顎にニキビができてしまう原因と対策について

 

顎にできるニキビは思春期にできるニキビとは違い、

同じ場所に何度もできてしまうのが特徴な大人ニキビと言われています。

それだけにまたできるんじゃないかと心配になりますね。

 

他にはファイスラインや首の境目や口下の部分もあります。

どうやって治したらいいのかについても悩みの種ですが、

繰り返さないためにはどうすればいいのかも気になりませんか?

 

大人ニキビへの対策

 

顎のは大人ニキビができやすい場所です。

その原因は男性ホルモンの受容体が多く存在しているためです。

なので顎やフェイスラインのニキビは男性ホルモンが影響しています。

そしてターンオーバーが遅いので跡が残りやすくもあるのです。

主にニキビができてしまう原因としては、

スポンサーリンク

 

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 間違ったスキンケア
  • 接触することによる刺激

 

以上のようなものがあります。

顎はターンオーバーが遅い場所ではありますが、

本来な古い角質が落ちて新しい肌に生まれ変わるサイクルが、

落ちきれずに厚い層となって毛穴を塞いでしまいます。

これがニキビができてしまう原因となるのです。

 

ホルモンバランスの乱れによってターンオーバーのサイクルが遅れてしまいます。

それだけに普段から生活習慣を整えて予防する意識が大切になってきます。

ストレスや睡眠不足や食生活など、このような生活習慣の乱れが、

そのままホルモンバランスの乱れとなってニキビができてしまうのです。

 

またおでこや頬と比べて顎はスキンケアが行き届きにくい場所です。

それだけでなく意外と洗顔のすすぎ残しが原因であったりもします。

なので顎やフェイスラインに洗顔料が落としきれていないか注意が必要です。

また洗顔後にはしっかりと保湿をしてあげることも重要です。

日ごとのスキンケアの見直しはニキビ予防の対策となります。

 

大人ニキビの対策は原因と思われる行動や習慣を改善していくことです。

 

ターンオーバーが遅いので治りにくく跡が残りやすいので、

ホルモンバランスが乱れないような生活習慣が大切です。

その上でしっかりとすすいで保湿をすることが基本となります。