今年の十五夜は何月何日?2016年のお月見の楽しみ方

 

夏が過ぎて秋になるとお月見がありますね。

知らない人はいないくらい誰もが知る伝統行事ですが、

2016年は何月何日なのか分からない人も多いと思います。

 

振り返ってみれば私はお月見なんて、

小学生の頃に母親が団子を作ってくれて、

実家が田舎だったので庭のすすきを取ってきて、

団子と一緒に縁側に飾った記憶くらいです。

 

また十五夜の意味やその由来についてご存知でしょうか。

そしてなぜお月見にお供えものをする必要があるのでしょうか。

十五夜の他に十三夜や十日夜の3月見についてなど、

お月見の意味を知ってより楽しめるためにご紹介したいと思います。

 

十五夜の意味とその由来について

 

十五夜とはお月見とも呼ばれてますが、

別の言い方では「中秋の名月(ちゅうしゅう)」とも呼ばれています。

意外と知らない方も多いのではないでしょうか。

 

また十五夜とは満月のことを意味しています。

満月は1年に12回あるのをご存知でしょうか?

それからうるう年がある年は13回あると言われています。

ではなぜ十五夜を満月と言うのでしょうか。

 

それは新月から満月になるまでが約15日かかるからです。

 

なので十五夜というのですね。

ではこの十五夜の由来は何なのでしょう。

それは中国の唐時代の観月宴「中秋節」に由来しています。

日本には平安時代になってから伝わってきたそうです。

 

元々は旧暦の8月15日の夜のことでした。

また中秋の名月とはこの旧暦の8月15日のことで、

7月を初秋、8月を中秋、9月を晩秋と呼んでいたことから、

今の9月に行われるようになってからも中秋と呼ばれています。

 

だけど実際の中秋の名月は満月であるとは限りません。

その理由は月の軌道が楕円になっているので、

一定の周期で月が満ち欠けしないのです。

そして旧暦では月の満ち欠けで日付を決めていました。

ですが新暦になってからは地球の公転を基準にしたため、

毎年の中秋の名月は違う日にちにとなっています。

 

なぜお供えものをする必要があるの?

 

またお月見と言えばお供えものですね。

ではなぜお供えものをする必要があるのでしょう。

それは月を見て風雅を楽しむというものではなく、

 

月を神様として信仰の対象であったからです。

 

そしてその月の神様に作物の収穫を感謝する意味として、

お団子をお供えするという理由なのです。

お団子はお米から作った粉で作ります。

そして15個なのは満月になるのが15日だからです。

 

さらにお団子が丸い形をしているのにも理由があります。

もうお分かりかもしれませんが満月は丸い形をしているからです。

スポンサーリンク

他には豊作祈願や感謝、健康祈願、幸福の意味もあります。

 

またお団子の大きさにも理由があり、

十五夜にちなんで一寸五分(約4.5㎝)の大きさにすることで、

縁起がいいとされていますが実は真ん丸の形は御法度なのです。

真ん丸にすると亡くなった人へのお供えを意味するので、

少しだけ潰して作るというのが習わしとなっています。

 

十三夜と十日夜について

 

また十五夜だけがお月見ではありません。

他には十三夜と十日夜と呼ばれる行事もあります。

十三夜とは旧暦で9月13日のことを差します。

そして新暦になってからは10月13日ではなく、

十五夜と同じく毎年日付が変かします。

 

中秋の名月から約1ヶ月後に巡ってくる十三夜のお月見は、

お団子ではなく栗や枝豆をお供えすることから、

別の言い方では「栗名月」や「豆名月」とも言います。

 

十日夜とは「とおかんや」と読みます。

十日夜は旧暦10月10日に行われる収穫祭のことです。

これは東日本を中心に行われている行事です。

 

稲刈りが終わって田んぼの神様が山に帰る日とされており、

稲の収穫を祝ってお餅をついて食べます。

またかかしは田んぼの神様なのだそうです。

そしてもぐらは作物にいたずらをすることから、

追い払うために稲の茎をたばねた「わら鉄砲」や「わらづと」で、

地面を叩きながら唱えごとをして追い払うそうです。

 

なぜすすき?なぜうさぎ?

 

ではなぜすすきを飾るのでしょう。

それはすすきが稲に似ているからです。

稲はお月見の前に収穫してしてしまうので、

その代わりにすすきで代用するようになりました。

 

すすきは月の神様を招く目印とされており、

またすすきには魔除けになると信じられており、

お供えとして使ったすすきは処分することはせず、

小屋に吊るしたり置いておくことで、

1年間無病息災で過ごすことを習わしとしてました。

 

ではもうひとつのうさぎはどんな意味があるのでしょう。

よく月の上で餅をつくうさぎなんかをテレビで観たりしませんか?

月にうさぎがいるというのは昔から語られている伝承でもあります。

 

これにはちょっと悲しいうさぎの伝説があり、

昔、猿と狐とうさぎが一緒に暮らしていたところに、

お腹を空かせて死にそうな老人が訪ねてきたそうです。

そこで猿は山で木の実をとってきて狐は川で魚をとってきました。

だけどうさぎだけは何もとってくることができませんでした。

そこでうさぎは「私を食べてください」と言って日の中に飛び込み、

自分の身を老人に捧げたそうです。

 

だけどその老人は帝釈天(たいしゃくてん)という神様で、

この3匹を試そうとしたそうです。

そこで帝釈天はうさぎを哀れんで月の中に蘇らせたそうです。

以上の理由から月にうさぎが出てくるようになったそうです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

2016年、今年の十五夜は9月15日となっています。

2017年は10月4日、2018年は9月24日だそうです。

 

日本には様々な行事がありますが、

その内容についてはそれぞれ深い意味があります。

だけど私たちはあまり深くそんなことを考えることはないですね。

たまには行事の意味や由来など知ってみるのもよいのではないでしょうか。