別れた後の男性心理とは?復縁はどのタイミングですべきか

 

最近まで付き合ってた彼と別れてしまった・・・

だけど彼への気持ちがあきらめきれなくて復縁したい。

そんな別れた後に復縁するにはどうすればいいのでしょう。

それには男性心理を知ることがカギとなります。

 

人間の心とは大抵はパターンが存在します。

たとえば上司が怒った表情をしていれば不安になりますね。

このように出来事には必ずパターンが存在しますので、

彼の心の動きを理解することが重要となります。

 

別れた後に大切になるのは冷却期間

 

最初は恋人ができ、楽しい日々を過ごしていて、

休みの日はデートをして、平日、仕事の日は、電話したり、

また離れてるときはLINEや電話などを利用して連絡を取り合ったり、

お互いの近況報告など何気ない会話をするだけでも楽しいものです。

 

ですが、ちょっとしたことが原因でケンカをしてしまい、

お互いに素直になれずに最終的には別れてしまった場合には、

次第に後悔が残ってその後復縁したいと考える方もいるでしょう。

ですが、きっかけが掴めずどのタイミングで彼氏に連絡をとり、

復縁を切り出すか悩んでいるのではないでしょうか。

 

別れた後の男性の心理としては状況や内容にもよりますが、

ケンカ別れをした場合には感情的になっているため、

すぐには、連絡を取っても拒否される可能性が高いでしょう。

ある程度、お互いの距離が離れてそれぞれの気持ちが落ち着き、

冷静に別れた原因を考えることができるようになった状態を見計らって、

連絡を取るのが最もベストなタイミングと言えます。

 

つまりよく聞く「冷却期間」を設けるということです。

 

感情的な別れ方をした場合は、

あなたが後悔して復縁したと思うのと同様に彼も思うものです。

たとえ冷たい態度をとっていても素直になれない自分を責めたり、

寄りを戻したい気持ちが全くのゼロというわけではありません。

 

復縁のタイミングは意識し過ぎないこと

 

また、別れた後はお互いに連絡を取り難いことでしょう。

その場合にはお互いの共通の友人がいると力強い味方となります。

友人に頼んで彼の様子やあなたに対する彼の気持ちなど、

彼の様子や気持ちを確認することができるからです。

 

また残念ながら彼があなたに対して興味をなくすこともあります。

もし拒絶に近い状態ならば復縁することは少し難しいでしょう。

ですが彼が気遣いや様子が気になるような素振りがある場合には、

きっかけさえあればまた元の関係に戻れる可能性は非常に高いです。

 

また復縁のタイミングとして重要なことは、

あまりタイミングばかりを強く意識すると慎重になり過ぎて、

その間に彼に別の彼女ができてしまうことがあります。

そのため、あまり長期間連絡を取らずにいるのも手遅れ状態になり、

彼に恋人ができてしまって復縁の可能性が絶たれてしまいます。

タイミングを意識し過ぎて長期間様子を伺うと行動できなくなって、

他の女性に奪われてしまうリスクも頭に入れておく必要があります。

 

別れた後の男性心理

 

また、別れた後の男性の心理としては、

スポンサーリンク

一時的な感情に流されただけならば冷静さを取り戻せば、

別れた恋人のことが段々と気になりだすものです。

 

だけどここで男性心理が邪魔をするのです。

男性は自分から連絡を入れるのはプライドが邪魔をしてしまいます。

そうこうしているうちにきっかけが掴めず仕舞いの日々を過ごし、

もやもやとした精神状態で過ごしていることが多いものです。

 

こうした状況で彼氏の方に問題があって別れてしまったという場合は、

後々彼自身の方から連絡を取ってくる可能性もゼロではありません。

この場合は男のプライドよりも復縁した気持ちが勝っているからです。

感情的になって言い合いになってケンカ別れしてしまったけれど、

冷静に考えたら自分の方が悪かったとしっかりと反省しているようならば、

あなたも元の関係に戻りたいという気持ちがあるならば、

彼を受け入れて元の恋人関係に戻るといいでしょう。

 

別れの原因が自分にある場合は?

 

別のパターンとしてあなたが原因だった場合には、

彼から連絡が来るということはなかなか期待することはできません。

それはよほどあなたに対して好きという気持ちがある場合には、

彼から連絡をしてくることは十分に考えられることなのですが、

よほどのことがない限りは彼からの復縁はかなり低いでしょう。

あなたが原因の場合は素直に悪かった部分を反省して彼に素直に謝り、

元の関係に戻りたいと素直に反省していることを伝えることが大切です。

 

ある程度、お互いが精神的に落ち着いた時期を見計らって、

十分に冷却期間を設けてから彼に連絡を取るようにしましょう。

また彼との会話からあなたに対して不満や怒りなどを感じる場合には、

彼の言い分などをある程度聞き入れる覚悟を持つことが重要です。

そしてどのようにしたら彼に許してもらえるのかを聞いて、

彼の言い分を受け入れられるならば受け入れるようにしましょう。

 

また彼が冷静に話ができる状態になっているなら、

あなたからどこか落ち着ける場所を指定して、

直接会って話し合うという手段に出てもいいでしょう。

電話より直接話した方が良いですし電話に出てくれるということは、

ある程度はあなたに対してまだ気持ちを残している可能性もあり、

もし、あなたに対して気持ちもなく関心を失っていれば、

連絡をしたとしても電話に出ることもないはずだからです。

 

このことから連絡が繋がるということは、

まだ可能性としては十分に残っていると言えるでしょう。

ただし状況にもよりますがあくまで可能性があるということです。

慎重になって彼を思いやることも忘れないようにしましょう。

高圧的な物言いやちょっと拗ねたり素直じゃない言動をとると、

かえって彼の反感を買うことになるので我慢が大切です。

 

本気で復縁したいなら直接会って気持ちを伝えること

 

いかがでしたでしょうか。

あなたに対して好意を抱いている男性ならば、

拗ねた態度が可愛いと受け入れられることでしょう。

ですが一度付き合ってから離れてしまった状態なのです。

素直でない言動は彼にとってはマイナスイメージにしかなりません。

 

彼と復縁をしたいと本気で思うならば、

お互いが素直な気持ちを伝えることが最も重要です。

それは電話でも気持ちを伝えることもできるでしょう。

だけど電話は連絡の手段として直接合う機会を作り、

 

雰囲気を肌で感じられる状況で気持ちを伝えるべきです。

 

しっかりとお互いの気持ち、不満、そしてこれからどうしたいかを伝え合い、

わだかまりをなくし、元の関係に戻れるように行動していきましょう。