透明感のある肌は下地で差が出てしまう

 

お肌に透明感を出すには下地が大事だと言われています。

ですが意外と下地づくりを疎かにしている人も多いです。

やはりベースメイクと言われるように大切になってくるのです。

 

肌がくすんで顔色が悪いと言われたことはありませんか?

メイクをしてもいまいち乗り具合が悪いと感じたことはありませんか?

そこを解消するためには下地づくりが重要な役割を果たします。

 

透明感のある肌になるための下地の役割とは?

 

まず下地とファンデーションは別であることはご存知でしょうか。

下地は毛穴やキメを整えて肌を綺麗に見せる効果があります。

なのでメイクの乗り具合に違いが出てくるのです。

 

また下地はコントロールカラーとも言われており、

自分の肌やなりたい印象に合わせて色を選ぶことができます。

特にラベンダー下地は透明感のある肌やツヤ感を出しやすいです。

ではコントロールカラーにはどんなものがあるかと言うと、

 

  • ピンク

血色の悪い人にはピンクの下地で健康的に見せれます。

 

  • ブルー

ブルーの下地も透明感アップには最適です。

 

  • イエロー

色むらやくすみが気になる人向けの日本人に馴染む色。

 

  • ラベンダー

血色の良い透明感のある肌に見せることができます。

 

  • レッド

寝不足や二日酔いで血色が悪くなっているときに最適です。

 

  • グリーン

赤ら顔を落ち着かせたい人にはグリーのコントロールカラーが良いです。

 

案外、ブルーは顔色を悪くさせるのではないかと、

不安に感じる人もいるようですがそんなことはありません。

ブルーはくすんでいるときに特に真価を発揮します。

ブルーのコントロールカラーを下地にしてファンデーションを使うことで、

くすみを消しつつ清々しい透明感のある肌を演出してくれるのです。

 

女性にとって肌のトラブルは大きな悩みのひとつです。

特に顔は第一印象で一番注目の集まる場所だけに重要です。

透明感のある肌かそうでないかの違いだけで男性は良し悪しを決めます。

なので顔色が悪いと感じて即座に何とかしたいと思った時は、

迷わずコントロールカラーで下地の部分から変えていきましょう。

 

このような下地で透明感のある肌を作っていくことも良いですが、

やはり基本は食事・運動・睡眠を良い肌になる習慣に変えることが大切です。

この基本をしっかりと整えた上で下地を作っていけば、

より一層透明感を演出することができるでしょう。