頬のたるみで20代でも老けて見える原因を自宅で解消

 

実は20代から頬のたるみは始まると言われています。

あなたは学生時代の写真やスマホの自撮り画像などを見て、

10代の頃は若かったと感じたことはありませんか?

 

それは緩やかに頬のたるみが始まっている証拠なのかもしれません。

 

年齢には誰も勝てないと言われますが、

だけどそのまま老けていく自分なんて嫌ですね。

100%は無理でも少しでも綺麗に見られたいと思いませんか?

 

なぜ頬のたるみが起こってしまうのか?

 

頬のたるみやまぶたのたるみなど、

30代になって出てくるものと思いがちですが、

実は20代から既に始まっていて意識するレベルになって、

やっと気付くのが30代ということなのです。

 

そして人によって老化が始まるのが違うので、

早い人だと20代で気になり始めるということになります。

老化が始まるとターンオーバーが遅れて肌の代謝が鈍くなります。

 

  • 表情筋の衰え
  • 顔の筋肉の退化
  • 紫外線
  • 乾燥

 

これらの影響を受けて頬のたるみが出てくるようになります。

スポンサーリンク

特に加齢による老化は最も頬のたるみを作ってしまう原因です。

 

誰でもできる自宅で解消する方法

 

表情筋の衰え、顔の筋肉の退化と言うのは、

要は衰えているので鍛えてやれば良いだけのことです。

頬のたるみやほうれい線を舌回しだけで劇的に解消する方法にて紹介してますが、

普段から意識しなければ鍛えることをしない部分なだけに、

鍛えてあげればこの方法だけでもかなり改善されていくはずです。

 

また自分の肌に合わない化粧品などを使っていないでしょうか。

若いうちは洗顔や化粧水、またはメイクなどの刺激を受けても、

それが効果があるものと勘違いして使い続けてしまうことで、

頬のたるみを促進してしまうケースもあります。

自分の肌に合うものを選ぶということは長い目でみると重要です。

そして洗顔はゴシゴシと擦って洗ったりしてませんか?

理想は弾力のある泡を作って泡で洗うというのが望ましいです。

 

それから食生活が乱れると栄養が足りなくなって、

ターンオーバーによる新陳代謝が正常に行われなくなり、

肌の生まれ変わりが十分にできずに頬のたるみの原因になります。

ターンオーバーを正常にするには規則正しい生活が一番です。

理想は22時から遅くても24時にあは眠るようにして、

最低でも6時間は睡眠をとることが美しい肌になる基本です。

 

20代という若さなら生活習慣や顔の筋肉を鍛えるだけで十分です。

何も特別なことをする必要はほとんどの場合はないです。

なのでまず基本的なところから意識して改善していきましょう。