日焼け止め 対策

 

肌が敏感で何を使っていいのか分からなかったり、

太陽の下に出るような外出の機会が重なったりすると、

肌への対策をしっかりと行なっていきたいものですね。

 

あなたは自分の肌にあった対策はできているでしょうか。

紫外線は老化の原因にもなるほど怖ろしいものであり、

女性としては避けるべき存在と言えるのではないでしょうか。

そこで敏感肌、顔のテカり、強い日差しの異なる3つから、

どのような対策をとるべきかをご紹介したいと思います。

 

敏感肌で悩んでる人には?

 

敏感肌で悩んでいる人は意外と多いのではないでしょうか。

まずは肌に合わない日焼け止めを塗ってしまうことを特に避けなければなりません。

肌に合わない日焼け止めを避けるには、種類から検討することが必要です。

ではどのような種類があるのかと言うと、

紫外線エネルギーを跳ね返すことで日焼けを防止する紫外線散乱剤と、

紫外線エネルギーを受け止めて他の物質に変換することで、

日焼けを防止する紫外線吸収剤があります。

敏感肌の人は、紫外線散乱剤タイプのほうを選ぶべきなのです。

 

なぜなら、紫外線散乱剤タイプの日焼け止めはノンケミカルとも呼ばれおり、

成分として化学物質の使用を控えているためなのです。

では逆に、紫外線吸収剤タイプの日焼け止めには、

紫外線エネルギーを他の物質に変換してしまうため、

化学物質を使用しているので避けなければなりません。

加えて、敏感肌の場合は肌が乾燥していることが多いため、

保湿成分を含んだ日焼け止めを使うと肌の体質改善にも効果があります。

 

また、敏感肌の人は肌に負担をかけないように、

日中の外出が済んだら日焼け止めをしっかりと落とすことが大切です。

クレンジングが必要なくぬるま湯や洗顔料で落とせるタイプを使うようにします。

顔を洗うときは夏でもぬるま湯を使って、

こすることなく丁寧にすすぐことを心がけましょう。

 

顔がテカって気になる人には?

 

顔がテカってしまうのってホントに気になりますね。

日焼け止めを塗ることの問題として顔がテカってしまうことがあります。

普段はテカることがないのに日焼け止めを塗ったときだけテカってしまうのは、

日焼け止め選びと塗り方に原因があります。

 

どんな日焼け止めにも油分が含まれていますが、

その量が多いとどうしてもテカってしまいます。

そのため、成分表を見て油分が少ない日焼け止めを選ぶべきなのですが、

実際には油分の量が記載されていることは多くありません。

そこで判断材料になるのがSPFとPAです。

これらの数値は高ければ高いほど油分が多い傾向にあるのです。

どちらも紫外線を防ぐ力の大きさを表していますが、

ちょっとした外出であればSPF50やPA++++といった高い数値は必要ないため、

その日の用途に適切な数値の日焼け止めを選ぶことで顔のテカりを抑えられます。

 

また、塗り方にもコツがあります。

顔の場合は部位によって日焼け止めの量を変えることが大切です。

皮脂が多い額や鼻の頭は規定量よりも少ない量を手にとって軽く乗せるように塗ります。

日焼け止め効果が薄れると心配する人もいますが、

もともと日焼け止めは塗り直すことが前提になっているため、

こまめに塗り直すことで日焼け止め効果を維持できるのです。

 

特に強い日差しに晒される日には?

 

日差しが強い日にどうしても長時間の外出を余儀なくされる場合は、

日焼け止めを塗ることはもちろん、そのほかの心がけも重要になります。

 

まず、日焼け止めはSPFとPAが高いものを選びましょう。

どうしてもテカりが発生してしまいますが、

テカるのはそのときだけですが日焼けは一生ものなので、

日焼けしないことを優先に考えるべきだと言えます。

また、日差しが強い日は気温も高いため汗で日焼け止めが流れがちです。

普段よりこまめに塗り直すことを心がけましょう。

2時間おき程度の間隔で塗り直すことが理想的です。

 

また、私も仕事で日差しが強い日でも外にいなければならないことがあります。

プライベートであればメイクを薄めにしますが、

仕事ではしっかりとメイクをする必要があるのです。

こまめに日焼け止めを塗り直すことが大切だと分かってはいるものの、

メイクを落として塗り直すのは時間が掛かってしまい現実的ではありません。

そこで、化粧の上から日焼け対策が出来るフェイスパウダーを利用しています。

フェイスパウダーは直接肌に塗るクリームタイプとは異なり、

ファンデーションをしててもその上に重ねることが可能なので、

化粧を落とす時間をかけずに日焼け対策が出来るためおすすめです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

しっかりと対策をとることはスキンケアの基本と言えます。

ぜひ、しっかりとした対策ができるようにしましょう。