ニキビ予防のための洗顔する回数と洗い方のポイント

 

あなたはまめに洗顔すればニキビ予防できると思ってませんか?

それはもしかするとニキビができやすい状態にしているかもしれません。

ニキビ予防には適切な洗い方と回数があります。

 

ニキビ予防に限らず人の体はただ洗えば良いわけではありません。

しっかりと保湿をしなければその後の肌を守るものがないので、

逆に悪化してしまう可能性だってあるのです。

 

ニキビ予防の洗顔の回数と洗い方

 

基本的に洗顔は朝晩の2回で十分なのです。

夜に洗顔するときはメイク落としや洗顔料を使ってしっかりと落として、

朝に洗顔するときはぬるま湯にしてサラッと洗い流す程度にします。

そして洗顔の後はしっかりと保湿することが何より大切です。

 

ニキビの原因は皮脂の詰まりによって起こるので、

とにかくしっかりと洗顔をすれば良いと思うかもしれませんが、

何度も洗顔をすることで肌に余分なダメージを与えてしまうことになるのです。

洗顔のし過ぎは、肌を乾燥させてニキビができやすくなってしまいます。

肌が脂っぽい人であっても3回までに留めておくべきなのです。

洗顔料を使うのは1日の汚れを翌日に持ち越さないために夜だけで十分です。

 

ニキビ予防のための洗い方のポイントは優しく肌を洗うことです。

優しく洗うためには泡の塊を手で押し当てるように洗います。

決して手で直接触れることのないように泡だけで洗いましょう。

 

ニキビ予防への洗い方は泡で優しくが基本です。

 

大人になると肌の水分や油分がすくなくなってきます。

そこで問題なのが治り難く繰り返してしまう大人ニキビです。

大人ニキビの洗い方は洗顔後の保湿が重要なカギを握ります。

なので洗い方の基本をまもりつつスキンケアでしっかりと保湿をしましょう。

 

特に大人ニキビはホルモンバランスの乱れが主な原因にもなってきますが、

ホルモンバランスを乱れを整えるには生活習慣を整えなければいけません。

しかし日々、忙しいわたし達には肌に合わせた生活習慣を完ぺきには無理です。

そこでスキンケアを使って肌の調子を整えてあげることが大切になります。

ニキビが治らない人もまずこの基本を大切にしましょう。