20代でも目の下のしわはできてしまうこともある

 

まだ20代なのにしわができてしまった・・・

20代でも目元にしわができてしまうことがあります。

生活習慣なのかスキンケアなのか一体何が原因なのでしょう。

 

まだまだ肌が若いだけに少しの変化も気になりますね。

そして気になり始めるとそこからずっと気掛かりになってきます。

他人からどう思われてるのかも気になってしまいますね。

 

20代でできた目の下のしわはどうすればいい?

 

しわと言えば年齢を重ねることによってできていまいますが、

それは乾燥や血行不良などが主な原因であったりします。

20代では主に乾燥によってできてしまうことが大半です。

目元の皮膚は頬の1/10とも言われるくらい薄いです。

それだけにデリケートで乾燥するとすぐに影響が出てしまいます。

乾燥してカサカサの状態を改善するには保湿が重要となります。

 

だけどここで一度見直してほしいことがあります。

それは日々の生活の中で目元に負担になることをしていないかです。

スポンサーリンク

女性ならメイクをしますのでクレンジングでメイクを落としますね。

そこで刺激の強い洗顔料を使って目元に負担になるようなことをしていないか。

またしっかりと落とさないといけないという意識が強くなりすぎて、

気が付かないうちにゴシゴシと強くこすり過ぎてしまっていないか。

何よりもメイクをこすって落とすことは色素沈着の原因になります。

 

またこすると言えばメイクを落とすときだけとは限りません。

目元への摩擦を行うことは全般的にしわの元になります。

なのでつい目をこすってしまう習慣がある人は注意が必要です。

かゆいからと目元をこすってしまうとその刺激が影響されるのです。

 

またドライアイの人は特に注意をする必要があります。

なぜならまばたきの回数が極端に多くなってしまうからです。

まばたきの回数が多いということは乾燥や血行不良の原因とり、

真の周りに暗い雰囲気を作ってしまうくすみができてしまいます。

血行不良はパソコンやスマホを凝視することで悪くなる傾向もあります。

このような生活習慣がないかをチェックして改善していきましょう。

 

目の下のしわへの乾燥対策としてスキンケアによる保湿があります。

保湿はスキンケアによる方法が最も適していると言えます。

保湿が大切なのでしっかり浸透できる製品を選びましょう。

上記のような生活習慣がないかをチェックして改善しつつ、

スキンケアでしっかりと保湿することが20代のしわへの対策です。

いつまでも若く見える状態を保つようにしましょう。