男性心理を活用したメールの駆け引き!この女を手に入れたいと思わせる方法

 

パソコンやスマートフォンが普及した現代において、

メールは恋愛の必需品ともいえるツールになりました。

気になる男性がいれば個人的に連絡が取れるのは嬉しいですね。

メールでのやりとりも男性心理を知ることで関係性が変わります。

つまり、連絡先を好感したらその後はいかに上手く駆け引きをするかで、

その先の関係があなたの望む方向へと変わっていくのです。

 

ではメールではどんな駆け引きをすれば良いのでしょう。

実際に会ったときのやりとりとは違うのでしょうか。

今回は、男性の心理を上手く活用することで、

メールの駆け引きの方法をお伝えします。

 

男性は自分の時間を大切にしたい

 

あなただってこのようなことがあるとどう思うでしょうか。

それは朝のおはようメールに始まって寝る前のおやすみメールまで、

仕事中や友人と会っている時でもガンガン届いたらどうでしょうか。

 

人それぞれですが社会人や学生など何らかのやることがありますね。

ずっとスマートフォンの画面を見続けていたら何もできません。

それに好きだからと常にベッタリなのは最初は良くても、

後になってくるとウザったく感じて疲れてしまうものです。

 

人間には個人差があるものの誰でも自分の時間があります。

 

特に自分の時間を重視している人にとって、

次々に届くメールは非常に面倒な存在になってしまいます。

しつこくされればされるほど相手のことが嫌になってしまいます。

これは当たり前のことですし、よく耳にする言葉ですね。

 

しかし、恋愛となるとこれがなかなか上手くいかない・・・

自分の感情に流されて分かっててもコントロールできないんですね。

ですが男性は追われれば追われるほど逃げたくなります。

でもこれは男性に限らず女性であっても当然当てはまりますね。

 

傷付きやすいのが男性心理

 

反対に相手を追い掛けたいというのが男性心理です。

これは男性には狩りなどをする本能が備わっているからです。

逃げれば逃げるほど追い掛けて自分のものにしたくなる。

この心理状態を踏まえてメールでは駆け引きをするのです。

 

なので最初から男性に対して興味がない態度を取ってしまっては、

男性があなたのことを意識することはほぼないでしょう。

なぜなら、男性は自分のプライドに傷が付くのが嫌なのです。

それ故によく女性よりも傷付きやすい性格と言われています。

なのでまず男性に自分自身の存在をしっかりと認識させることです。

しっかりと認識させるとは別の言い方をすると、

 

彼にとってあなたの存在が何となく気になる存在になることです。

 

そこはミステリアスな雰囲気の女性でも良いですし、

ノリが良くて明るくて楽しい雰囲気でも良いのです。

ですがあまりにミステリアス過ぎてで近寄りがたいと要注意です。

アドレスを交換する以前の問題になってしまうので気をつけましょう。

その理由は先程お伝えしたように男性は傷付きやすい性格だからです。

 

メールでの駆け引きは距離感が重要

 

気になる男性と連絡先を交換すれば嬉しくなりますね。

しかし、ガンガン連絡することだけは気を付ける必要があります。

これは最初の段階は女性はほとんど自分からは送りませんが、

ある程度の慣れた関係になってくると非常に注意するべき点です。

 

感情に流されずに冷静になって微妙な距離感を作ってみましょう。

 

無邪気で明るいけれどすぐに自分のものにはならない。

遊びに誘われたら全部OKして大喜びで出掛けるのではなく、

何回かに一度は他に予定がある素振りで断ります。

一緒に出かけたときは嬉しくてベタベタし過ぎることなく、

近寄っておきながらスッとすり抜けるような感じを。

こうしたリアルでの駆け引きをメールでも実践するわけです。

 

いつも絵文字たっぷりな嬉しそうな返信をしていないでしょうか?

