ネットビジネス コンサル 料金

 

私はコンサル料が200万だと言われ、

さすがにすぐに答えを出せませんでした。

 

「ちょっと考えさせて下さい。」

 

とSさんに伝えたのです。

前回の記事を読んでいない方は以下で読めます。

ネットビジネスのコンサルティングを受けて200万騙し取られた

 

私はSさんの思惑など全く気付くことなく、

コンサルを受けることで人生が変わるかもしれないと、

自分の中で期待を膨らませていました。

 

こんなチャンスは二度と来ないと思ったからです。

その時に私の頭の中にある言葉が浮かんできたんです。

それはチャンスの女神は後ろ髪がない・・・

という言葉でした。

 

チャンスというのは急に目の前に現れて、

どうしようか迷ってるうちに去ってしまうことから、

チャンスを女神に喩えてその意味を伝えてます。

だけど今回は掴むべきものを誤ってました。

 

一人で考えずにいろんな人に相談はしていた

 

だけどこの6日間の間、

ただ自分一人で考え込んでいたわけじゃありません。

 

私は前の年の2017年11月から、

1年間の契約でコーチングを受けてました。

 

コーチングとはカウンセラーやコンサルのように、

1対1のセッションを行っていく仕事のことです。

 

クライアントの目的達成をサポートするために、

コーチング独特の質問スキルを使って質問をしていき、

潜在的な価値観や信念を引き出していきます。

そうすることで目的達成率が上がるのです。

 

私は自分が雇っているコーチにも相談しました。

またコーチから有名な占い師を紹介してもらい、

後日、予約を取って新幹線で神戸まで行きました。

 

コーチからは応援してもらえたし、

占い師からは良い返事がもらえたし、

私の中で断る理由がなくなっていきました。

 

けどここで私は大きなミスをしてました。

それは外側の情報を軸にし過ぎていたことです。

 

いくら自分が信頼しているコーチだろうが、

いくら世間的に有名と言われている占い師だろうが、

いくら業界で実績を持っている一流の人間だろうが、

いくら周囲がやるべきだと背中を押してくれようが、

全ては外側の情報に過ぎないのです。

 

自分にとっての本当の答えは外側ではなく、

自分自身の内側にのみ存在するのです。

そのことを完全に忘れていました。

 

 

そして悪夢の30日の夜が訪れた

 

遂に9月30日のXデーがやってきました。

私はその日、予定があって夜遅めに帰りました。

約束の時間は21時にしていました。

 

けど時計は20時を回ったばかりで、

幾ばくかの時間の余裕がありました。

なので時間まで少し仮眠を取ろうと思い、

ベッドで少し横になってました。

そして時間までゆっくり過ごしてました。

 

それからしばらく経ち、少し重いまぶたを開け、

まくらの隣に置いておいたスマホを手に取りました。

 

画面に表示されている時間を見た時に、

なんと23時9分になっていたのです。

約束の時間の2時間9分もオーバーしています。

 

「やばい!寝過ごした!!」

 

私は焦って飛び起きました。

そして頭が混乱する中でリビングまで行き、

改めてスマホの画面を見るとSさんから、

 

「通話できますか?」

スポンサーリンク



 

 

と、21時1分にLINEにメッセージが入ってました。

私は焦った気持ちのままメッセージを送りました。

何とか繋がってSさんとの通話が始まりました。

 

私の気持ちはもう既に固まってました。

なのでSさんにそのことを伝えました。

これで私は騙されていることに全く気付かず、

人生を変える覚悟に強い意志を感じてました。

 

けど実は占い師に言われてたことがありました。

それは23時以降に大切な決断はしないことでした。

私が契約した時間は23時を回ってました。

 

それがなんの因果関係があるかは分かりませんが、

今となってそれがまさに当てはまってしまいました。

 

それよりもなぜ寝過ごしてしまったかです。

それは潜在意識からメッセージだったんじゃないか?

 

自分の潜在的な部分は答えを既に知っていたから、

それを止めるために寝過ごすようにしたのではないか?

私は自分の身体のメッセージに無頓着だったのです。

 

自分の人生のあらゆる答えは既に自分が知っています。

その答えは潜在意識の領域にあるもので、

潜在意識は身体の感覚を通して伝える特徴があります。

 

例えば嫌な予感がするとか、虫の知らせとか、

理屈では分からないけど予感のようなものです。

こういうのを直感とか予感だとか言います。

この時、私は自分のメッセージに気付くべきでした。

 

なぜ占い師が23時以降になったら、

大切な決断をしてはいけないと言っていたのか。

なぜ寝過ごして23時に目が覚めたのか。

 

それこそが真の意味での真実だったのです。

私は私の中から出ていたサインに気付けませんでした。

 

 

人の覚悟の裏でコンサル詐欺師はほくそ笑んでいた

 

通話が終わり日が明けました。

私は新しい覚悟と共に新しい朝を迎えました。

 

朝ご飯を済ませて少しのんびりして、

昼頃に銀行に向かいました。

コンサル料の200万を支払うためです。

 

ATMではあまりに金額が大きいので、

窓口で支払いを済ませました。

 

2018年10月1日の昼頃でした。

振り込みを終えて車の中でSさんにLINEを送りました。

まだ処理が終わってなかったのかまだのようでした。

 

それにしても確認が以上に早かったです。

その早さにも少し違和感がありましたが、

私は特に気にすることもありませんでした。

 

まだ処理が終わらないようで、

Sさんから振り込んだ証拠画像を送れと言われました。

なぜそんなことを言うのかも不思議には思いました。

その時の画像がこちらです。

 

ネットビジネス コンサル 料金

 

そして振り込みを確認したSさんから、

LINEで動画コンテンツが送られてきました。

 

この日よりコンサルティングがスタートしました。

ところが私はコンサルティングだと思ってたんですが、

全く想像もしていないやり方でスタートしたのです。

 

しかもこれがカルト宗教のような手口で、

狂信者にさせてしまう内容だったのです。

 

ネットビジネスという業界の知られざる世界、

裏の事実をこれから知ることなったのです。

 

今回はここまでです。

次回は偽りのコンサルティングを受ける話をします。

200万払ったのにコンサルとは言えない粗悪な内容だった