からくるものです。

これが絵文字を多用する最もポピュラーな男性心理であり、

これはどんな男性でも意外と気にしてやってたりすることでもあります。

 

気になる女性にギャップを狙い

 

次に普段の自分とのギャップを相手に見せたいという気持ちです。

これは女性にはあまり見られない男性心理特有の考え方です。

特に気になる女性に対しては特別に見られたいと思い、

普段は無機質で男らしいキャラクターで振る舞っているが、

メールになると実はこんな一面があるんだというギャップを狙います。

 

ということを相手に分かってもらいたいという心理の現れです。

ただ、男性のそのような雰囲気は直感で感じたりしませんか?

あまりにしつこいとちょっと嫌になってきたりしないでしょうか。

これは比較的イケてる男性が行うことで大きな効果を期待することが可能です。

スポンサーリンク

全員が全員この方法を用いれば良いというわけではありません。

 

状況から学んで自分を変える男性もいる

 

次に、男性の連絡手段に対する意識の変化というものが挙げられます。

先程お伝えした通り、男性は単なる連絡手段として捉えているので、

相手に用件だけ伝わればいいと思っている人は多いでのす。

しかし、気になる異性や恋人と連絡しているうちに単なる連絡手段から、

相手とコミュニケーションを取る手段というように意識が変化してきます。

ここでの男性心理としてはこの人ともっと楽しい話をしたいとか、

自分の気持ちをもっと的確に臨場感を持たせて表現したいとか、

相手を楽しませたいなどのような気持ちに変化するのです。

 

特に気になる女性と連絡しているときにそうした心理になりやすく、

しかし、それは同時に非常に重要なポイントでもあるのです。

というのも、プラスには転じてマイナスにもなり得ることがあり、

これも残酷な話になりますが特に意識していない女性に対しては、

同性と同じような扱いになって短絡的で味気ないメールになりがちです。

つまり、文字だけの無機質な文章になりやすいということなのです。

ただ、最近は優しいというか気を使う男性が増えてきたので、

どの女性に対しても平等に接するようになったという点があります。

 

あなたもただ文字だけという無機質な文章ではなく、

顔文字や絵文字を用いた文章の方が読もうという気になりませんか?

感情表現豊かな方が男性に心を許しやすくなりますよね。

そう考えると男性はもっと積極的に用いるべきだといえるでしょう。

 

単なるミーハーな男性

 

次にその男性は新しいもの好きという可能性もあります。

特に最近では新しいことに敏感な男性が増えてきており、

その男性心理は新しいものや流行っているものを常に使用することで、

注目されたいとか目立ちたいという気持ちが表れています。

そのため、女性だけでなく同性と連絡を取るときにも多用することが多いので、

絵文字などを使うことが基本になっているということになります。

これはその男性と接している女性側から心理を考えてみても、

絵文字を使用することに何ら特別な意味は持たない可能性が高いので、

気になる男性なら残念ですが脈ありとは関係のないパターンと言えます。

 

まとめ

 

これらに加えて、最近では写真や動画を送ることや、

或いは「スタンプ」と呼ばれるコンテンツも使用する男性も増えてきました。

スタンプ機能は今では誰もが使っているLINEでは当たり前の機能ですね。

これはインターネットなどが発達してきたことによってもたらされたことであり、

それによって以前のように単なる連絡手段だったものが、

 

いつのまにか高度なコミュニケーション手段に変わってきたともいえます。

 

それに伴って男性の心理が変化したというよりも、

変化せざるを得なかったというべきであるとも考えられます。

今では顔文字などを使うことが日常的になってきたので、

これらを用いる心理を恋愛に使おうと思っても困難とも言えます。

ただ絵文字を通して男性心理を理解することは十分可能なので、

あなたに気になる男性がいるなら気持ちを知る手掛かりとなるでしょう。