京都 紅葉 穴場 ライトアップ

 

紅葉シーズンがやってきましたね。紅葉と言えばなんといっても京都です。「京都の紅葉」っていうだけでテンションが上がる人も多いです。それに元京都人から見て今年の京都の紅葉は近年稀に見る美しさになりそうです。

なぜなら長い間京都に住んで毎年紅葉を見続けてきた私だからこそ分かるんですね。。理由は今年っていつもより猛暑だったことです。そこから秋に入って急激に冷え込んだからです。この寒暖差こそが美しい紅葉を生み出す条件なんです。

 

紅葉の美しさが大いに期待出来そうな今年の京都の紅葉ですが、昼以外に夜のライトアップも楽しみたいって思ってませんか?そんなあなたに元京都人のおすすめのライトアップの穴場をご紹介します。

「えー、でも、京都の紅葉って有名だから穴場ってめちゃ混んでて面倒なんじゃないの?」と心配な気持ちもあるかもしれませんね。けどそこは大丈夫です。ご安心してください。

 

というのも京都市内各地で行われている紅葉のライトアップは、私自身が全部実際に足を運んでそれぞれの事情を肌で実感しています。そんな元京都人の私だからこそ分かる穴場を見つけるコツや、厳選したライトアップの名所をご紹介しますので、ぜひ最後まで読んで頂きたいと思います。

 

1、某鉄道旅客会社の秋のキャンペーンに取り上げられている名所はあえてハズす

 

京都の紅葉で最も人が集まるには理由があります。「そうだ京都、行こう。」なんてキャンペーンを打っているものだから、ほとんどの人はネット上のサイトを参考に京都に訪れる人達ばかりなんですね。

だからネットで紹介してある観光名所は、ものすごく混んでしまうんです。なので混んでない場所というのは、取り上げられていないところに行けばいいんですよ。そうなると知っている人しか行くことができないわけですが、そこで元々京都に住んでいた私だからこそお伝えできる内容があるんですね。

 

2、アクセスしやすい名所とアクセスしにくい名所

 

人が少ないところでライトアップされた紅葉を独り占めしたい!SNS映えする写真が撮ってちょっとだけ自慢がしたい!そう思っている人が多いと思います。

一人で行くのもいいですし、好きな人と一緒に行くのも雰囲気があるのでいいですよね!だけど考えることはみんな同じで、めっちゃ張り切って開門時間前から並んでいる多くの人を見かけます。けど京都に長年住んでたからこそ分かりますが、それだと結構時間を無駄にしてしまうんですね。

 

というのもそういう場所は中に入るまでに1時間から2時間は平気で待つのはザラなんです。外で1時間以上も待たされるのって結構辛いものですよ。それに日によっては寒かったりしますし・・・。

なので穴場を見つけるコツとしては、アクセスしやすい場所で比較的人出が少なそうな場所と郊外で少し行きにくそうな場所に注目することをオススメなんです。

 

3、どうせなら2ヵ所行ってみよう

 

人気スポットは中に入るまでに1時間から2時間は待つのは当たり前のようになってます。せっかく楽しみにしてたライトアップなのに疲れて早く帰りたいと思ってしまうのも残念なところですよね。

京都の紅葉の選択としては人が集まる最も有名なところに行くか、それともアクセスしやすい場所で比較的人出が少なそうな場所と郊外で少し行きにくそうな場所に絞って2ヵ所に行くかのどっちかですね。私なら後者の2ヵ所回る方を選択します。

 

4、具体的にどこが穴場なの?

 

そこで私がオススメしたいアクセス良好な場所では無鄰菴と青蓮院の組み合わせ、郊外では随心院と醍醐寺の組み合わせです(もちろん、1箇所でもいいです)

 

5、無鄰庵と青蓮院

京都 紅葉 穴場 ライトアップ

 

最寄り駅は地下鉄東西線「蹴上駅(けあげ)」、もしくは「東山駅」になります。そこから歩いて15分ほどで到着します。

ライトアップ期間ですが、無鄰庵は11/22~11/24(17:30~21:00)、青蓮院は10/26~12/2(18:00~22:00)になります。

 

無鄰庵のライトアップはたった3日間しか開催されないのでレア度バツグンですし、19:00と20:00には庭園コンシェルジュの解説付きで美しい庭園のライトアップを楽しむことが出来ます。

 

青蓮院はまず玄関付近のクスノキの巨木のライトアップで目が点になり、国宝の青不動を拝観することでさらにびっくり!そして極めつけは2つの庭園の紅葉の美しさは別格で、夜間ライトアップされた庭園は一層美しく幻想的です。この2つの名所、ゆっくり歩いてもお互い10分ほどでそれぞれ行けます。

 

6、随心院と醍醐寺

 

随心院は地下鉄東西線「小野駅」から徒歩5分ほどで到着します。ライトアップ期間は11/16~12/2(18:00~20:30)で、12月に入っても遅い紅葉を昼も夜も楽しめます。そうなんです、この随心院、決してマイナーではないのに、すぐそばに「醍醐寺」があるのでついつい穴場になっちゃうんですよね。

 

ここの紅葉は本当にキレイなのに、知らない人が多くてもったいないっていつも思っています。そう、そんな随心院の紅葉ですが、特にすごくキレイなのが、能の間の前庭にある紅葉!苔の緑と燃えるような赤!本当にキレイなんです。ぜひ見てほしいところです。

それに紅葉だけじゃなくて、御殿風の建物もすごくステキでSNS映え間違いなしです。もうひとつくらい見たいなと思ったら醍醐寺へ行ってみましょう。ゆっくり歩いても15分ほどです。

 

「醍醐寺」というと春の桜が超有名なんですが、秋の紅葉もすごいんです。ですが、秋はなぜか穴場、なんでなんだろう?(笑)11/16~12/2(18:00~20:50)までライトアップが楽しめます。醍醐寺でのライトアップは紅葉だけではなく、そびえ立つ国宝の五重塔をライトアップしたりなんかしてこれがまた超かっこいいんです。

紅葉のライトアップは弁天堂がある池、「林泉」の周辺はこの世のものとは思えないくらいの美しさなんです。春もステキだけど、秋もすごくいいのに…本当に秋は人が少ない。

 

ネットの情報を頼りにしては紅葉を楽しめない!?

本日のまとめ:

  • 某鉄道旅客会社の秋のキャンペーンには乗っからない
  • 入るのに長時間待つのは無駄
  • どうせなら効率よく行けば2箇所行ける
  • オススメは無鄰庵と青蓮院、随心院と醍醐寺の組み合わせだが、どれかひとつでも充分満足

 

確かにネットで紹介している名所などは特に有名なのでおすすめではあるんです。けどそれは時間がたっぷりある人にとって有意義となるでしょう。なぜなら待ち時間が苦にならないからです。

けど待つってほとんどの人にとっては正直苦痛なものでもあります。その待つを回避するには情報が必要なんですね。そこでこの記事を書く理由があるかなって思いました。ぜひ参考にして頂ければと思います。