鼻にニキビができてしまう原因と対策について

 

鼻にニキビができてしまうととても目立ちます。

原因は皮脂量の多い場所なのでニキビができやすいのです。

なので清潔に保つことが抑えるために必要となってきます。

 

顔のパーツの中で鼻は一番目立ちやすいので、

ニキビができないように意識したところですね。

またできてしまったらどうするのかも紹介致します。

 

鼻ニキビは皮脂量の多さと紫外線に注意

 

鼻は毛穴が多いです。

なので鼻の毛穴が目立つことで悩む女性も多いですね。

そんな鼻の悩みのひとつにニキビができてしまうことがあります。

主な原因としては、

 

  • 毛穴の汚れ
  • 紫外線の影響
  • ホルモンバランスの乱れ

 

毛穴が多くて皮脂量が大量に分泌される場所です。

また繰り返すことが特徴的な大人ニキビができてしまうこともあります。

スポンサーリンク

それは大人ニキビの原因であるアクネ菌が住みつくようになってしまうからです。

そして炎症を起こしてしまった場合は跡が残ってしまう可能性もあります。

何といっても目立つ場所だけに跡が残るのだけは避けたいですね。

 

そして顔のパーツの中でも最も紫外線の影響を受けやすい場所なのです。

紫外線の何がいけないのかと言うと皮脂の酸化を促進させることです。

これによって皮脂が毛穴に溜まりやすくなってしまうことで、

朝起きたら憂鬱な気分にさせられるニキビができやすくなるのです。

そしてアクネ菌も住みついて大人ニキビの原因になります。

 

まず普段から意識したいのは外部刺激です。

洗顔ではあまりゴシゴシ洗うことは悪化の原因となるので、

しっかりと泡を作ってその泡で転がすように洗うことが大切です。

それから乾燥もニキビの原因となるので保湿ケアをしっかりと行うことです。

また手で触れると肌のバリア機能を失いやすいので気を付けるようにしましょう。

日焼け止めクリームは実は鼻のニキビができやすくなってしまいますので、

なるべくクリームに頼らず帽子や傘や日陰に入るなどの対策た大切です。

 

できてしまったものを治す場合は、

上記のように洗顔の仕方に注意をして保湿ケアをすることが基本です。

白ニキビに関しては今後できてしまわないように清潔を保つことが重要です。

赤ニキビはこれ以上悪化させないことが何よりも大切となってきますので、

最も最良の手段は皮膚科に行って診てもらうことです。

普段の生活でできることから行っていきましょう。