情報発信ビジネス コンサル

 

私は2018年9月にとあるコンサル詐欺師から、

200万という相当な金額を騙し取られました。

 

後で確認すると本来は3ヶ月30万でした。

完全に黒であり、一生忘れることはできません。

今でも思い返すと悔しくて仕方がありません。

 

詐欺被害に遭ったきっかけは、

ある外注化のアフィリエイト教材を購入しました。

「外注化 アフィリエイト」と検索を掛ければ、

検索結果の1ページ目にレビュー記事が出ます。

 

みな似たような構成のブログばかりで、

意図的な何を感じさせるような一覧です。

 

今回は情報発信ビジネスに興味を持ち、

その為にコンサルを受けるか考えてるあなたへ、

その前に必ず読んでほしいことをお伝えします。

 

騙された後では返金の可能性は非常に低いです。

取り返すことができずに私も泣き寝入りしました。

だからこそ必ず読んで頂きたいと思います。

 

情報発信ビジネスは読者に誤認識させるのが得意だ!

 

ネットビジネスにはメルマガを組み合わせ、

リストマーケティングを行う手法があります。

 

ブログやYoutube、またはTwitterや広告を使い、

それらを集客の為の媒体として使っていきます。

YoutubeやTwitter、その他のSNSに関しては、

一旦ブログに読者を誘導させるのが基本です。

つまりブログが集客媒体の軸となるのです。

 

ブログに読者登録用のランディングページを用意し、

ページ内で無料プレゼントを用意して登録させます。

この無料プレゼントのことを情報発信ビジネスでは、

「エサで釣る」というのが業界でよく言われています。

つまり、読者はエサに食いつく魚という認識です。

 

そこからメルマガ内で価値観教育を施します。

如何に自分の商品を買わせるよう仕向けるか、

それが彼等にとってのメルマガの役割なのです。

 

その為には言葉を上手く使う必要があります。

大学生を中心とした若年層が情報ビジネスをすると、

大概は言葉を巧みに使って読者を欺こうとします。

例えば私が被害を受けたコンサル詐欺のSさんの場合、

 

【重要】特典の受け取り方について

① 「脱獄」購入後に届いたメールをコピーして、 下記メールアドレスまで転送してください。
※購入者の氏名が入っているメールです。

spnneamd○gmail.com
(○→@に変えて送って下さい)

② 僕から購入したかを確認次第、特典を送ります!

※僕から購入していない場合は、この特典をお送りすることはできません。
不正が判明した場合には、厳格な対応を取らせて頂きます。予めご了承ください。

 

これを見る限りでは教材を購入したら、

Sさん宛てにメールを送れば特典が貰えることになります。

しかし、実際はメールを送って返ってきた返事の内容は、

今度はLINE@に登録したら特典を渡すときたのです。

 

私はこの時点で頭にきてました。

なぜなら最初の説明ではメールに購入IDを載せて贈れば、

それで特典が貰えるという流れのはずだからです。

 

しかし、ではなぜこのような手の込んだ真似をするのか?

ということですが、更に登録する必要がると先に書けば、

それだけ読者の心理的なハードルが上がってしまうからです。

なので自分の不都合なことは包み隠してしまうのです。

 

そしてLINE@に登録させることができれば、

相手と直接通話をすることが可能になってきます。

直接話せる方が消費者を騙す確率が格段に上がるので、

彼等の大半はこの手口を使います。

 

ほんの一例ですが大学生の情報発信ビジネス系の人間は、

ほぼ全員が言葉を巧みに使って読者を欺こうとします。

つまり、騙すという行為が前提でやっているのです。

 

そもそも彼等にはビジネスをする理由が金銭目的しかなく、

ビジネスを通して使命や理念というものは全くありません。

そうなるとテクニック重視で売らんかなに走ってしまうので、

詐欺も同然の罪を平気で犯してしまうのです。

 

もっと達が悪いのは罪の意識が全くないケースです。

私が騙したコンサル詐欺師のSさんがそうでした。

本来は3ヶ月30万のコンサルとして提供しており、

それを知らなかった私には200万で売り付けました。

 

それでも200万に見合うだけの内容なら理解できますが、

全く使い物にならないネット上で拾える情報ばかりで、

しかもコンサルと言いながら本人はコンサルを全くせず、

後輩にあたる人間を使って記事の添削をしてきました。

スポンサーリンク



 

 

ただそれでも成長できるのならいいのですが、

まるでカルト宗教が洗脳教育を施すかのように、

私に2人掛かりで精神的な圧力を掛けてきました。

 

一度、私はショックのあまり何もできなくなりましたが、

Sさんは方針を変えるつもりはないと言い切りました。

 

彼の本当の目論見は人にものを教えるというのではなく、

自分の都合の良い人間を洗脳教育で施す為だと悟った私は、

僅か22日でコンサルのキャンセルを申し出ましたが、

支払った200万は返ってくることはありませんでした。

 

 

良い事ばかりの情報発信をしている人間は危険!