 

何となく他にあなたのことを気にしている男性がいる、

このように別に男性の陰をチラつかせるような感覚です。

でもやっぱり一番楽しそうに親しげに接してみたりします。

 

そうすることで他に男性がいるけど特別なのは自分だけ・・・

 

それなら何が何でも自分のものにしたい!

自分が一番近いかもしれない、他に盗られる前に奪わなければ!

あなたが気になっている男性にはこうした心理にさせるのです。

男性心理とは人間の本能を活用して駆け引きをするのです。

 

更にちょっとしたテクニックを盛り込む

 

どことなく素っ気ない、そして届きそうで届かない・・・

けど何故か自分にだけは特別嬉しそうな雰囲気を出している。

この心理が何としても他の男性よりも早く自分の彼女にしたい!

と思わせる男性心理を活用したメールでの駆け引きなのです。

 

ですが男性心理といっても細かな部分は人それぞれ。

追い掛けたくなる本能もスイッチが入る場所はそれぞれ違います。

今度は個人的にどのようなタイプの人なのかを客観的に見てみましょう。

 

こんな風に接すれば男性は喜ぶというポイントを知っておくことで、

その後は少し素っ気ないような感じの文面にしてみます。

実際のメールの文面は絵文字だらけでは送らないようにします。

普段はたまに絵文字があるとか顔文字がある程度に留めておきます。

ときには味気ないほど絵文字が少ない感じで送ってみても良いでしょう。

何だか機嫌が悪そうなよそよそしく思えるメールもたまに送ってみます。

それはまるで仕事の事務連絡かと思えるような殺風景なメールですが、

ですがここからが非常に重要なポイントとなります。

 

それは、その最後に1つだけとびっきり可愛い絵文字を入れます。

 

もしくは最後の1行だけが女の子らしい可愛らしく優しい文章などです。

男性が読んだときを想像してみて最後に思わずドキッとしたり、

ついついニヤけてしまうようなものを最後に送るのです。

ただし注意するべきことはあまりにもつかみどころがない最後だと、

男性は理解できなくて嫌になってしまう可能性が大きいです。

そしてこの方法はやり過ぎには要注意です。

 

ニュアンスとしては気になる女性と近づけそう・・・

だけど近づいたと思ったら離れてしまったという感覚です。

そして最後のところで男性が喜ぶことをガツンと入れるのです。

こころのところは男性のことを褒める内容でも良いでしょう。

外見はもちろん男性は頼もしい存在であると賞賛されると喜びます。

確かに外見を褒められて喜ぶ男性は多いですが能力の方が嬉しいのです。

 

仕事ができる、運動神経が良い、困ったときに頼りになるなどです。

特に職場関係で知り合った場合は能力を褒めることは有効です。

いかに彼が有能であるかをしっかりと褒めてあげましょう。

しっかりと褒めるのですがあまりに強調し過ぎないことも注意です。

ここで言う「しっかり」とは曖昧で理解し辛くしないということです。

 

そして仕事以外のプライベートではどうするかと言うと、

運動神経の良さなど得意なことを褒める内容のメールがベストです。

もしも一緒に出掛けたときに何か相談に乗ってもらったときなどは、

相手がいかに頼もしい存在だったかを伝えるのも良いでしょう。

自分は人から頼りにされるという男性のプライドを尊重してあげましょう。

そして疲れていそうなときは優しい文章を送るという方法もあります。

この女性は自分の良さを一番に分かってくれるし、

疲れたときは受け止めてくれるそんな風に思ってもらえるように。

 

まとめ

 

今回は、どんな駆け引きをするのかをご紹介しましたが、

男性も女性も長文が送られてくると引いてしまうことがあります。

簡潔に書くようにして長文にならないように気を付けましょう。

返信をもらうには疑問文にするというのはよくある話です。

だからといって質問攻めにならないようにしてください。

それは尋問されてるようで精神的に非常に疲れてしまいます。

駆け引きを楽しみつついつの間にか気になる相手とカップルに。

そんな展開になったら嬉しいですね。