成長ホルモンの働きによってどんな効果があるのか?

 

人間には100種類以上のホルモンがあると言われています。

その中の成長ホルモンはアンチエイジングに効果が期待されますが、

各組織の成長を促すことと代謝をコントロールする2つ働きを持っています。

 

子供の頃は主に骨を伸ばすこと、筋肉の発達に働きかけ、

大人になってからは物質をエネルギーに変える働きを行い、

主に代謝のコントロールする役割を担っています。

 

成長ホルモンによって得られる効果

 

いつまでも若々しくありたい!

そんな若く見える秘訣はホルモンにあります。

そして成長ホルモンには以下のような効果があります。

 

  • 身長を伸ばす
  • 骨や筋肉を作る
  • 代謝を上げる
  • アンチエイジング効果
  • 免疫力の向上
  • 育毛効果
  • バストアップ

 

「寝る子は育つ」なんて言葉が昔からありますが、

それは深い睡眠を得ることでノンレム状態になり、

スポンサーリンク

成長ホルモンが多量に分泌して骨が成長するからです。

筋肉量や代謝が上がるということはダイエット効果があります。

肥満が改善されて引き締まった体には成長ホルモンが関係しています。

 

そしてアンチエイジング効果にとても期待されていますが、

脂肪や体重が減って筋肉量が増えて皮膚の弾力性が良くなったり、

シワやたるみの減少の他に精力や気力などの精神面にも影響し、

骨密度や低血圧、心臓や肺の機能の向上で行動的になることで、

総合的な外見の若返りの効果が大いにあるからです。

成長ホルモンが最も分泌されるタイミングとしては、

 

  1. 睡眠に入ってから30~1時間後の深い睡眠(ノンレム状態)
  2. 筋トレなどの無酸素運動をして体の休息時の3時間以内
  3. 空腹のピークのとき

 

以上の3つとなります。

成長ホルモンは脂肪を分解するのですが、

成長ホルモンが出なくなることでコレステロールが増えます。

また脂肪が分解できないことで内臓脂肪が増えて肥満になります。

それから動脈硬化に心筋梗塞に糖尿病にもなりやすくなります。

骨が弱くなり、筋肉量が低下することで体が疲れやすくなってしまいます。

皮膚は薄くなって乾燥してカサカサになり肌荒れを起こしやすくなります。

皮膚の発汗量が減少して皮膚の潤いがなくなり体温の調節もできなくなります。

 

成長ホルモンが出なくなることで、

日用生活に大きく支障を来してしまうことになるのです。

なので上記の3つのことを意識して成長ホルモンが出やすい生活習慣を作りましょう。