太る原因とカロリーを消費するための運動の罠

 

あの人はあんなにも頑張っているのになぜ痩せないのだろう?

毎日、有酸素運動をたくさんやってるのに痩せられない・・・

あなたもこのように思ったことはありませんか?

ダイエットは太る原因から目を背けては成功できません。

 

太る原因は食べ過ぎ

 

毎日ウォーキングやランニングを頑張っている人。

ヒットネスクラブに通ってプールやエアロビクスに励む人。

こんなにも運動をしているのに一向に痩せることができず、

スタイルなんて最初の頃から全く変わっていない。

こうしたダイエットが上手くいかない人はいます。

 

またDVDのダンスエクササイズを行ったり、

ランニングやウォーキングの方法をしっかりと学んで、

1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と継続して頑張って痩せられた!

という人でも、しばらくすると元の体型に戻ってしまった・・・

このようにリバウンドで悩みを抱えてしまう人も多いと思います。

 

ダイエット成功には摂取カロリーを消費カロリーが上回ることが大切です。

これは痩せるための基本であり、あなたも十分ご承知のことだと思います。

なので運動しても痩せない人は食べている量が運動量を超えないのです。

 

「なぜこんなに頑張っているのに痩せないの!」

 

と思ってずっと悩み続ける人には、

この食べた分をしっかりと運動で消費しきれていないからです。

このことからはっきり言えることがあります。

 

太る原因とは、まさに単純で食べ過ぎなのです。

 

だけど実は薄々は分かっているんだけど、

ここで消費カロリーで稼いで帳尻を合わせようとしてしまいます。

こうした意識で運動してしまうと失敗を招いてしまいます。

ダイエットで運動をするならば考え方が根本的に違うのです。

太る原因は食べ過ぎですが、この状態に目を背ける人は多いです。

 

たとえば今食べている物のカロリーがどのくらいか分かるでしょうか?

どの栄養素がどのくらいあるかを理解して食べる人は非常に少ないです。

つまり自分の食べている物が何かを知らずに食べているということです。

なので多くの人は食べ過ぎに目を背けていると言えるのです。

 

それでも摂取カロリーや栄養を意識してると言う人はいるかもしれません。

では、テレビや雑誌で健康だと言われて鵜呑みにして食べてませんか?

食事の事をあまり意識せずに、ただ運動すれば痩せると思ってませんか?

残念ながらエネルギーの代謝の仕組みはそんな簡単なものではなく、

たとえば300キロカロリーを摂取した分を300キロカロリーの運動で、

帳消しにすることができるかと思ったらそんな単純なことではありません。

 

なのでカロリーをあまりあてにし過ぎると、

かえってダイエットが上手くいかないことにもなってしまうのです。

太る原因は食べ過ぎであって食生活の改善は必要なことになっていきます。

実際に運動をすればその分だけ食べる量が増えてしまうことにもなります。

なので運動も大切ですが食生活に目を背けてはいけないのです。