ニキビの原因となる食べ物と抑えるための食事の方法

 

ニキビとはホルモンバランスの乱れが原因でできてしまいます。

また過度なストレスや偏った食生活もできてしまう原因です。

ホルモンバランスの乱れは生活習慣の乱れでもあります。

 

そのためにはホルモンが最も分泌しやすい22~2時の時間帯の睡眠や、

ストレス解消法を見つけたり食生活の改善が必要となってきます。

今回は、食べ物に関しての良し悪しについてご紹介します。

 

ニキビに良い食べ物と悪い食べ物

 

ニキビができてしまう原因は複合的なことが多いです。

特に繰り返しが厄介な大人ニキビの場合は原因の特定が難しいくらいです。

その中でも食べ物は毎日関わることだけに大きな影響を及ぼします。

ニキビに悪い食べ物とは、

 

  1. 脂質や糖質の摂り過ぎ
  2. アルコールの摂り過ぎ
  3. 香辛料の摂り過ぎ
  4. タンパク質の不足
  5. ビタミンの不足

 

以上の5つとなります。

割と心当たりのある身近なに感じられることではないでしょうか。

スポンサーリンク

脂質や糖質なんて食生活の欧米化と共にニキビに悩む女性が増えました。

アルコールは皮脂の元となる糖分を多く含んでいます。

香辛料はは消化吸収の機能を低下してニキビができやすくなってしまいます。

 

それからタンパク質は摂り過ぎると脂肪になりやすいですが、

不足すると皮膚の生成をするターンオーバーのサイクルが乱れてしまいます。

また免疫細胞の材料にもなるので免疫力低下により、

毛穴に増殖してしまうアクネ菌などの菌に抵抗しきれなくなります。

ビタミン不足はご存じのように肌に大きく影響します。

ビタミンが不足するとターンオーバーの乱れや保湿力が失われます。

 

よくチョコレートを食べるとニキビができると言いますが、

それは疲れたときにふと食べたくなるタイミングに問題があるのです。

なぜならストレスが溜まったときや生理前のホルモンバランスが乱れたときです。

このような時期はニキビができやすく甘いものが原因を思ってしまいがちです。

ニキビができやすいタイミングに食べているだけなのです。

では逆にどのような食べ物が良いかというと、

 

  1. ビタミンA
  2. ビタミンB2
  3. ビタミンB6
  4. ビタミンC
  5. ビタミンE
  6. ミネラル
  7. コラーゲン

 

主に以上の7つとなります。

いずれにしても馴染のあるものばかりですね。

要はニキビに悪い食べ物を避けて良い食べ物を摂るだけです。

普段の生活でこのことを意識するだけで食生活は毎日のことなので、

肌にも変化が表れてくるのではないでしょうか。

ニキビ対策には体の内側から綺麗になることを意識しましょう。