今付き合っている彼が自分以外の女とこっそり会っている・・・

そんな疑いを感じてしまうと落ち着いていられないですね。

何かやましいことをしているのではないかと思ってしまい、

何もかも嫌になってしまうのは当たり前のことです。

 

元カノに会おうとする男性の心理を知りたくありませんか?

 

そして、その会おうとする相手がよりによって元カノであれば、

その怒りや悲しさは赤の他人とは心の感じ方も変わってきます。

そもそもが以前に恋人関係にあった2人が再び会うからです。

では、そんな事態になってしまったらどうすれば良いのでしょう。

 

元カノと寄りを戻したくなる男性心理

 

世の中にしっかりした男性ばかりいれば良いですが現実には、

元カノとこっそりと何度も会っているという男性は少なからずいます。

そして、実際のところは元カノに会っていないにしても、

できるのであれば会いたいと思ってる男性は大勢いるのも事実です。

元カノとこっそり会いたがる男性心理とは一体何なのでしょう。

 

そもそも男性はいつまでも過去の恋愛を覚えているものです。

一度終わってしまった恋愛に対しての割り切るのが早い女性と比べて、

心の中で過去の恋愛を引きずってしまう男性は多いのです。

なので一度は元カノと別れて新しい彼女を作った後であっても、

ふとした瞬間にその元カノを思い出してしまうことがあるのです。

 

人の記憶とは良い思い出は時間の経過と共に美化されていき、

悪い思いでになるとその反対にどんどん悪い記憶になっていきます。

なので男性にとって元カノとの思い出には確かに別れはしたけど、

どちらかと言うと良い思い出の方がたくさんあるので美化されがちで、

今カノとケンカでもしたならそれがキッカケでふと思い出してしまい、

つい元カノこっそりと会いたがるのが密かな男性心理なのです。

 

それは言い方を変えるとロマンチストに走っている状態で、

悪く言えば未練たらしい男性だと見えてしまうことでしょう。

どちらしてもこうした心理が男性にはあるもので、

 

「あの子、今になって思うと良い子だったな・・・」

「俺、なんであんな子と別れてしまったのかな・・・」

 

といったように別れたことを惜しんでしまうものなのです。

ただ過去を思い出して後悔を感じているだけならまだ良いのですが、

美化された記憶が段々と膨らんでそこからさらに進んで、

 

「今の彼女よりも元カノの方が自分には合っていた」

「今の彼女よりも元カノの方が自分のことを愛してくれていた」

 

といったように今カノと元カノを比較してしまい、

現在の彼女に対する不満が募ってしまうと元カノともう一度会って、

やり直したいと思ってしまうと会おうとする行動に出てしまいます。

本当は何らかの理由があったから別れたはずなのに、

 

「逃がした魚は大きかった・・・」

 

といったような思考が生じてしまい、

今の彼女よりもその人のことが魅力的だったと思ってしまって、

努力して実際に会うところまで行ってしまうことがあるのです。

だけどケンカや些細ないざこざはどんな関係にもあって当然です。

だからと言って感情に身を任せて彼を責めては状況が悪化するばかりです。

別れたくないなら感情を表に出し過ぎないという意識が大切です。

 

どうしようもない性格なら付き合うこと自体を考えた方が良い

 

男性の中には浮気性が強くて気持ちを抑えられないタイプもいます。

そんな男性が元カノに会いたくなる心境が生じないようにするのは、

まず今の彼女としてのあなたがどのような工夫をしたとしても、

それはなかなか変え難いものだと心得ておくことが肝心です。

つまり、簡単に解決できるものだと思わないことです。

 

次に今カノに大きな不満があるわけではなかったり、

別れた元カノに対する未練が残っているわけではないのに、

単に遊べる相手を求めたいという気持ちもあることが、

男性心理としてあるものだと肝に銘じておくことです。

 

男性にとって違う女性と遊ぶことはスリリングな快感であり、

そこに大した意味があるというわけではないと言えます。

ではなぜ一度別れてしまった元カノを選んで会おうとするのかというと、

そういった人なら気心が知れているので口説きやすいからとか、

連絡先をすでに知っているからなどといったように、

 

要するに既に接点があるから目的を果たしやすいからです。

 

なので元カノと復縁したいなどの特別な存在ではないということで、

未練があるから会いたがる場合よりは深刻ではないことが多いです。

だからと言って安心するよりそんな男性と付き合っていること自体が、

そもそもの問題だと考えるべきだとも言えるのかもしれません。

 

このような男性は浮気がバレて一度は反省の態度をとったとしても、

またすぐに相手を見つけて浮気に走ってしまうことが多いでしょうし、

今カノと別れた後も軽い気持ちでまた会いたいと言ってくるものです。

 

良い人がかえって今の関係にヒビを入れることも

 

次に挙げるのはそういったものとは異なって、

男女の関係を求めるものではないタイプの心境についてです。

それはその人が情の深い男性だからこそとも言えるのですが、

一度別れた元カノに対して恋愛感情がなくなったとしても、

友人として力になれることがあればしてあげたいと考えたり、

親しい友人としての付き合いは続けて行きたい思いから生じる心境です。

 

そういった人は、別にやましい気持ちがあるわけではなく、

もし会ったからと言って別れた元カノとの関係も、

また今カノとの関係にも変化が生じるわけではないと思っているものの、

彼女に分かるような形で会ったら揉め事になる可能性があるため、

正直に話すことができずにこっそり会いたいと考えるわけです。

 

特に別れた後にその相手が不幸な状況に陥っていたり、

困難な問題が生じていることを知ってしまった場合などには、

元カレである自分が何とかしなければならないといった使命感や、

付き合っていた時に対したことをしてあげられなかった、

また別れる時に悪い態度をとってしまったなどの罪悪感によって、

会いたいという気持ちが大きくなることもよくあります。

 

こういった心境になる男性は良い人だとも言えますが、

今の彼女に対する配慮が欠けているとも考えられるので、

あなたとしてはどう思うかをはっきり伝えた方が良いかも知れません。

 

特に心配することもないケースも

 

最後に挙げるのは、

純粋なノスタルジーから元カノと会いたいと思ってしまう心境です。

例えば仕事で疲れて学生自体のことを懐かしく思った時や、

昔の友人と思い出話が盛り上がった時などに、

あの頃付き合っていた人は今どうしているのだろうという思いが心をよぎって、

今の彼女に心配をかけないようにこっそりと会いたいと思ってしまうのです。

この場合は一時的な感傷に過ぎないので心配することもないと言えるでしょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

元カノとこっそり会いたがる男性の心理にも、

どうしようもないタイプもいれば大丈夫なタイプもいます。

もちろん、ここで紹介した以外の場合もあるかと思います。

 

だけどやはり人間は会えば会うほど親近感が湧きます。

ある程度の距離をおいて再び会ってお互いに話してみると、

やっぱり元カノの方が自分には合ってるなんて思われたら嫌ですね。

どちらにしても元カノに会うというのは受け入れがたいものです。

彼がいつまでも元カノに会い続けるなら見切りを付けることも、

あなたが本当の恋を見つけて前に進むためには、

ひとつの選択肢として考えておくことも必要なのかもしれません。