乾燥肌の人の毛穴の悩みを改善するために大切なこととは?

 

毛穴の悩みというと脂性肌の人のイメージが強いと思います。

それは余分な皮脂が古い角質と混ざって毛穴を塞いでしまうからです。

ですが乾燥肌の人には特有の理由があって毛穴に問題が生じます。

 

乾燥肌の人は保湿を考える前に・・・

 

人間は年齢を重ねるごとに肌のハリが少しずつ失われていきます。

いつまでも若々しくあり続けるにはハリは重要な要素ですね。

肌のハリが失われていくと重力に負けてたるみの原因になります。

 

そこで乾燥肌の人はもともと皮脂量と水分量が少ないので、

肌が乾燥してハリも失われやすく毛穴のたるみができやすいのです。

また乾燥から守るために角質部分が通常よりも厚くなることで、

毛穴の詰まりも起きやすくなってしまうこともあります。

 

それから乾燥肌の人は敏感肌への注意も必要です。

それは肌が乾燥することで敏感にもなるケースがほとんどだからです。

スポンサーリンク

乾燥肌から敏感肌へとなってしまうのはレンガに例えると分かります。

レンガはレンガ同士をしっかりつ繋ぐために「しっくい」で固定します。

このしっくいをレンガの間に塗ることで強い雨風に負けない壁になります。

肌の構造も同じようにレンガという角質細胞同士をしっかりと繋ぐための、

しっくいと同じ役割の細胞間脂質があるのでしっかりと固定されます。

細胞間脂質とは細胞と細胞を接着剤のように繋ぎ合わせる役割を担ってます。

乾燥肌はこの細胞間脂質が少なくなっている状態なのです。

そうなると角質が剥がれ落ちやすくなるので刺激に脆くなります。

それではいけないので角質部分が通常より厚くして守ろうとします。

そうなると毛穴に関するトラブルが引き起こってしまうのです。

 

乾燥肌の場合はとにかく保湿が大切となってきます。

肌のハリを取り戻して毛穴のたるみや詰まりを改善するためには、

人間の本来持っている綺麗になる機能を意識することが大切です。

肌のトラブル以前に体で問題が起こるのは生活習慣が原因です。

乾燥肌の人は通常の人と同じ生活習慣から肌に合わせる必要があります。

 

人間の肌は本来は時間の経過と共に代謝によって古い角質は落ちます。

洗顔料などはあくまで人間本来の力の補助でしかないのです。

なのでスキンケアや洗顔料を意識し過ぎて逆に肌を痛めていないか、

そんな意識を持つことも肌を改善する重要な考えになります。

本来は洗顔料を使わなくとも綺麗になれるのがわたし達の肌なのです。