コンテンツビジネス 将来

 

ネットビジネスの中には、

コンテンツビジネスと言われる自分の商品を作り、

マーケティングを行っていく手法があります。

 

そしてネット上でよく言われることですが、

コンテンツビジネスは安定して稼ぎ続けられる・・・

というのを情報発信者達がこぞって言っています。

果たして将来性のあるビジネスなのでしょうか。

 

実はせいぜい2、3年の寿命しかないのです。

 

これはコンテンツビジネスで約3億稼いでいる人間が、

自身の発信しているYoutube動画で語っていました。

 

実際に多くの情報発信者達のブログが、

2、3年経つと閑古鳥が鳴くように静まりかえり、

まるでブログの屍のように更新がストップしています。

 

今回はコンテンツビジネスの将来性について、

情報発信者が売る為に発信するセールス記事ではなく、

本来は寿命が短く安定しない事実をお伝えします。

 

多くのマーケッターが僅か2、3年で姿を消している

 

ネット上で行うコンテンツビジネスというのは、

ブログとメルマガを使ってマーケティングを行います。

 

そもそもコンテンツビジネスとは何かと言うと、

文字、映像、音楽などの無形の素材を使って商品化し、

自分のオリジナルの著作物を提供していくことです。

 

ネットで売られているアフィリエイトや投資系の教材は、

主に自分の知識や経験を元に作られているものであり、

自分の知識や経験を売ることで利益を得ているのです。

 

これがコンテンツビジネスというものですが、

しかし、コンテンツビジネスは非常に難易度が高い上に、

 

実は一般的に寿命が2、3年程度と短いのです。

 

単月で100万以上稼ぎ出すことは可能です。

しかし、100万以上安定して稼ぎ続けるかと言えば、

そこは別次元の話で後者の方が圧倒的に少ないです。

維持し続けることは簡単なことではありません。

 

大学生が学生気分のまま熱弁するようにブログを書き、

たまたま100万達成して一喜一憂する姿を見掛けますが、

数ヶ月先には浮かない表情で生活をしているのが実際です。

彼等はテクニック重視で本質をほとんど理解してないので、

多くの犠牲者を出して人に恨まれるビジネスをしています。

 

 

コンテンツビジネスの成功者こそほんの一握り

 

アフィリエイトや投資系の教材と言えば、

インフォトップと呼ばれるサービスプロバイダが有名です。

インフォトップ(infotop)

 

これは、インターネット上の広告代理店のようなもので、

販売者とアフィリエイターを繋ぐ役割をするところです。

販売者とは自分のコンテンツを作って提供する人です。

アフィリエイターとはそのコンテンツを紹介する人です。

 

このインフォトップですがランキングというものがあり、

ざっと見るだけでもいろんな情報教材があります。

ランキング入りしているものは大概はロングセラーが多く、

そしてあまりランキングが前後することはありません。

 

初心者がコンテンツビジネスをやるということは、

このような大きなライバルと戦うという意味なのです。

 

たとえあなたがインフォトップに登録しなくても、

ネットの世界とは狭いもので有名な教材は注目を集め、

どんなに自分のブログやメルマガだけで販売しても、

必ず消費者は有名教材を比較対象にしてきます。

 

そうなるとどこの誰か分からない人間が作ったコンテンツに、

一体誰がお金を出す人がいるのか?という話になります。

あなたも無名のものより有名な人が作ったコンテンツの方が、

安心してお金を出せるとは感じないでしょうか。

 

そしてコンテンツビジネスでは業界で有名にならなければ、

安定して稼ぎ続けることはほぼ不可能なのです。

 

私はたとえネット上であっても有名にはなりたくはないです。

ネットは匿名性が高いだけに叩かれることが目に見えてます。

スポンサーリンク



 

2chや爆サイなどの掲示板の他に個人ブログを立ち上げられ、

ありとあらゆる角度から誹謗中傷を受けやすいのがネットです。

 

