ダイエット目的の運動で効果的な方法を求める前に

 

ダイエットほ基本はまず運動が中心であることです。

その上で食事制限や入浴法などのサブメニューがあります。

サブメニューを組むことでダイエットが効果的になるからです。

では運動のことについてもう少し具体的に触れてみましょう。

 

ダイエットで効果を上げるための運動とは?

 

ダイエットとは元々辛いイメージがあるかもしれません。

なぜそのようなイメージができてしまうかと言うと、

 

  • 我慢をしなければいけない
  • 続けなければいけない
  • 面倒臭く感じてしまう
  • 時間がなくてできない

 

このようなイメージもあり、

そしてそれでも乗り越えて続けなければいけません。

スポーツ上達の方程式とは何だと思いますか?

 

それは反復すること。

 

たったこれだけなのだそうです。

最も基本であり、原理原則の部分を言っている言葉です。

ですが成功の秘訣は何かと問われると色々と考えられると思いますが、

 

それは継続すること。

 

たったこれだけなのです。

最も基本であり、原理原則の部分を言うとそうなります。

ダイエットで成功するのも全く同じことが言えるのです。

ではただ継続すれば良いのかとというとそうではなく、

 

  • 無酸素運動:筋トレなどの負荷の大きい瞬発系の運動
  • 有酸素運動:ウォーキングやジョギングなどの負荷の小さい持続系の運動

 

以上の2つがあり、有酸素運動を毎日30分以上行うのが効果的です。

なぜなら脂肪の燃焼が15~20分あたりで始まるからです。

有酸素運動は最も消費カロリーが高い方法でもあります。

脂肪を燃焼させることで美しくスリムな体を手に入れることができます。

 

しかし、それだけでなく無酸素運動を無視してはいけません。

無酸素運動は毎日ではなく3日おきくらいが丁度良いのです。

それは負荷の大きい運動は筋繊維が破壊されて回復に時間が掛かるからです。

それを「超回復」と呼ばれており、エネルギーの燃焼効率が上がります。

エネルギーの燃焼効率が上がるということは、

 

脂肪の燃焼率が格段に上がるとという意味です。

 

なので有酸素運動と無酸素運動の両方を行うことが効果的なのです。

また筋肉を鍛えることはハリのあるボディを創り上げることができます。

男性が女性に性的に魅力を感じるのはハリのあるボディだからです。

引き締まったスリムで健康的な体は丈夫な子供を産めそうだと感じます。

男性はそれを本能で嗅ぎ分けて女性に魅力を感じるのです。

 

このように消費カロリーの高い有酸素運動と、

エネルギー消費効率を上げる無酸素運動を軸にして、

やる気などのモチベーション維持のために栄養バランスの整った食事制限。

体の回復を目的とした入浴法やストレッチなどを取り入れることで、

結果として美しく痩せることができ、そしてその方が効果的なのです。