グリーンスムージーで効率的に痩せるダイエットの方法

 

グリースムージーのダイエットは誰もが知っていることだと思います。

方法はシンプルに言ってしまえば食事を置き換えるだけのことです。

やり方次第で2~3ヶ月程度で10キロ痩せることもできるそうです。

 

ですがそれは稀な話であることが多いので、

長期目線でしっかりと習慣にしていくことが大切です。

それはグリーンスムージーダイエットでも同じことなのです。

 

グリーンスムージーダイエットの方法

 

よく一般的に言われているのは、

朝の一番吸収しやすい時間にグリーンスムージーを飲むという方法です。

そしてなるべく時間を掛けてゆっくり飲むことがポイントとなります。

なぜなら胃が空っぽなので栄養を吸収させやすいからです。

そして効果的に吸収させるために他のものを食べないことです。

 

しかし、夜に行う方法も決してあなどれないのです。

夜に食事をすると臓器の活動は眠りに合わせて活動がゆっくりになります。

そうなると胃の吸収もゆっくりとなるのであまり食べると負担になるのです。

そこで夜にグリーンスムージーを置き換えることで胃の負担を軽くしてあげます。

普通は消化に2~4時間掛かりますがグリーンスムージーだと1時間で済みます。

夜に食事をするとどのような悪影響があるのかと言うと、

 

  • 興奮状態で質よい睡眠が取れなくなってしまう
  • 胃の中の食べ物が腐敗して腸内環境が悪くなる
  • 消化前に眠ることで栄養分が細胞まで到達しない

 

このような理由から眠る4時間前には食事を済ませておく必要があるのです。

しかしグリーンスムージーならたった1時間で消化が終わってしまいます。

そこでゴールデンタイムと言われる22~2時の時間に睡眠を取ることで、

ダイエットだけでなく美しい肌をも手に入れるベース作りができるのです。

 

眠る4時間前までに食事を済ませるなんて無理があります。

また朝の方が忙しいことが多いので手軽と言えど手間は掛かります。

それはグリーンスムージーがしっかりとトロトロになるまで5分は掛かるからです。

ならば時間のある夜の食事を置き換えた方が無理なく継続できるのではないでしょうか。

確かにシェイクするだけの手軽さですが、出来上がるまで待たなければいけないし、

何よりもしっかりと吸収させるためにゆっくりと飲まなければいけないのです。

忙しい朝ではそれを毎日の習慣にするには難しいのではないでしょうか。

夜の方が習慣化しやすくて脂肪の蓄えが抑えられるのでダイエットに効果的です。