目元の乾燥へはどのような対策が効果的なのか?

 

目元とほうれい線は老け顔に見られてしまうポイントです。

そして目元が老けて見える原因は主に乾燥が関係しています。

この乾燥への対策が重要となってきます。

 

まばたきするときに皮膚に違和感を感じることはありませんか?

乾燥が酷くなると目元の皮膚は薄くバリア機能が弱いので、

目元がつっぱるような感じがすることもあります。

 

目元への効果的な乾燥対策

 

乾燥対策にはしっかりと保湿をすることになりますが、

冬に向けての10~3月に掛けては注意が必要です。

なぜなら30歳を過ぎると皮脂量が減ってくるので、

年齢を重ねると共により乾燥しやすくなってしまうからです。

よく聞くちりめんジワなどが乾燥の原因とも言われます。

 

更にこのちりめんジワというのは女性特有と言われています。

乾燥を招いてしまう原因は年齢を重ねることによる皮脂量の減少だけでなく、

洗い過ぎることやこすり過ぎることでも乾燥しやすくなってしまいます。

これは間違ったケアの仕方をしてしまっていることで、

肌のバリア機能を逆に損なって悪循環になってなっているのです。

スポンサーリンク

 

目元の乾燥への効果的な対策はこのバリア機能を高めることです。

 

なので専用のスキンケアでしっかりと保湿することがカギとなります。

目元のしわが気になる!老けて見える目元を改善するには?にて、

しわやたるみに効果的なスキンケアをお得な価格で紹介していますので、

ぜひ若々しい顔を取り戻すために参考にしてみて下さい。

バリア機能を高めるには保湿をすることが何よりも欠かせません。

そこで年齢による乾燥対策を意識したスキンケアを使うことが重要です。

 

また皮膚が薄いのでスキンケアを使うときや洗顔のときなど、

あまり強くこすったりして刺激を与え過ぎないことが大切です。

このような間違ったケアをすることで目元への老化が進んでしまいます。

お手入れのし過ぎもまた刺激と摩擦によるトラブルを引き起こし兼ねません。

このようにしっかりと対策をとることを習慣にすることで、

40代、50代になるにつれて大きな差となって現れます。

 

目元がシワシワになってしまうだけで実年齢より10歳は老けて見られます。

そうなると毎日の生活もやる気が失って生きる活力も湧いてきません。

「自分はもう終わったから・・・」などと人生を諦めることすらなってしまいます。

だけど本当はいつまでも若々しくありたいのが女性の願いではないでしょうか。

人生を諦めるくらいなら年齢に抵抗して頑張るくらいが丁度良いのです。

自分を変えるとは川の流れに逆らって泳ぎ続けることと同じです。

年齢だからと気持ちまで流されてしまっては人生が勿体ないです。

希望を持って行動していきましょう。