おでこにニキビができてしまう原因と対策について

 

おでこの眉間や髪の生え際やこめかみなど、

目立ちやすい部分だけにニキビができると嫌ですね。

主な原因は皮脂分泌が多く、更に髪を触ることなで発生します。

 

おでこは新陳代謝が活発なのでニキビ跡は残り難いです。

ですが放っておくと炎症を起こして赤く腫れることもあります。

しっかりと対策をとっておくことが大切になります。

 

おでこのニキビの原因と対策

 

おでこは主にTゾーンと呼ばれる部分に多発する傾向にあります。

悪化する原因としては角栓による毛穴の詰まりから発生して、

そこから皮脂が溜まることでアクネ菌が増殖して炎症を起こします。

この炎症が長期になるとニキビ跡が残ってしまうこともあるのです。

それだけにおでこのニキビ対策はやっておくべきことなのです。

スポンサーリンク

 

またおでこの場合は治り難いのも特徴です。

悪化すれば常習化する可能性もあるので早めの対策が必要です。

初期の段階では「白ニキビ」と言われる白のつぶができます。

この初期の段階で対策をとることで悪化を防ぐことができます。

 

白ニキビは毛穴に皮脂が溜まって空気に触れることで「黒ニキビ」になります。

この段階ではまだ炎症は起こしておらず、自分で対策をとることができます。

炎症を起こしてしまうと「赤ニキビ」になって完治が難しくなります。

ここまでくると皮膚が陥没して跡が残ってしまうこともあるのです。

 

対策としてはおでこに触れる行動は控えることです。

脂性肌の人だけでなく乾燥肌の人もニキビはできますので、

不規則な生活や睡眠不足にならないよう生活改善することが大切です。

毎日の洗顔でしっかりと皮脂を落とすことも大切で、

クレンジングならクリームタイプのものを使用してしっかりと洗顔します。

シャンプーをしていて洗い流せていない場合や、

コンディショナーがおでこについてしまっている場合なども、

ニキビができてしまう原因となりますので丁寧にすすぐことが大切です。

 

要は悪化原因であるアクネ菌が増殖しないよう清潔に保ったり、

生活改善をして新陳代謝を高めることが自分でできる対策になります。

また赤ニキビになってしまった場合は皮膚科で診てもらうことが大切です。

自己流の対策では跡が残る可能性が高いので専門に診てもらいましょう。