30代からの頬のたるみを改善するための5つの方法

 

ほうれい線や小鼻の溝、笑うと顎にシワができるなど、

30代からは頬のたるみを改善する方法を見つけることが大切です。

この30代をどう過ごすかで見た目年齢にどんどん差が出てくるのです。

 

実年齢よりも老けて見られるなんて嫌ですね。

肌はハリがなくなってくると、持ち上げる働きが弱くなります。

また30代からは表情筋の衰えも気になってくるところです。

では、頬のたるみを改善する方法とは?

 

1、顔の筋肉を鍛える

 

頬のたるみの原因のひとつは表情筋が衰えたことなので、

30代からの改善方法も表情筋を鍛えることを意識します。

日常の中で表情筋なんて意識することはないと思います。

つまり、表情筋を意識して鍛えれば若さを取り戻せるのです。

とは言ってもそんなに難しいことをするのではなく、

 

  • かたい物を食べて頬を動かす
  • 笑顔を意識的に作って口角を引き上げる
  • 口を大きく「あ」の字に開いて左右順番に引き上げる

 

このようなことを毎日の中で意識的に行います。

今までやってこなかったことを少し意識するだけです。

 

2、コラーゲンを増やす

 

肌のハリを取り戻すにはコラーゲンを増やすことです。

とてもシンプルな方法なので意識して取り入れたいところです。

 

コラーゲンの多い食事を摂ることで、

コラーゲンの中に含まれているプロリルヒドロキシプロリンが、

細胞を活性化させてハリのある肌を形成してくれます。

ポイントはビタミンCも合わせて摂ることです。

 

3、イオン導入

 

美容皮膚科で行う方法です。

肌の奥にビタミンC誘導体という美容成分を浸透させます。

専門家に頼んで行うので早く効果を実感することができます。

 

4、ケミカルピーリング

 

こちらは美容皮膚科で行うものと自宅で行うものがあります。

やはり専門家のところに行く方が効果も高く即効性があります。

肌の新陳代謝を高めて、ターンオーバーが正常に機能します。

 

5、レーザー治療

 

皮膚の真皮層にピンポイントに改善させる方法です。

熱によってダメージを与えることでコラーゲンが増えて、

再生を促すように働きかけてハリのある肌へと改善されていきます。

 

自分でできる方法から専門家にやってもらう方法まで様々です。

30代からは年齢の差が出てくるものなので頬のたるみは放っておけません。

しっかりと改善策を立てていきましょう。