 

ネットで情報発信ビジネスをしている人間達は、

自分の商品を売りたいばかりに良い事ばかりを書きます。

反対にライバルとなる存在は徹底して否定してきます。

 

「FXはギャンブルだから稼げません!」

「せどりは仕入れや在庫を抱えて大変なんです!」

「アドセンスは非効率過ぎて時間の無駄です!」

 

ブログ、Youtube、セールスページやランディングページ、

それぞれに必ずライバルを否定する内容を書いてます。

 

これはマーケティングのテクニックのひとつで、

強豪となるライバルを徹底して否定することにより、

相対的に自分の価値を上げる心理トリックです。

 

自分の商品は素晴らしいなんて自ら書いてしまえば、

本人が書いているのでいやらしく感じるのです。

けどそれをライバルとなる存在を否定することで、

いやらしさを消しつつ価値を高めることができるのです。

他にはこんなパターンもあります。

 

内容としては基本的に何を聞いてもらっても構いません。
わからないこと不安なこと何でも言っていただけたらなと思います。

悩み事を解消してスタートが上手くいってしまえば
あとはスムーズに事は運んでいきますからね。

ちなみに僕はサイトや文章を数秒見ただけで問題点がわかるし解決策もすぐ出せます。

こんなことができるようになったのは思考力のおかげです。

 

分からないことや不安や悩みを解消すると、

その方がスムーズに事が運ぶななどと書いてあります。

このような聞こえの良い言葉を並べてはいますが、

結局は自分の商品を売りたいのが目的であり、

 

消費者の思いを組むかのような仮面を被っているだけです。

 

これは会社の社内相談窓口の謳い文句と同じです。

パワハラなどの精神的苦痛を一人で抱えず相談してほしい・・・

そんな社員の気持ちに寄り添うかのような言い回しをしますが、

本来は社内の悪い情報が漏えいしないよう未然に防ぐ防衛線で、

本来の意図は隠して社員を誤解させるのと全く同じです。

 

これは私自身も上司からのパワハラに悩み、

社内の相談窓口に相談した時に不適切な対応を取られ、

後で調べた結果、この真実に気付きました。

 

更にこの文章では数秒見れば問題点が分かると書いてますが、

なんの根拠でそんなことを書いてるのか意味が分かりません。

そもそも思考力と言われても初心者には分かりません。

 

このように曖昧な言葉を使うことで、

自分が如何にも権威があるかのように見せ掛けているのです。

実際は張り子の虎のようなものでさほど実力はありません。

 

 

どんなに素晴らしい人でも相性が悪ければ身にならない

 

ネットビジネスの世界は詐欺が横行しています。

最近は努力する詐欺師もいるので見分けがし辛く、

特にコンサルは受けない方が無難なのは言うまでもありません。

 

しかしその中でもほんの一握りですが、

良心的なコンサルを提供している人達がいるのも事実です。

 

良心的なコンサルをする人は自分の理念、使命、役割など、

自らの内面をしっかりと見つめて自分の理解を深めています。

私もそんな素晴らしい人から投資を学んだのですが、

はっきり言って巡り合えたのは奇跡としか思えません。

 

しかし良心的なコンサルを提供している人でも、

相性が悪ければ結局思った通りの結果は出し難いです。

 

何を言っているのか理解できない人だったら、

またはその人のやっている方針に納得できないなら、

どんなに素晴らしくても実らないのです。

 

それならば1、2万の教材を1つ買い、

まずは自分一人の力でやれることはやってみることです。

それによって自然と知識も身に付いてきますので、

その方がより相性の良い人を見分けることができます。

 

どちらにしても僅かでも不安を感じるようなら、

コンサルを受けるなんて高額な支払いになるので、

迷ったら行動しないと考えることが絶対に必要です。

 

大切なお金を失った後では取り返しがつきません。

私もコンサル詐欺にまんまと騙されて泣き寝入りしました。

今日お伝えしたことは肝に銘じておいて下さい。

絶対に大切なものを失わないようにしましょう。