頬にニキビができてしまう原因と対策について

 

頬にできるニキビは目立ちやすくて憂鬱な気分になりますね。

メイクをするにしても難しくて困ってしまいませんか?

また原因は人によって様々なので治し方も一概に言えないところもあります。

 

ですが頬は皮脂の量は比較的少ないのにできてしまうのでしょう。

皮脂の量が少ないということはニキビができにくいということでもあります。

それにはあることが主な原因となっているようです。

 

頬のニキビはホルモンバランスの乱れ

 

頬にできてしまうと隠すのに大変です。

恥ずかしくて人と話をするのさえ気になってしまいますね。

目立つ場所にあるだけに大きな悩みとなります。

頬はおでこのように皮脂分泌量が多いわけではないのですが、

 

  • 食生活
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 間違ったスキンケア
  • エアコンによる乾燥
  • 洗顔での洗いすぎ
  • ホルモンバランスの乱れ

 

以上のようなことが主な原因としてありますが、

その中で特にホルモンバランスの乱れが強く影響するようです。

ホルモンは男性ホルモンと女性ホルモンとあるのはお分かりだと思います。

そもそもホルモンとは体内の分泌腺から血液中に送り出された分泌物質です。

この分泌物質が体中を巡って各組織や器官の機能を調節したりしています。

 

ということはホルモンバランスが乱れるとから体の機能が維持できないのです。

 

ホルモンは体調や生理のリズムによって分泌量も変化します。

生理前になると黄体ホルモンと女性ホルモンの分泌量が増えます。

胸が張ったように感じたりするのは女性ホルモンの影響なのです。

ですが黄体ホルモンによって顔や体から皮脂油も出やすくなります。

皮脂油の役割は外部刺激から守るために出てきてしまいます。

そこで毛穴を塞いでしまうことでニキビや肌のトラブルとなってしまうのです。

 

頬のニキビに関しては普段からの予防が何よりの対策となります。

 

なぜならホルモンバランスの乱れとは生活習慣の乱れでもあるからです。

ということはニキビができてしまう原因は個人によってバラバラなのです。

そうなると生活習慣そのものを整えて予防していくしか、

効果的な対策は難しいと言わざるを得ないのです。

 

バランスのとれた食事や十分な睡眠、

適度な運動を取り入れてホルモンバランスを整えたり、

肌を乾燥させないようにスキンケア選びも重要です。

洗顔も過度にしすぎることは避けて保湿を意識します。

 

できてしまったニキビに関しては刺激を与えないことが前提となります。

自分で潰したくなるかもしれませんが跡が残りやすいので危険です。

市販のニキビ用のクリームを塗ってみるのも方法のひとつですが、

皮膚科で内服薬や塗り薬を処方してもらうのが最も適しています。

跡が残らないようしっかりと対策をとっていきましょう。