ニキビが治らないのは間違った肌へのストレス

 

ニキビの原因は毛穴の詰まりによって起こります。

外気などによる肌の汚れも関係しますが直接の問題ではないのです。

ニキビが治らないと思っている方はニキビができるプロセスを知る必要があります。

そして間違ったケアによって肌へのストレスとなります。

 

ニキビができるプロセス

 

ニキビができてしまうのは毛穴の詰まりとお伝えしましたが、

ではなぜ毛穴が詰まってしまうのかを知ることが大切です。

 

皮脂が過剰に分泌したり、肌の代謝異常

古い角質がはがれず角質肥厚が起きて毛穴が詰まる

アクネ菌の増殖、皮脂が外に出れないことで白ニキビとなる

または毛穴が開いた状態で古い角質と混ざって酸化して黒ニキビとなる

毛穴に詰まった皮脂を餌に大量に集まったアクネ菌が毛穴の中で炎症を起こす

ここから赤くなっていって赤ニキビとなってしまう

更に炎症が進むと毛穴の壁が壊れてクレーター状に跡が残ってしまう

 

いかがでしょうか、

ニキビができるプロセスがお分かり頂けたでしょうか。

白ニキビや黒ニキビの段階では適切な対策をとることで跡が残りません。

ですが最終段階である赤ニキビまでいくと跡が残ってしまう危険があります。

顔は一番人の目につく場所だけにちょっとでも気になる部分ができてしまうと、

自信を失ったりして精神的なストレスが掛かってしまいます。

 

ニキビが治らないのは間違った肌へのストレスなのですが、

それはニキビができるプロセスを理解した上で適切なケアを選んでいないからです。

スキンケアや市販されている薬を使う場合は自分の肌の状態を知る必要があります。

 

ニキビは乾燥肌でも脂性肌でもできてしまいますし、

また頬や顎や鼻などの各パーツでも皮脂の量や新陳代謝によって、

白ニキビができやすかたり大人ニキビになりやすかったりします。

大人ニキビとは最終段階の赤ニキビの状態になることで、

なかなか治らないし繰り返してしまうので非常に厄介な存在です。

更に上記のプロセスのように跡に残ってしまう可能性もあるのです。

 

ニキビ対策には今後でき難くするための予防が大切です。

なぜなら生きている限りまた新しくできてしまうことの方が多いからです。

多くの人はできてしまったニキビに対してどうするかを考えてしまいますが、

大切なのは予防することでニキビができない肌に整えることなのです。

 

そのためには排出される皮脂をスムーズすることが解決となります。

 

なぜならニキビは毛穴の詰まりによって起こるからです。

それは言い換えると毛穴の便秘と言ってもいいくらいです。

洗顔や化粧水、ピーリングや食事法など様々な方法がありますが、

基本は毛穴の詰まりを解消することが目的としているのです。

ニキビが治らないとお困りならまずこの基本を理解しておきましょう。