お盆のお墓参りはいつから?仕事で休めない人の過ごし方

 

あなたはお盆お墓参りはちゃんと行ってますか?

人によって諸事情でいけない場合もありますね。

仕事が忙しくてお盆に休みをとることが困難だったり、

住んでるところや家庭環境の事情など色々とあると思います。

 

でもやっぱりご先祖様のことは気になりますね。

難しいと分かっていてもずっとお墓参りをしていないなら、

今年こそは去年よりは何か手段を見つけたいかもしれません。

では仕事などで忙しい人はどんな方法があるのでしょうか。

 

そもそもお盆の由来とは?

 

お盆とは誰もが知っている通り、

ご先祖様や故人の霊を供養する行事のことです。

このお盆の時期はご先祖様や故人の霊が家族の元に帰ってきて、

それを迎え火を焚いてお迎えし、盆明けには送り火で送ります。

 

お盆とは本来は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言います。

そして逆さまに吊るされたような苦しみを取り除く行事だったようです。

お釈迦様の弟子である日蓮様が亡くなった母親を神通力で見たとき、

餓鬼の世界に落ちて苦しんでいる姿に驚いてお釈迦様に相談しました。

すると7月15日に修行を終えた僧達にご馳走して供養するよう命じられ、

言われた通りに供養したことで母親は餓鬼の苦しみから救われました。

 

そして今後も7月15日に様々な食べ物や飲み物を盆にもって、

仏や僧や大勢の人達を供養することでご先祖様が苦しみから救われて、

さらに今生きている自分達にも幸福を得ることができると説かれたそうです。

これがお盆という行事のはじまりなのだそうです。

 

お盆はいつからいつまで?

 

そもそもお盆の行事は7月15日だったそうです。

ところが明治時代になってから暦(こよみ)を国際標準化するために、

江戸時代に使われていた太陰暦から現代の太陽暦に変更されましたが、

今まで行われていた時期よりも1ヶ月も早い梅雨の時期となってしまい、

それでは農村部の農繁期に差し掛かるため8月15日になったそうです。

地方によって7月に行う新盆、8月に行う旧盆があるわけです。

現在7月にお盆を行うのは東京、神奈川、静岡、愛知などの都市部です。

 

なので元は旧暦の7月13日~16日を差してましたが、

明治6年から新暦となって8月13日~16日に行う地域が多いです。

いずれも一般的に13日が迎え盆、16日を送り盆と言います。

 

 

仕事で休めない人のお墓参りはいつが良いのか?

 

今の時代、お盆にお墓参りができない人は多いです。

そういった人は無理に行かなければいけないわけではありません。

世の中にはお盆にお墓参りすらしない人もたくさんいます。

それでもご先祖様や故人のことを思う気持ちがあるからこそ、

あなたはお盆のことを気にされているのかもしれません。

 

だとしたらそのように思う気持ちこそが大事なのです。

わたしの母は11年前に病気で亡くなってしまいましたが、

毎年お盆と命日の日にはお寺の方をお招きしてお経を説いてまらいます。

その時に住職の方が仰られていた一番印象に残った言葉が、

 

お墓や仏壇に手を合わせるなどのかたちを気にするより、

故人のことを思い出してあげることが何よりも供養です。

 

これは時々は思い出してあげることの大切さを仰ってました。

どんなに体裁を良くしてもそこに気持ちがなければ意味がありません。

お盆の時期が無理でもその後に休みがとれたら行ってもいいですし、

行くことが無理ならお墓の方向に向かって手を合わせるだけでも構いません。

 

お盆のお墓参りに行ってはいけない日は?

 

13日~16日の時期というのは、

ご先祖様や故人の霊が家族の自宅に帰ってくるということで、

お墓参りそのものには意味がないのではと思う人もいるかもしれません。

だけどご先祖様や故人の霊が自宅にいるからと自宅から離れているお墓に、

お墓参りをすることは意味がないというわけではないのです。

なぜなら手を合わせてお祈りすることに変わりはないからです。

 

お墓参りができない人の場合

 

仕事以外の諸事情でお墓参りができない人もいます。

しかし、先ほどにもお伝えしたように形式的な行事なんかより、

ご先祖様や故人に対する気持ちこそが何よりの供養です。

お墓参りは行くことができた場合に掃除をしてあげて、

そのときにしっかりと供養をするので問題ありません。

 

仏壇においても同様のことが言えます。

たとえ仏壇やお墓が建てられなかったとしても、

部屋に水と塩をお供えするだけでも大丈夫です。

なによりもご先祖様や故人に対する気持ちが大切なのです。

あなたがお盆に行けない場合でも何とかしてあげたい気持ちが大切であり、

その気持ちさえ持っていれば無理のないところで供養してあげるようにしましょう。