男性心理を理解してメールでさり気なく好意を抱かせる内容

 

現代の恋愛ではメールやLINEなどのツールが必須です。

なのでメールをうまく活用して男性との距離を縮める重要となります。

そこで男性心理を知った上でメールで好意を抱かせる内容を送ること、

ただ、何も考えずに送っていてはライバルに追い越されかねないのです。

 

今や誰でもスマートフォンを持っている時代ですから、

相手の顔の見えないコミュニケーションツールは当たり前ですね。

しかし、顔が見えないからこその落とし穴もありますし、

当然、その逆に恋を進展させるチャンスも眠っているのです。

 

男性は女性のどこを見て評価するのか?

 

普段どのようなメールやLINEでやりとりをしているでしょうか。

毎日、当たり前にやっていることだからこそ見落としがちなことも多く、

せっかく気になる異性に好意を抱いてもらえる機会でもあるのですが、

何も考えないメールでチャンスを無駄にしている女性は意外と多いです。

では、どうすればスマートフォン1つだけでで好意を抱かせられるのか、

 

それは男性心理を理解すればそれは意外なほど簡単なことなのです。

 

そこで今すぐにできるテクニックとしては、

まず初歩中の初歩ですが適度に絵文字や顔文字を使うことです。

これを面倒臭がって殺風景な文章で済ませる女性もいますが、

あるいはプライドが邪魔してできないという場合もありますが、

相手の顔が見えない状態で何も装飾のない文章を読ませるのは、

あなた自身を男性に冷たい印象を抱かせることに他なりません。

何も一文ごと単語ごとに絵文字を入れたりする必要はありません。

 

文章の終わりにさり気なく入れておけば良いのです。

あまり絵文字を使わない人でも短文で返さざるを得ないときでも、

絵文字が最後にあるだけで相手に与える印象は随分変わります。

男性は自分に対する対応から女性の反応を敏感に伺うものです。

そこでどんな絵文字や顔文字を入れたらいいのか迷うかもしれませんが、

実は絵文字や顔文字そのものにあまり重要な意味はありません。

 

それを文章に挿入するだけの「手間」を男性は評価するのです。

 

なぜなら、それだけ自分に対して思いを持ってくれたと判断するからです。

男性にとって女性とはある意味、未知の存在のようなものです。

なので表面的な態度や行動でどうしても判断しざるを得ないのです。

あなたも知らない人とは態度や言葉などで他人を判断しませんか?

これは無意識に行ってしまうことなのでここを意識することが重要です。

 

男性の満足感を満たす内容がカギ

 

好きな男性とはなかなか思った通りに会話が続かない・・・

実際の会話でもメールの内容でもこのことに悩んでしまいますね。

気になる男性にメールする際は言い切りで会話を終わらせないことです。

そこで、よく「質問形」にして会話を続けることが大切だと言われますが、

 

その本質は男性が反応しやすい投げ掛けを心がけるということです。

 

つまり、どういう内容なら返事がかえってきやすいかということです。

自分の言いたい聞きたいことより男性の話したいことは何かを考えるのです。

何よりも男性は女性以上に面倒臭がりだということを忘れてはいけません。

男性は自分が反応しようがないメールが続いてしまうと簡単に飽きます。

スポンサーリンク

すると盛り上がらないままその男性との会話は自然消滅してしまいます。

 

質問形と言っても男性の興味ない質問ばかりしても飽きられるので、

質問形が難しいときは迷っていることや悩んでいることでも良いでしょう。

男性は意外と女性に悩みの相談をされると内心では嬉しく思うのです。

なぜなら、女性に頼られることに満足する生き物だからです。

 

男性は頼られることに満足感を覚え、自己重要感を満たせるのです。

 

あなたにその男性に悩みを解決してもらうつもりがなくても、

彼と距離を縮めたい場合は一度試してみてもらいたい方法です。

相談相手として信頼する姿勢を見せることで距離をグッと縮められます。

これは接近するチャンスとして非常に有効な手段のひとつなのです。

男性のあなたに対する緊張感がガラっと緩和する方法です。

 

男性は親近感を抱くと一気に心を開いてくれる

 

これは電話や普段の会話でも使えるテクニックなのですが、

挨拶などのときに相手の名前を呼んであげると親近感が生まれます。

それを聞くと「そんなことで~」と思うかもしれませんが、

これが意外と相手の心に響くほど男性心理においても盲点なのです。

なぜなら、水商売の女性が使っているテクニックだからです。

常連のお客にするために必ず名前で呼んで親近感を抱かせます。

 

たとえばお店に迎え入れるとき、帰り際お店の外で見送るとき、

彼女たちは必ず挨拶の前後に相手の名前を入れて、

 

「いらっしゃいません、~さん」

「~さん、またお越しくださいませ」

 

などと必ず名前を入れて呼び掛けています。

心理的には続けることで男性の自尊心をくすぐるテクニックですが、

このテクニックはメールやLINEでもにもそのまま使えるのです。

これは社会人として人間に良い印象を与えるためにも有効な方法です。

 

またここからは少し応用的な方法になりますが、

メールに「緩急」をつけるというテクニックがあります。

男性は減点方式、女性は加点方式などとよく言われますが、

これは何も恋人関係に限っただけの話ではないのです。

 

男性は少なからず好意を持っている女性だとわかれば、

男性によっては女性を軽んじ始めることもあるでしょう。

毎日連絡をしている相手から返信が遅くなってきたり、

会話の内容が急にそっけない態度になってしまったり、

そういう対応を男性からされた女性は少なくないはずです。

そんなときは、あえて一切連絡を取らなかったり、

連絡がきてもしばらくの間無視してみたり、

 

つまり、緩急をつけるとは「駆け引き」するということです。

 

我慢と根気のいる作戦ですが、

男性のあなたに対する気持ちや関心の高さを確かめる手段にもなります。

男性の中であなたの存在が大きければ、必ず無効から連絡が来るはずです。

 

男性心理をちょっとくすぐるだけ

 

ここまでいくつかのテクニックを紹介してきましたが、

どれも共通するのは「ちょっとした心がけ」が大事だということです。

男性から好意を獲得するのに、特別な知識や技術は一切必要ありません。

 

容姿以外の要素でモテる女性というのは、

必ず今回紹介したような小さなことに気を使って

異性を気持ち良くさせる方法を知っています。

意識せずにそれをできる女性もいるでしょう。

 

あなたがそのどちらでもないなら、

今一度自分が普段男性と連絡を取っているときの言動を見直してみることです。

メールは今や誰にとっても普遍的な連絡手段ですから、

異性との顔の見えないコミュニケーションで損をしないだけではなく、

ほんの少しの気遣いや心配りをするだけで、

友人関係や仕事の関係でも良い影響を与えることができるかもしれません。