京都 紅葉 見頃 いつ

 

私の友人には京都の紅葉を見に行っていう人が多いんですが、「京都の紅葉っていつ頃がベストなタイミングなの?」とよく訊かれます。確かに京都に住んでいない人なら気になるところですよね。

だって、タイミングが合わなくて、美しい紅葉が見られなかったということにもなりますからね。

 

そこで今年の京都の紅葉の見頃はいつがベストなのかをお伝えしたいと思います。私は元々京都に住んでたのでぜひ参考になればと思います。

 

紅葉のスタートは山から街へと移る

 

北の方から紅葉は始まるというイメージを多くの人は考えているようですが、実は必ずしもそうとは限らないのです。木の種類や個体差にもよるのですが、鍵になるのは気温です。

 

最低気温が7度以下になると紅葉は始まり、5~6度になると一気に色づきが進むと言われています。北の方から紅葉が始まるというよりも標高が高いところから紅葉が始まるということが正解なのです。

京都の紅葉は比叡山方面から始まり、洛中や洛南の方へと進んでいくのです。ち

 

なみに色づきの良さは冷え込みと太陽光に関係していて、盆地である京都は朝晩の冷え込みの差が大きいので、発色のいい紅葉になるのです。だからこそ、国内外の観光客に大人気なんですね。

 

見頃に合わせる紅葉名所の特別拝観やライトアップに注目

 

日本各地はおろか、世界中の人がその美しさを見たくて秋の京都を目指します。

春の桜の京都もステキだけれど、さまざまな色に染まる秋の京都はもっとステキ。そして京都を訪れる人々をもっと楽しませるために、特別拝観やライトアップでもてなしてくれるお寺などがたくさんあります!一番美しい時期にだからこそ行うイベントです。

 

この季節じゃないと見ることが出来ない場所や、昼の表情とは違う、幻想的な光に照らされた最高に美しい紅葉に出会えるのです。

特別拝観やライトアップの予定などしっかりチェックして出掛けてみましょう。

 

結局のところ京都の紅葉の見頃っていつ?

京都 紅葉 見頃 いつ

 

今年の紅葉の名所の特別公開は10/1(月)から始まった銀閣寺の特別公開を皮切りに12/9(日)の高台寺・圓徳院で終了(他にもあるので要注意)になります。

約2ヶ月間特別公開やライトアップが行われますので、お好きな時を選んで行けます。

 

ということで、お天気にもよるのですが、今年の紅葉のベストタイミングは11月の3週目と勤労感謝の日前後の三連休あたりなのではないでしょうか。

これはあくまでも私の個人的な見解でもありますから、きちんと天気予報で冷え込み具合や紅葉情報を集めるようにしてくださいね。

 

11月は必ずどこかで紅葉は楽しめる

 

「でも、11月の3週目あたりが見頃っていうけれど、行く所によって見頃は違うんじゃないの?」とこれまたツッコミが入りそうですが(笑)そうなんです、京都をエリア分けすると確かに違うんです。

ここで私がお伝えしたいのは「見頃終了はいつなのか?」ということ。あくまでも「ざっくり」ですが参考までにお伝えします。

 

京都の紅葉は比叡山方面から始まると言いましたが、比叡山を含む洛北エリアの紅葉は11月初旬頃から始まり、勤労感謝の日前後の三連休には見頃が過ぎてしまいます。

洛東(清水寺)・洛中(北野天満宮)・洛西(嵐山※但し、標高が高い神護寺などは11月10日前後が見頃)などは三連休辺りが見頃のピーク、そして洛南(醍醐寺)は11月末頃がピークになります。

ですから、11月に入れば紅葉は必ずどこかで始まっていて、11月末までは必ずどこかで楽しめる、ということです。

 

見頃の幅があるので自分の予定で紅葉狩りをすることが出来るんです。そう思うと、咲いて1週間ほどで散ってしまう桜と違って、長く楽しめる、これが紅葉のいいところですね。

ただ、気をつけて欲しいのは、紅葉はあまりに冷え込んで霜などが降りると、茶色く変色してしまってキレイではなくなってしまうので、天気予報などで霜情報にも注意してみてくださいね。

霜が降りたら紅葉は終了だと思ってください。

 

散り紅葉を楽しむ

 

もし、ベストタイミングの京都の紅葉を見逃してしまったとしても、紅葉狩りにはひと味違う紅葉狩りがあります。

木についている色づいている葉っぱを眺めるだけが紅葉狩りではないと私は思うんです。

色づく木々はもちろん文句なしに美しいですが、少し違った楽しみ方もして欲しいのです。それは「散り紅葉」を鑑賞するということです。

 

紅葉上級者はむしろ散り紅葉を狙って紅葉を見に行くんです。

青モミジと散り紅葉を愛してこそ紅葉上級者です。名所のお寺などではむしろ散った紅葉を片付けずに、山門や庭にそのままにして置きます。

こうしたお寺は穴場と呼ばれるお寺だったりしますから、紅葉上級者のあなたにはピッタリだと思います。

 

秋の色づきだけが京都の紅葉の楽しみ方ではない

本日のまとめ:

  • 紅葉のスタートは山から、そして街へ
  • 見頃に合わせる紅葉名所の特別拝観やライトアップに注目!!
  • ということで…
  • 11月は必ずどこかで紅葉は楽しめる
  • 散り紅葉を楽しむ

 

以上、今年の京都の紅葉の見頃はいつがベストなのか?というテーマでをお伝えしました。

先ほどもお伝えしたように散り紅葉を楽しむということもできますので、ぜひ考えて頂ければと思います。