十五夜は満月とは限らない!意外と知らない月と地球の関係

 

2016年の十五夜は9月15日です。

この日本の風物詩のひとつである十五夜ですが、

何故か満月とは限らないことが多いですよね。

 

私は十五夜なんて特に意識することはありませんでした。

しかしこの記事を書くにあたっていろいろと調べていると、

日本の平安時代からある伝統的な行事に魅力を感じました。

 

9月と言えば秋のはじまりでもあります。

そして何よりもお月見のシーズンでもあります。

なぜ十五夜は10月にずれ込むこともあるのか。

なぜ十五夜は満月とは限らないのか。

意外と知らない月と地球の関係についてお伝えします。

 

なぜ十五夜は毎年日にちが違うのか

 

暑い夏が過ぎて少しずつ涼しくなっていく秋がきます。

そんな秋の一番最初に誰もが思い浮かべる行事が十五夜です。

ところがそんな十五夜はなぜ毎年日にちが違うのでしょう。

 

それは旧暦と新暦が関係しています。

 

旧暦では月の満ち欠けを基準としてました。

新月の日を1日として次の新月を迎えるまでを1ヶ月としてました。

なので旧暦の時代では毎年決まった日にちで行われていました。

つまり満月になるのは新月から約15日後ということなので、

旧暦では毎年8月15日に行われていたのです。

 

ところが明治5年12月2日まで旧暦で、

翌日の12月3日から太陽暦・・・つまり新暦に変わりました。

新暦になると月ではなく地球の公転を基準にすることになります。

ということは地球が太陽の周りを回る周期を元にすることになるので、

十五夜の日にちというのは毎年変わるようになったのです。

 

なぜ十五夜は満月とは限らないのか

 

そこでもうひとつの疑問である、

なぜ十五夜は満月とは限らないのかということです。

毎年日にちが違っても満月になるのは関係ないですよね。

 

ですが月の軌道が楕円であることが原因となっています。

 

なので新月から満月と満月から新月までの時間の長さが変わるのです。

たとえば新月から満月までの時間が長くなると、

満月になるまでに15日を過ぎてしまうことになります。

なので旧暦でも新暦でも約14~16日くらいの差が出てしまいます。

 

では月がなぜ楕円軌道なのでしょう。

それには重力が関係してきます。

スポンサーリンク

たとえば地球上でボールを投げるとしましょう。

ボールを投げるとやがて地面に落ちてしまいますね。

それはボールが空気抵抗によってスピードが落ちてしまうからです。

ではスピードが落ちなければボールはそのまま地球を一周することになります。

 

ではもう少しボールのスピードを上げてみるといかがでしょう。

するとボールは地面すれすれをずっと飛び続けるのではなくて、

上空へと上がっていくことになります。

ですがやがて重力に引っ張られて最終的には地球を一周し、

そして元の場所まで戻ってきます。

これが宇宙の惑星でも同じようなことが起こっているのです。

 

太陽の周りを周る惑星、

水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、

これらの惑星も楕円軌道を描いて1週しています。

当然、地球の周りを周る月も同じように楕円軌道なのです。

 

十五夜早見表

 

過去2010年から2025年先までの、

十五夜がいつなのかを調べてみました。

 

  • 2010年 9月22日
  • 2011年 9月12日
  • 2012年 9月30日
  • 2013年 9月19日
  • 2014年 9月8日
  • 2015年 9月27日
  • 2016年 9月15日
  • 2017年 10月4日
  • 2018年 9月24日
  • 2019年 9月13日
  • 2020年 10月1日
  • 2021年 9月21日
  • 2022年 9月10日
  • 2023年 9月29日
  • 2024年 9月17日
  • 2025年 10月6日

 

このようになっています。

10月にずれ込むことすらあるんですね。

ちなみに十五夜とは毎月あると言われています。

なぜなら満月になるのは毎月訪れるからです。

だけど「中秋の名月」とは旧暦でいう8月15日だけです。

その理由は1年の中で最も月が美しい日がそうだからです。

 

お月見をどのように過ごしますか?

 

いかがでしたでしょうか、

私自身、お月見と聞いてもあまり意識せず過ごしてきました。

せいぜいコンビニなどでお月見商品が出るのを見掛けるくらいでした。

まして十五夜は満月とは限らなかったことすら知りませんでした。

 

たまにはお団子と一緒に月見酒を楽しむのもいいかもしれませんね。

せっかく静かな夜なので一人で過ごすのもいいですし、

友人や家族と楽しく過ごすのもいいかもしれません。