お盆になると実家に帰省する方は多いですね。

そこでお盆のお供え物やのしの表書きについて分からない・・・

またお供えの物の種類や妥当な金額について知りたい!

そんなお供え物についての詳細を知りたくありませんか?

今回は、お盆のお供え物についての一通りをまとめてみました。

 

なぜお盆のお供えにはのしを付けるのか?

 

お盆に帰省するときには手土産を持って帰る人も多いです。

普通の帰省、手土産なら必要無いですが、

命日であったり四十九日法要であったりするとお供え物と購入する必要があります。

実家に帰るのであればあまり気にならないですが、

結婚して相手方の実家であったりすると、

さらに配慮が必要になってくると思います。

 

そのお供え物に関して、

何がいいかは事前に聞けるので聞いて参考にするのがいいでしょう。

お供え物としては、フルーツやお菓子、コーヒーなどが多いです。

また、お盆の季節になるとのしをつけますかと、

デパートで購入した場合は聞かれます。

 

お供え物であればつけてもらいます。

そのお供え物ののし、水引きの色が異なる可能性があります。

四十九日法要の場合は白黒の水引き、銀色の水引きを使うことが多いです。

ただ、主に関西などでは白と黄色の水引きが使われることもあるため、

渡す相手方に聞いてみるほうがいいでしょう。

表書きは「御供」と書いてもらいましょう。

 

お仏壇の前に並べられて置いていることも多いので、

のしをつけている方が様になるのでしょう。

また、お供え物としてはお仏壇にお供えしたあとに、

親戚や家族などで分けるため、小分けになっているものがいいでしょう。

 

ホールケーキであったり、

緑茶のお茶の葉だと分けづらいのでそういったことも検討して購入する方が無難です。

もちろん、手土産でお仏壇に供えるのと別で購入する時にはのしの必要はありません。

 

のしの名前の書き方について

 

のしの名前の書き方ですが、

そもそもの士の書き方がわからない方は、

そこに贈り主として自分の名前を書いていいのか、

相手方の名前を書いているかわからないという方がいます。

しかしここで覚えておかなければならないのは、

 

ここは必ず贈り主の名前であるということです。

 

また、複数名つまり連名で贈るような場合は、

右から順番に目上の人を書いていくきます。

そしてまた男女の場合なら、

男性が右側に書き、女性を左側に書いていきます。

 

また、目上の方もなく、

男性同士や女性同士など順位に関係がないときなどは、

苗字の五十音順で書いていくと良いでしょう。

 

人数ですが、幾ら複数名を連名で書くとしても、

あくまで3人くらいまでにします。

それ以上いる場合は、全員の名前を書くのは控えて、

「有志一同」もしくは3人ぐらいの代表者の名前と

「他一同」という形に書くほうが良いでしょう。

 

さらに、法人など会社名でのしを書く場合ならば、

別途注意胃が必要です。それは、

最近では横文字の会社が少なくないからです。

あくまでのしの場合は縦書きですので、

できればアルファベットではなく、カタカナで表記するようにします。

 

また、これらの名前を書くときは、

ボールペンではなく、筆で書くようにします。

もし筆がない場合は、筆ペンかもしくはサインペンで書くようにしましょう。

 

また、内祝いなど生まれた子供の名前を紹介する場合では、

名前を記載した後に、右横に必ずふりがなをふるようにしましょう。

 

お供えに入れる金額はいくらが妥当?

 

結婚するまではあまり気にも留めていなかったことに、

冠婚葬祭の際にどのぐらい包んだら良いかということことがあります。

友人の結婚式等は共通の友人等に聞く人も多いかもしれません。

 

でも、結婚したらそういう訳にはいきませんよね。

ある女性の例えですが結婚式の半年ほど前に夫の祖父が亡くなったのですが、

新盆はお供えにどのぐらいの金額を包めば良いのか

わからなくて困ったことがあったそうです。

 

その人は夫は頼りにならないと思ったそうで、

思い切って義母に聞いてみたのですが、

「気を遣う必要はない」とか「気持ちだけでいい」と言われたそうです。

そうは言っても嫁の立場としてはきちんとしたいと思ったそうです。

そこでいろいろ調べてみると新盆の時だけは現金を包むということがわかりました。

 

金額は大体5000円から10000円が相場だということです。

 

夫は祖父にとてもかわいがられていたということでしたが、

ここであまりたくさん包むのもどうかな、

と思ったので相談の上、5000円にしたそうです。

あとは親戚が来るということだったので、フルーツを買ってお供えしました。

毎年お盆には夫の実家に帰省しますが、

 

初盆以外は金額にすると3000円ぐらいのお供え物を用意しています。

 

お盆のお供えはあまり高価なもの過ぎても良くないということなので、

みんなが集まった時にちょっと食べられるようなお菓子を買って持って行きます。

独身の頃はあまりそういったことに気を遣っていませんでしたが、

結婚すると相手の家族や親戚もいることなので

あまり常識はずれなことにはならないように気をつけています。

お盆のお供えには大体5000円から10000円が相場のようです。

 

お供えの種類や選び方のポイント

 

お盆にお墓や仏壇にお供えをする場合の選び方は、

一般的なマナーに加えて地域や家庭の慣習によって違いがあることがあります。

どのようなお供えを持参すればいいか迷った時は、

実家に確認するのも一つの手段です。

 

お供えの選び方としては、一般的にそれほど厳しい決まりはありません。

お盆は故人やご先祖様に感謝と供養を行うためのあるので、

基本的に故人やご先祖様が生前好んでいた物などを選びましょう。

お供えの種類としては冒頭でもお伝えしましたが、

 

種類が多いお菓子やフルーツ、飲み物などから選ばれることが多く見られます。

 

ただし、匂いが強かったりすぐに傷んでしまう

日持ちしないものは避けたほうが無難です。

また、お盆の時期に殺生してはいけないと考えられているのため、

肉や魚といったお供えは避けてください。

 

お盆に親戚が集まる家の場合、

頂いたお供えを親戚や子供におさがりとして分けて持って帰ってもらいます。

均等に分けるためには、個別包装されている品物の方が喜んでもらえます。

お花をお供えする場合、お墓や仏壇に花立てがある場合は、

そのまま飾れる花束がおすすめです。

 

お墓の花立ては対になっているので、二つの花束を用意しておきましょう。

専用の花立てがない場合や、どこに供えるか決まっていない場合には、

花立てがなくてもそのままお供えできるフラワーアレンジメントが便利です。

花の種類としては、白色や淡い色の花が良いとされています。

仏花として一般的な菊をはじめ、色が白いユリや胡蝶蘭を選んでも問題ありません。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

お供えをするにも様々なマナーがあります。

知らないと間違った方法でお供えをしてしまうことにもなるので、

しっかりと事前の知識や準備を行うようにしていきましょう。