十五夜 意味 子ども

 

日本人は昔から自然を大切にしていると言われてます。

そして自然を暮らしの中に上手く取り入れて生きてきました。

そのため、現代でも昔ながらの伝統行事はたくさん残っています。

秋の代表的なイベントであるお月見もその伝統行事の一つです。

 

でも、何故十五夜と言うの?

 

と子どもに聞かれると説明し難くありませんか?

大人でも、その意味が分からない人も意外と多いものです。

今回は十五夜に関するススキやお団子や満月との関係など、

子供に分かりやすい説明をする方法についてご紹介します。

 

十五夜の意味を子供に分かりやすく説明するには?

 

まず、この十五夜というのは簡単に説明すると満月ということになります。

それは、何もない月の新月から満月になるまでの日数が15日かかるからです。

15日目の夜が十五夜で、1年の間にこの満月は12回あるとされています。

 

そしてうるう年は13回ですがお月見をするのは秋の時期です。

それにも意味があって旧暦の8月15日は、

昔から空が澄み月が1年の中でも一番明るく美しくみえるからです。

 

その名残で今も秋の時期にお月見をします。

ただ、旧暦8月15日は毎年変わります。

そのため、毎年日が変わるようになります。

 

そして江戸時代から続くとされるこの風習は、

秋の収穫に感謝を込める意味も大きくありました。

 

なぜ十五夜にススキを飾るのかを子供に分かりやすく説明するには?

 

まず、なぜススキを用意するのかというと稲穂の代わりです。

収穫を感謝するためにはそれを表すものを用意するのですが、

時期的に稲の収穫は終わっているために稲穂がありません。

 

そのため、見た目が似ているススキを稲穂に見立てて用意するのです。

そしてお団子は収穫したお米を使って作られたものです。

豊作を祝って作り、十五夜の飾りにしているのです。

 

このような意味あいの十五夜でのススキを子どもに説明するには、

稲穂の写真や絵、実物を見せながら説明すると分かりやすいでしょう。

まず、お月様にうさぎがいると考えている子どもには、

十五夜がお月様にいるうさぎにお米がたくさん取れたことを、

知らせて感謝をすることだと教えます。

 

しかし、お米で作ったお団子をお月様のうさぎに見せても、

お月様は遠いのでそれがお米からできているとは分からないかもしれません。

そのためお米である稲穂を飾りたいのですが、

それがないのでそっくりな見た目のススキを、

月にいるうさぎに見せるために飾ると説明すると分かりやすいでしょう。

 

そしてうさぎがいると考えていない子どもには、

お月様に見せるためという説明をするといいでしょう。

ちなみにススキではなく稲穂を飾っても良いので、

稲穂を用意できる場合は子どもに実物を見せて、

それからお米が採れるということや、

お団子を作ることができるということを教えておくのもいいでしょう。

 

このように子どもに説明する場合は実物を見せると説明しやすく、

子どもも分かりやすいのでおすすめです。

しかし、実際は無い場合が多いので、

そのような時は写真や絵を見せることをおすすめします。

 

なぜ十五夜にお団子を食べるのかを子供に分かりやすく説明するには?

 

十五夜にお団子を食べる理由としては、

収穫祭として発展していったからだとされています。

月見を楽しむ文化は中国から日本へと伝わり、

平安時代に貴族の間で広まっていきました。

 

特に、中秋の名月と呼ばれる8月15日の十五夜では、

美しい満月もしくはそれに近い月が見えることから人気でした。

 

月の見え方には大気中の水蒸気の量が関係しているため、

秋になれば乾いた空気の高気圧が移動することで、

大気中の水蒸気の量が少ない状態となり、

輪郭のくっきりした美しい月が見られるようになります。

 

江戸時代に入る頃には庶民の間でも広がり始め、

やがて農作物の収穫の時期と重なることから収穫祭として発展していきます。

農耕の神様であるツクヨミノミコトへ農作物の収穫への感謝をこめて、

月へとお供えするようになります。

 

農作物の中でもコメの収穫の良し悪しは、

年貢にも関係してくるため特に重要なことでした。

そのため、米を無事に収穫できたことへの感謝と次期の豊作祈願をこめて、

月に見立てたお団子を月へと供えるようになりました。

 

十五夜は別名を芋名月ともされ、地域によっては、

お団子以外にも里芋やサツマイモなどのイモ類をお供えするところもあります。

他にも、果物や豆などの収穫物を備えることもあります。

 

お供えするお団子の数も12個という地域と15個という地域があります。

それぞれの個数には理由があり、

12個はその年の満月の回数のこと、

15個は十五夜だから15個です。

 

十五夜と満月の関係を子供に分かりやすく説明するには?

 

十五夜に子どもお月見をする人も多いでしょう。

ではなぜ十五夜と言うのか、なぜ満月なのでしょうか?

子どもとお団子を食べながら聞かれることもあるかもしれませんね。

聞かれたときにさらっと答えられるようになりたいですね。

では名前の由来などを詳しく見ていきましょう。

 

十五夜は別名「中秋の名月」とも言われています。

新月である月の出ない日から満月になる日までがおよそ15日間です。

そのため十五夜と言われているんですね。

 

旧暦では毎年8月15日でしたが、

現在では旧暦は廃止されているため毎年その日付も変わってきます。

秋分の日に一番近い満月の日が十五夜とされるのです。

 

ではなぜ秋なのかと言うと、

9月から10月頃に見える満月はとても綺麗に見えます。

昔から秋に見る月は見上げるのにちょうど良い高さで、

空気も澄んでいて美しいとされていたのです。

それゆえ中秋の名月と言われるこの時期にお月見をするのです。

 

さかのぼると平安時代ごろから始まり、

大昔は収穫をお祝いするお祭りだったそうです。

それが今の時代にまで続いています。

でも意外と知られていないのが、

十五夜の月は必ず満月ではないと言うことです。

 

なぜか言うと、

新月から満月になる周期が14日~16日ほどずれがあるせいなのです。

そのため十五夜とされる日と、

満月になる日に多少のずれがでる場合があります。

 

お月見はまん丸のお月様のイメージが強いので意外ですよね。

これを知っておくと、

小さいお子さんに聞かれた時もわかりやすく説明できるでしょう。

大人でも日本の行事について意味を知らない人も多いです。

 

十五夜は何気に過ぎ去っていく小さな行事の一つですが、

色々調べてみると今まで知らなかったこともあるでしょう。

熱い熱帯夜が過ぎて涼しくなった秋の夜。

家族でお月見をしながらそんな話をしてみると良いでしょう。

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

十五夜の意味を改めて理解して行事を迎えてみると、

また違った見方が出来てより楽しめるのではないでしょうか。