職場の男性が好きな人にとる8つの態度!彼の無意識的なサイン

 

職場の男性って距離を近づけ難いと思いませんか?

他の部署だったり、あまり親しくなかったりすると、

どうしても職場の人間関係上下手な行動もとれないものです。

そこで職場の男性が好きな人にとる態度を8つに分けてみました。

 

私自身、好きな人の前ではこんな態度をとっていたな・・・

っていうものや友人の話からよくあるパターンなど、

職場での男性なリアルな恋愛心理をお伝えしたいと思います。

ぜひ、あなたの気になる男性の攻略にお役立て下さい。

 

1、気になる女性は自然と目で追ってしまう

 

これはほとんどの男性にありがちなパターンですね。

だけど女性が見てないところでこっそり視線を送ります。

男性は傷付きやすい生き物なのでバレることに慎重です。

だけど好きな人には必ずと言っていいほどやっています。

 

なので窓ガラスや棚のガラス扉越しに彼の顔を確認してみて下さい。

これで彼の顔の動きをちょくちょくチェックしていると、

あなたに向いている回数が何回か確認できるなら脈アリです。

 

ほとんどの男性はこうしたチェックをされることは分からないので、

あなたに興味があるかどうかを確認するには最適な方法です。

狩猟時代からのなごりからくる本能的な行動なので、

ほぼ全ての男性に共通する態度と言えるでしょう。

 

2、バレないために行動が挙動不審

 

恋愛に慣れていないシャイな男性、

あるいは人前で緊張するタイプの男性には多いです。

 

こうした男性は会話をしていない距離のある状態では、

まったくの無関心な態度をとって陰で視線を送りますが、

いざ会話をしてみたらうろたえた雰囲気になりがちです。

 

バレないように一生懸命に隠そうとするのが分かりやすく、

そして興味のない女性には平然と接しているので比べると一目瞭然です。

それは当事者ではなく客観的な立場で観察するとよく分かりますね?

男性は確信が得られるまで自分の気持ちを隠したいものなのです。

 

3、気になるからこそあえて気持ちを開示する

 

恋愛に慣れている男性に多い傾向です。

また人生でいろんな経験を積んだ男性のパターンでもあります。

つまり自分の気持ちや思いを普段から素直に開示できるのです。

なので好きな人の前でも素直になることができます。

 

気になる女性の前では「可愛いね」など言えたりするのですが、

あえて気持ちを開示して自分を守ろうとするパターンもあります。

その場合は挙動不審だったりとどこかに違和感があるものです。

 

それを確認する最も分かりやすい方法は、

普段からどんな人とでも気持ちを素直に開示しているかどうかです。

これが普段から自然とできる男性であればあるほど成熟しています。

これも職場の男性が好きな人にとる態度のひとつです。

 

4、言葉や行動が同じ仕草になってるときがある

 

これは女性に多い傾向ですが、

同じ人間なので当然男性にも同じことが言えます。

好きな人には自然と興味を惹かれるので似たようになるのです。

 

こうした行動を心理学では「ミラーリング」と言われており、

人と人との信頼関係を結ぶためのテクニックとして技術が確立されています。

カウンセラーやセラピーなどでは常套手段と言えるほど基本の技術です。

つまりはそれだけ効果的な方法だと言うことです。

 

なのであなたが彼を見てハッと気付くようでしたら脈アリです。

反対にあなたが気になる男性に近づきたいなら活用すべき方法です。

職場という難しい人間関係だからこそこうした手段が必要不可欠です。

 

5、男性は好きな女性の前ではカッコつけたがる

 

男性は好きな人の前ではカッコつけたいものです。

自分を良く見せることで女性の気を引きたいのです。

それは孔雀のオスが派手な姿でメスにアピールするという、

野生動物の傾向からも、それが本能的なものであると分かります。

 

男性によって経済的、誠意、優しさ、知識など、

好きな人に対してアピールする態度は違ってきますが、

共通して言えることは好きな人の前ではカッコつけたがることです。

 

職場だからこそ社会人としての接し方を装いつつ、

自分の自慢できるものでアピールしてカッコつけてくるでしょう。

 

6、身だしなみに男性なりの変化あり

 

普段からファッションに気を付けてなくても、

好きな人ができるといくら職場でも身だしなみは意識します。

 

やはり女性にとって男性の清潔感は重要なポイントですね。

男性は好きな人に嫌われると深く傷付くので最も避けたいもので、

そうした痛みを避けるために意識は強くなる傾向にあります。

 

よく学生の頃に男友達が「お前何オシャレしてんだよ!」と言われて、

本人が「別にそんなことねえよ!」みたいな焦った風な態度なら、

その場合は誰か気になる女性のことを入してしていて、

バレたらまずいと思って焦っていることが多いです。

 

7、話し掛ける頻度が多くなる

 

好きな人に何とか距離を近づけたい。

これは男性も女性も共通して言えることですね。

なのでタイミングが合えば話し掛けようとしてきます。

 

何よりも好きだからこそ知りたいと思うものですね。

そうなると見ているだけでなく会話して知っていくしかありません。

他人から聞いた情報よりも本人からの情報の方が間違いないことですし、

何よりも好きな人と一緒にいる時間というのは楽しいものです。

 

職場なので他人の目が気になって簡単にはできないですが、

男性ならそれでも何とかして会話をしようとしてくるものなのです。

これは恋愛に奥手な男性でも意識は常にあります。

 

8、物理的距離や接触頻度が多くなる

 

先ほどの会話の項目と同じことが言えますが、

会話をしたいために物理的距離や接触頻度は多くなります。

気が付けば意外と身近にいたりするものなのです。

 

たとえば飲み会の席では座る順番が自由ならば、

できるだけ好きな人の隣に座ろうとしてくるでしょう。

反対に好きバレが怖くて距離をおくというパターンもありますが、

基本はどんなシチュエーションでも距離を近づけたいのが本能です。

 

もし嫌いな人なら会話もしたくないし距離も離れますね。

あなたも職場の嫌いな人とは一生関わりたくないくらい思いませんか?

また好きな人と物理的に近いと何だか気持ちが暖かくなってきますね。

こうした心地良さを味わいたいから距離を近づけたくなるのです。

 

男性が好きな人にとるの態度は職場と言えど本能には逆らえない

 

いかがでしたでしょうか。

どんなに平静を装ったとしても本能には逆らえません。

なので好きな人には必ず本能的な行動が出てしまうものです。

 

それは同時に嫌いな人にも本能的な行動が出てしまうことでもあります。

 

本能とは無意識に出てしまうものであり、

本人が気付かないところでついつい出てしまっている癖のようなものです。

そこに意識を持って普段から男性のことを見てみるだけでも、

人それぞれの特徴を掴むことは難しいことではありません。

 

職場の男性が好きな人にとる態度を8つに分けて紹介しましたが、

あなたの職場の男性に当てはまる項目はあってでしょうか。

ぜひ、恋の攻略に活かして頂たいて幸せを手にしてほしいと願っています。