男性心理を理解してメールの頻度で脈ありを確かめるには?

 

仲良くなりたい男性とは何かで繋がりたいと思いますよね。

そこでLINEやメールなどのツールを活用するのが今の時代の恋愛です。

そこでメールの頻度で脈ありかどうかをある程度見極めることができます。

 

まだ友達以上恋人未満の状態なら彼があなたのことをどう思っているのか?

そこのところは何よりも気になるところではないでしょうか。

実は他の女の子に興味を持ってたなんて後から知りたくないですよね。

そこでメールの頻度で見極める男性心理についてお伝えします。

 

男性と女性のコミュニケーションの違い

 

基本的に女性は頻繁に友達同士などでメールやLINEをやり取りしますが、

一方で男性の場合だとマメに返信する人は非常に少ないのが現実です。

なので男性からすると女性がすぐに返信してくるのを感じると、

その反応の早さからギャップに戸惑うことが多々あるようです。

ではなぜ、男性と女性とで違った感性になっているかと言うと、

女性は重要な連絡がなかったとしても頻繁にやり取りをするのは、

 

お互いの気持ちの確かめ合って共有したいという思いがあるからです。

 

これは友人関係だけではなく恋人関係にも同じことが言えますね。

なので大切だと思う彼に対してもマメに連絡を取りたいと思うものです。

なので何も連絡しないままだと徐々に不安を感じるようになってしまい、

いてもたってもいられずに頻繁に連絡をするようになるのです。

 

一方の男性しては連絡を取らなくても友人関係に影響がない、

重要な連絡だけすればいいといったくらいにしか思ってません。

なのでお互いの繋がりを大事にして気持ちの共有を求め合うより、

この内容を送ることでどのように相手に影響を与えるだろうかという、

 

人間関係に影響があるかどうかで判断している部分が大きいのです。

 

なのでメールにおける男性心理として頻繁にやり取りしてくれる場合は、

たとえ重要ではないものでもキッチリと返信してくれる男性は人間関係を構築したい、

良い方向に影響させたいといった部分が見えているので脈ありとも言えるのです。

 

これを知っておかないとトラブルになる男性心理

 

また恋人同士になってしまえば男性は安心してしまいます。

なのでマメに連絡しなくても大丈夫といった男性心理が働いてしまい、

付き合う以前のような頻繁な連絡が途絶えてしまうことがあります。

 

そんなこと女性から見れば突然に連絡が来なくなってしまうので、

そっけなく感じたりとか、好きではなくなったのかもしれないとか、

いろんな不安を覚えるかもしれませんが男性の立場からすれば、

それほど珍しいことではなく多少連絡が遅くなっても恋人同士だし、

連絡してもしなくても気持ちは変わらないので問題はないだろう・・・

このように思ってしまうのでメールやLINEの頻度は下がってしまいます。

男性と女性とでは、こうしたお互いの気持ちのギャップがあるのです。

 

こうした男性心理を理解した上で関わっていくことを意識しなければ、

些細なことから大きなトラブルに発展してしまうケースがよくあります。

最初の付き合ったばかりのときや、また付き合う前の脈ありの段階だと、

どんな男性であっても頻繁にメールやLINEでの連絡はしてくれます。

だけど安心をしてしまうと連絡の頻度は下がるのが男性心理なのです。

 

女性の立場からすると連絡をしないと不安といった気持ちもありますが、

男性であっても恋愛のはじめの段階だと緊張や不安などもの気持ちがあり、

そうしたドキドキした気持ちを抑えるためにもメールをするのです。

だけどいざ付き合いだしたり、関係が上手く行ったりすると、

男性は安心感を覚えて今まで持っていたい緊張が解消されていき、

その代わりに安心感が増すにつれて連絡の頻度が下がっていきます。

 

男性心理を理解した上でメールではどのように送るべきか?

 

ここでもう冷めてしまったのかと問い詰めたり、

催促したりしてしまうと逆効果になってしまう危険性があります。

なぜなら、男性からしたら「急にどうした」?という感じになったり、

せっかちな人だったのかと思われたりして誤解されてしまうので、

 

だからこそ男性心理を視界した上で行動することが大事となります。

 

基本的に男性はマメな人の方が珍しく無頓着な人が多いですから、

どうしても不安に感じる場合はストレートに気持ちをぶつけて、

あなたの素直な思いを伝えて相手の気持ちを聞いた方が早いです。

このように男性は自分から連絡をすることは少なく受け身になりがちです。

そういったときに女性の立場だとたくさん連絡をしたくなってきますし、

気持ちが溢れて思わず長文を送ってしまいたくもなるかと思います。

 

だけど男性からしてもいきなり長文のメッセージを送られてしまうと、

面倒臭いと感じて返信することをためらうようになってしまうでしょう。

なので相手に合わせた連絡の取り方や送る頻度が重要になります。

こうした状況では男性から連絡が来るのは珍しいかもしれませんが、

こちらから返信をするときには長文や頻度に注意する必要があります。

 

そして返信がきた場合に質問の内容があるかどうかを確認しまして、

内容に質問があれば、それに対して返信をする程度にしましょう。

もし質問がない場合だと話を膨らませて会話を続けたいと思いがちですが、

別の話題を作って返信しようとしてもあまり良い反応は期待できません。

 

返信が来たことに対しての挨拶などを入れて短文で送れば良いのです。

 

こうなっくると次に連絡するのが難しく感じてしまうかもしれませんが、

少し時間を空けて違った話題で連絡をする方がかえって関係を保てます。

つまりお互いの気持ちを冷却する時間が必要だということなのです。

この時に相手の男性がメールをするのが遅いといった反応があるようなら、

気に掛けてくれている証拠なので脈ありと言えるでしょう。

 

メールの頻度や内容次第でどっちにも転ぶ

 

頻繁に連絡されるとうざったいと感じるものですが、

突然連絡が来なくなったり、返信が遅くなったりすると、

どうしても相手のことが気になってしまうものですね。

どうしたのかなと気遣いの気持ちが芽生えたりするので、

逆に恋愛のテクニックとしても覚えておいた方が良いでしょう。

 

このようにメールの出し方や返信の仕方、

相手の男性とのやり取りの方法によって、

気があるかどうかを確かめることもできますし、

上手く工夫することによって関心を向けさせることができます。

 

基本的に男性は億劫な方が多いので、

やり取りが頻繁にあればあるほど脈ありの可能性が高く、

ある程度仲良くなって連絡が来なくなっても、

冷めたのではないといったことを覚えておいたら大丈夫です。

 

昔から男性心理として釣った魚には餌をやらないといった言葉があります。

仲良くなればなるほど安心しますので上手く考えてあげると良いでしょう。

こちらから連絡する場合も頻度を考えずに連絡するのではなく間を置いて、

相手にも考える時間を与えることによって自分のペースに持ち込むことができます。