AB型男性が好きな人にとる10の態度!二重人格の秘密

 

掴みどころがなく正体が謎に包まれている・・・

AB型は割合としても10%と少ないのも重なり、

また二重人格とも言われるようにころっと性格が変わったり、

どのように付き合っていいか分からないことがありますね。

そんなAB型男性が好きな人にどんな態度をとるのでしょう。

 

AB型男性のことが気になる女性にとっては、

少しでも彼の心を掴むためのヒントが欲しいものですね。

しかし、どんな性格でもある種の傾向みたいなものがあります。

今回は、そんなAB型男性の傾向について紹介します。

 

1、好きな人の中身を褒める

 

AB型男性は女性の外見より中身を褒める傾向があります。

性格の部分を褒めることでよく見ていることを伝えたいのです。

なので「まっすぐ見てくれる」とか「合わせてくれる」など、

その人の人柄で良い部分を見つけて褒めようとします。

 

あなたがよく褒められるのであれば脈ありと言えます。

普段は知的でクールを演じたいのであまり褒めないからです。

また賢い女性を好む傾向が強いので彼から褒められる内容が、

「賢い」や「頭がいい」などの知的な内容に関する褒め言葉なら、

それは、ほぼあなたに好意を抱いている傾向が強いでしょう。

 

2、誘うときは遠回しで分かり難い

 

AB型男性はなるべく物事を客観的に見ようとします。

基本的に物事の状況を整理して分析する性格を持ってるからです。

そんな冷静な性格を持ち合わせているのが理由で、

 

「よし、この女性なら大丈夫!」

 

と自分に確信が持てない限りは誘いには踏み切れません。

よくありがちな考え過ぎるタイプが多いとも言えるでしょう。

なのでせっかく素敵な女性に巡り合えたとしても他の男性に奪われ、

なかなか彼女ができずに独りでいることが多かったりもします。

 

3、苦手なタイプは自分からは全く話し掛けない

 

誰だって苦手なタイプは自分から話し掛けないと思います。

しかし、仕事や付き合いで仕方がない場合などのように、

話し掛ける必要があるときは自分から行動するものですね。

 

だけどAB型男性はそれでも自分からは話し掛けません。

なので好きな人と嫌いな人を見分けるのは至って簡単です。

あなたに話し掛けるようなら少なくとも心を許しています。

そもそも基本的に他人と会話をすることが苦手な性格だからです。

 

4、好きな人の前だと機嫌が悪くても優しい

 

AB型男性はよく気分屋な性格とも言われます。

今まで興味のあることにひたすら集中していたかと思えば、

次の瞬間には全くの別のことにしていたりするからです。

なのでよく二重人格などと言われたりもします。

 

そんな性格でも好きな人への態度に一貫する部分もあります。

それは好きな人の前では優しく接するようにしていることです。

なぜなら、嫌われることが何よりも嫌だと思っているからです。

なので自分が受け入れている姿勢を示すことでアピールします。

 

5、AB型男性は普通の人を演じたがる

 

AB型男性はなるべく普通の人を演じたがります。

なぜなら世の中のイメージが”変わってる”と思われてるからです。

そしてそのイメージに対してあまり良くは思っていないからです。

なので自分の血液型を言うときも少し戸惑いがあったりします。

 

特に好きな人の前では普通を演じる傾向が強いです。

項目4でもお伝えしたように嫌われることを怖れているので、

スポンサーリンク

付き合い辛いと感じさせないように意識してしまうからです。

だけどここを上手くフォローしてあげれば一気に発展します。

恋に奥手な性格でもチャンスを掴めば一気に盛り上がります。

 

6、好きを演じてアピールする

 

AB型男性は家族、友人、会社の付き合い、

それぞれに合った接し方を考えて行動や言葉にします。

そこのところが二重人格や多重人格と言われる由縁でもあります。

だけどそれは冷静に分析をしての結果でもあるのです。

 

それは好きな人の前だと好きという態度を演じようとします。

演じると聞くとあまり聞こえはよくないかもしれませんが、

急に舞い上がったり普段しない行動をとってみたりと、

あなたが好きだからこそ好きを演じようとしてしまうのです。

 

7、好きな人にはちゃんと怒ったりする

 

AB型男性は争いを好まない平和主義者です。

そして他人のことにあまり興味や関心を持ちません。

なので感情表現でも怒りや憎しみは特に表には出さないのです。

ましてや他人のために怒るなんてこともしません。

 

ところが好きな人の場合は話は別になります。

好きだからこそ心配したりいけないことやダメな部分を伝えたい。

そんな思いからときには怒るという態度が出たりします。

自分の感情を滅多に表に出さない性格なので特別なのです。

 

8、情熱的より知的な雰囲気を出す

 

B型やO型は恋愛に対して情熱的な印象が強いですが、

AB型男性の場合は逆に知的でクールさを演出したがります。

言い換えると大人の恋愛をイメージしているとも言えます。

なので依存し合うような関係を嫌う傾向もあります。

いつもべったりと一緒に居るよりはある程度の距離感を求めます。

 

そして知的でクールな印象を持つ人が多いのですが、

それは本人自体がそのように見られたいと思っているからです。

なので恋愛でも情熱的よりも知的な雰囲気に見られたいのです。

ただし、恋愛ではあまり駆け引きを好むわけではありません。

 

9、近寄り難いオーラが出てしまう

 

相手に知的でクールな印象を与えたいので、

AB型男性は何となく近寄り難いオーラを感じてしまいます。

あなたも何となく近づけないなぁと感じないでしょうか。

それはあまり他人との馴れ合いが好きじゃないのもあります。

 

好きな人にも馴れ合いが好きだと見られたくないのです。

どちらかと言うとクールな一匹狼に見られたいと思っています。

これも好きというのを演出しているひとつになります。

チャラいイメージを持たれることが何よりも嫌いだからです。

 

10、何よりも独特の世界観を持っている

 

AB型男性と言えば理想主義でもあります。

それ故、自分の世界観をもっている傾向が強いと言えます。

それは恋愛においても理想を追い求めてしまうのです。

 

特に男性は目からの情報を中心に相手を判断します。

なので服装やメイクなど外見を彼の理想に近づけることで、

彼から見て理想の恋愛に近いと思わせることが大切です。

実は理想に合わせて少しずつ距離を縮めることが効果的なのです。

 

A型とB型の要素が全体的に二重人格として出る

 

いかがでしたでしょうか。

基本的にAB型男性はA型とB型の要素があるので、

二重人格とか多重人格などと言われてしまいます。

今回紹介した内容でもそんな要素が顔を出したりもします。

また恋愛の傾向としては非常に分かり難いアプローチをします。

 

「え、もしかしてさっきのって!?」

 

と思ったのは大抵はアプローチしてたと言えるでしょう。

まだ直後に気付く場合はいいかもしれませんが、

運が悪ければずっと気付かないままだったりします。

そしてそのまま恋が冷めてしまうことにもなりかねません。

なのでしっかりと彼を意識してアンテナを貼っておくことです。

あなたの観察力をしっかりと磨いていきましょう。