成長ホルモンの分泌を増やすための若返り3つの方法

 

シミ、しわ、たるみ・・・

年齢と共に悩みの原因となるのが老化ですね。

そこでアンチエイジングなどでよく語られている、

成長ホルモンの分泌を増やす方法についてご紹介します。

 

1、無酸素運動による筋トレ

 

筋トレによって筋肉に負荷をかけることで、

乳酸が発生して成長ホルモンが多量に分泌されます。

成長ホルモンの分泌には乳酸を発生することがカギとなります。

なので有酸素運動では乳酸があまり発生させることができないので、

無酸素運動の筋トレによって乳酸を発生させます。

 

乳酸は疲労物質と呼ばれていますが

乳酸そのものは体のエネルギーとして利用されています。

なので乳酸が溜まるから疲労していくのではなく、

乳酸を出すことで一時的にエネルギーとしているのです。

 

だけど乳酸を発生させるトレーニングは女性には負荷が髙過ぎます。

無理なく行えるように加圧トレーニングやスロートレーニングなど、

比較的に低い負荷でもしっかりと乳酸が発せられる方法が良いでしょう。

スポンサーリンク

加圧トレーニングとは、専用の加圧器具を使ったトレーニングのことで、

スロートレーニングとは、その名の通りゆっくりとトレーニングすることです。

 

2、質の高い睡眠

 

成長ホルモンとは睡眠中に分泌されます。

睡眠後30分あたりから1時間後のノンレム睡眠と呼ばれる、

体や脳が最も深い眠りに入った状態に多量に分泌されので、

深い眠りにつける環境づくりがカギとなってきます。

 

睡眠不足はホルモンバランスの乱れの原因ともなります。

眠る前に軽いストレッチを行ったり、部屋を眠りやすい明るさにしたり、

眠りにつく3時間前には食事を済ませる、甘い物などで血糖値を上げない、

夜になってからカフェインは摂らない、朝起きたらしっかり朝日を浴びるなど、

質の高い睡眠が得られるよう日常で工夫していきましょう。

 

3、空腹状態

 

実は空腹状態にすることで成長ホルモンを増やすことができます。

更には延命遺伝子や若返り遺伝子と呼ばれる「サーチェイン遺伝子」が働きます。

お腹が空くととにかく何かを食べたくなるのがわたし達人間の習性でもあります。

ここで3食しっかり食べて、それ以外は空腹でも我慢することも大切です。

空腹を感じているときは、体が肌の調子を良くしようと働きはじめます。

しっかりと食べると同時にお腹の空いた状態を作ってあげることがカギです。

 

いかがでしょうか、

成長ホルモンの分泌を増やす方法は難しいことはありません。

日々のできるところから若返りの行動を行っていきましょう。