大人ニキビが治り難いと悩んでいる人の知られざる原因

 

大人ニキビは思春期の頃のニキビと違って、

治り難く何度も繰り返しできてしまうのが特徴です。

それだけに諦めたくないけどどうしようもなくて悩んでしまいますね。

 

大人ニキビは原因が複雑と言われており、

ケアの仕方も難しく間違ってしまうと悪化の可能性もあります。

そこで知られざる意外な原因をご紹介します。

 

大人ニキビの治り難い原因とは?

 

ニキビができているということは既に炎症が起こっているので、

洗顔料でしっかり洗おうとするとかえって悪化してしまいます。

ゴシゴシ洗うことで更なるニキビができやすくなってしまうのです。

なので刺激を与えないよう泡のみで優しく洗うことが大切です。

 

ニキビ用化粧品を使ってヒリヒリしたことはありませんか?

それはアクネ菌を殺菌するための成分が強力だからです。

それから赤みを抑える成分や古い角質を落とす成分も含まれています。

そのため、ヒリヒリすると効果があるように感じるかもしれませんが、

スポンサーリンク

それは必要な角質層が薄くなってしまったことで神経まで届いているのです。

放っておくと赤みを帯びたり痒みが出て悪化する可能性があります。

 

アクネ菌は確かにニキビができてしまう原因なのですが、

実は肌のバランスを正常に保つ働きをしてくれているのです。

それはメラニンはシミの原因だけど肌を守ってくれているのと同じなのです。

問題はアクネ菌を増殖させてしまう原因である毛穴の詰まりなのです。

 

また大人ニキビは脂性肌の人にできやすいイメージがありますが、

それは皮脂の量が多いので毛穴が詰まりやすいからです。

しかし乾燥肌の人でも大人ニキビはできてしまうのです。

肌が乾燥すれば肌の表面が硬くなって毛穴を塞いでしまいます。

そうなると少量の皮脂でもニキビができてしまう原因になります。

乾燥肌であっても脂性肌であっても毛穴が詰まればニキビができるのです。

 

大切なのは毛穴がから皮脂の排出がスムーズに行われていることです。

 

なのでターンオーバーのサイクルを整えることが大切なのです。

ターンオーバーを整えるとは新陳代謝のバランスを整えることです。

しっかり睡眠時間を取り、バランスのとれた食事に適切なスキンケアが大切です。

 

そしてニキビはできてしまったとしても、

これ以上できてしまわないように予防する意識が重要です。

なぜならできてしまったニキビを治すことができたとしても、

ニキビができやすい生活をしていれば繰り返してしまうからです。

ニキビが治り難いと悩んでいる人ほどこの予防のケアが最も有効な手段です。