毛穴の開きの治療法の種類とどんな症状でも改善できるのか?

 

ボコボコしていたり、毛穴の奥が黒ずんでいたり、

毛穴の開きは自分の外見に強く影響してきて困りますね。

どんな症状でも改善できるのか、どんな治療法があるのか、

情報として知っておくだけでも欲しいと思いませんか?

以下に代表的な治療法についてお伝えします。

 

ケミカルピーリング

 

ケミカルピーリングとは肌表面の古い角質を取り除いて、

ターンオーバーを正常にさせていくことで肌を整えていきます。

この古い角質はどうしても残ってしまうものなのです。

そうなるとターンオーバーが正常に機能し難くなるので、

専用の薬剤を使用して角質を取り除いていきます。

これによって肌のトラブルを回避することができます。

 

イオン導入

 

肌は毛穴に詰まった角栓が空気に触れて酸化することで黒ずみになります。

スポンサーリンク

放っておくと毛穴が膨らんで更に毛穴の開きが悪化してしまいます。

イオン導入は肌に微弱な電流を流すことで肌のバリア機能を一時的に弱めます。

そこから水溶性の美容成分を浸透させることをイオン導入と言います。

ピーリングやレーザー治療と併せて行うことで効果が高まります。

 

レーザー治療

 

レーザーによる熱照射で真皮層に働きかけることによって、

内側から毛穴の開きを引き締めてハリのある肌にする治療法です。

レーザー治療は肌そのものの再生を促すように働きかけていきます。

また開いた毛穴同士で繋がって小じわとなってしまうこともあります。

外見的にも老けたように見られやすくなるのは避けたいものです。

 

高周波

 

皮膚のたるみや毛穴の拡大が気になる人に向いています。

電気エネルギーの一種である高周波(ラジオ波)を真皮層などの、

肌の深部まで届けて加熱しながら収縮させていく治療法です。

皮膚は水分が豊富なので電流が流れやすくなっており、

さらに皮下脂肪は電気抵抗が大きくラジオ波を通電すると、

発熱をして熱で活性化したコラーゲン合成によって引き締まります。

 

以上のような毛穴の開きによる治療法があります。

他にスキンケアや美顔器による自宅でできる方法が一般的です。

毛穴の開きが深刻に感じるようでしたらクリニックへの相談など、

症状に応じて適切な治療法を選んでいくことが大切です。