それなら匿名性の強いアクセスを集めるだけの手法の方が、

安定して稼ぐだけじゃなく精神衛生上の面においても、

実は優れているのですがその真実は包み隠されています。

 

なぜなら情報発信者達が歪曲した情報をネット上にばらまき、

あの手この手を使って消費者に買わそうとしているからです。

 

そんなほんの一握りしか成功できない世界に、

わざわざ首を突っ込んでいく必要はありません。

 

 

どんなビジネスも地道に積み重ねること以外は安定しない

 

よくネット上では、

コンテンツビジネスが一番稼げて安定する!

というのを書いてるブログを見掛けます。

 

しかし、どこから人を集めているのかを考えると、

結局のところ、同じである事実が浮き彫りになります。

 

というのも集客の元はブログだからです。

やはりブログを育てることがどの集客媒体よりも安定し、

ブログである以上は、どのアフィリエイト手法であろうと、

条件は全く同じになるのは言うまでもありません。

 

ブログ以外の集客方法としては、

Youtube、ツイッター、フェイスブック、リスティング広告、

確かに複数の集客媒体を持つことができはしますが、

結局はブログが安定しており、極めてローコストなのです。

 

ですがネットの世界は非常に動きが早いです。

1年前の常識が大きく変わってしまうこともあります。

ただ一貫して言えることは地道にコツコツ積み上げ、

記事を淡々と描き続けたブログは非常に強いです。

 

私も複数のブログを運営していますが、

収益こそ上下することはあっても常に安定して生活ができ、

そして運例歴も4年や5年のレベルになっています。

 

扱っているテーマも流行り廃りに一切関係ないので、

今後5年後や10年後も生き続けることはできます。

私のやってきたことはコツコツとヒットを打つように、

1つ1つの記事が少しずつアクセスを集める手法です。

 

ビジネスを行う上で最も大切なのはホームランは狙わないこと

 

それはコンテンツビジネスであっても、

長く安定して運営していくことは可能ではありまうが、

それはいきなり大きく稼ごうとするような真似をすると、

必ず歪みが生じて途中で失速してしまうのです。

いきなり特大ホームランを狙った行動はせず、

 

コツコツとヒットを打っていくことです。

 

つまり少しずつ小さく拡げていくのです。

最初はなかなか芽が出なくて苦労を感じるかもしれません。

しかし、物事なんでもそうですが簡単ではないのです。

何も誰も出来ないことをやれ!というのではありません。

 

誰もができることを”誰もがやらないほ”どやればいいのです。

 

それだけで頭一つ抜きん出て結果が自然とついてきます。

そうした視点で見れば手法など実は関係がないのです。

しかし、初心者がコンテンツビジネスのような、

複雑なものに手を付けてしまうと挫折するのです。

 

それに最初にもお伝えしましたが、

コンテンツビジネスというものの将来性は希薄です。

自分のキャラクター性を出してブランディングをする必要もあり、

信頼関係を構築してそれを維持することは並大抵の努力では、

到底不可能であり、それこそ膨大な時間と費用が掛かります。

 

ブログのアクセスは記事を書けば、

3ヶ月後から少しずつ増え始めていきます。

 

しかし、人の信用と言うのは半年や1年では足りません。

最初に読者に認知されてそこから何者かを観察されていきます。

観察している段階はまだ興味関心を示しているに過ぎず、

あなたの提供する標品の購入なんてまだ遠いレベルなのです。

 

それにも関わらず一般的に2、3年が寿命と言われているのです。

苦労して手にしてきた信頼関係も僅か数年で終わってしまえば、

何の為にここまで努力してきたのか分からなくなります。

 

コンテンツビジネスに最初から手を出すことはやめて、

アクセスを集めて稼ぐだけのシンプルな手法から始めるべきであり、

その後にスキルアップとしてやっていくことが重要です。