京都 紅葉 東福寺

 

京都の紅葉の名所と言えば東福寺があります。どこが一番なのか気になる人は多いと思いますが東福寺は外せないと思います。

私も友人や知人に訪ねられたら東福寺をオススメのひとつとして答えますが、ここで取り上げる「東福寺」は間違いなく、京都でも三本の指に入る名所だと断言出来ます。

 

そんな東福寺の紅葉は、大勢の人が訪れるので混雑が気になるところではありますが、見るべき紅葉だと思っています。

私も何度も行っているのですが、紅葉のシーズンは特に混むのが解っていても行きたくなります。

 

そこで、気になる東福寺へのアクセス、見頃、また穴場はあるのか?などや東福寺の紅葉が持つ魅力をご紹介したいと思います。

 

東福寺ってどんなとこ?

 

摂政・九条道家が奈良最大の寺である「東大寺」の「東」と藤原氏の氏寺である「興福寺」の「福」の字を取り、「東福寺」と名付け、19年の歳月をかけて1255年に完成し、中世、近世を通じて栄えました。

その後、明治の廃仏毀釈で規模が縮小されたとはいえ、今なお25か寺の塔頭(たっちゅう)がある大寺院です。

 

紅葉の名所になったのは、その昔、ある修行僧が修行の妨げになると言って、境内の桜の木をすべて切ってしまったことに由来するそうです。

紅葉も見どころですが、大方丈庭園や三門も見どころです。

 

東福寺へのアクセス

 

JR京都駅から東福寺へは、「東福寺駅」で下車してください。

大阪方面からは京阪電鉄「鳥羽街道駅」で下車、どちらも徒歩10分ほどで、東福寺に行くことが出来ます。

京都市市バス(202・207・208系統)は、「東福寺バス停」で下車してください。

 

注意点は東福寺には駐車場がありますが、紅葉シーズンは閉鎖されるので、近隣のコインパーキングへ駐車してください(すぐ側に京都日赤がありますが、絶対に駐めないでください!病院に来た方々に迷惑が掛かります)。

駐車場が少ないことから東福寺へは電車やバスの利用がいいでしょう。

 

東福寺の紅葉の見頃はいつなのか?

 

気になる東福寺の紅葉の見ごろ時期は、例年では11月中旬~12月初旬くらいになります。

具体的には11月20日頃から12月第一週くらいまでで、勤労感謝の日あたりがピークだと思っていいでしょう。

おそらく、今年も例年通りではないでしょうか。

 

東福寺の見どころやポイントは?

京都 紅葉 東福寺

 

東福寺での紅葉の見どころは、まず、入口にある回廊の「臥雲橋(がうんきょう)です。

さまざまな秋色に彩られた美しい渓谷「洗玉澗(せんぎょくかん)が目の前に広がります。

この景色を見るためにたくさんの人がこの東福寺にやって来るのです。

 

モミジ苑には川が流れ、順路に沿って広い敷地の中を歩いて行きますが、モミジもイロハモミジや通天モミジと言われる種類などが約2000本植えられています。

そして、モミジ苑からも見上げることが出来る一番高い場所にある「通天橋(つうてんきょう」と呼ばれる回廊があります。

 

さきほどの臥雲橋から洗玉澗の渓谷越しに、この通天橋を眺めることが出来、本当にステキな景色なんです。

特に通天橋からの景色はこの世のものとは思えないほどの絶景で、是非とも見て頂きたいです。

 

だけど注意点もある!

 

先ほど項目で見どころに挙げました「臥雲橋」と「通天橋」ですが、去年もそうでしたが、写真撮影禁止の期間がありますので、要確認です。

以前は写真撮影禁止ではなかったのですが、誰もがこの光景を写真に収めたいということで、立ち止まってしまい、安全上好ましくないという判断から、東福寺さんが写真撮影を禁止にしました。

 

私も写真を撮るのでよくわかるのですが、でも、マナーを守らないとこうして規制されることになってしまいます。

ですから、お互い、マナーを守って気分よく紅葉が楽しめるように心掛けて欲しいです。

そんな東福寺の紅葉としての穴場は?

 

東福寺での穴場は塔頭です。

是非、塔頭巡りも楽しんで欲しいです。

それに、塔頭の方が、東福寺よりも人が少ないので、のんびり出来ますよ。

オススメしたい塔頭は2つ。

 

1.勝林寺毘沙門堂

あまり大きくないお寺ですが、秋は秘仏の吉祥天のように美しい吉祥紅葉が有名です。

モミジが迫り来るような感じで所狭しと色づいています。

 

また、御朱印集めをしている人にもオススメのお寺です。

期間限定の御朱印をたくさん発行していることでも有名です。

 

2.光明院

別名「苔の虹寺」とも称され、苔が美しいお寺です。

私はここの庭が大好きなのですが、秋は、この美しい苔と紅葉のコラボがすばらしいのです。

庭は昭和の名作庭家である重森三玲による「波心庭」。

苔、紅葉、庭の石組みのおもしろさにしばし見とれること確実です。

 

そして、塔頭ではありませんが、オススメしたいのが、方丈庭園です。

観光客の多くは通天橋からの紅葉が目当てなので、やはりそちらに集中します。

ですから、こちらの方丈庭園でほっこりして欲しいです。

東西南北にそれぞれ庭があるのですが、すべてが違っていて本当に面白いです。

 

また、通天橋は写真撮影禁止ですが、こちらの方丈には通天橋によく似ているせり出した舞台のような橋がやはりあります。

こちらの橋からも見渡し限りの紅葉、そして、朱色に染まる通天橋を眺めることが出来ますよ!

 

マナーを守って京都の紅葉を楽しもう

本日のまとめ:

  • 東福寺って
  • アクセス
  • 東福寺の紅葉の見頃は?
  • 東福寺の見どころは?
  • 注意点
  • 穴場は?

 

以上、やっぱり京都の紅葉は東福寺が最高なのか!?見頃や穴場は?についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

 

京都でも三本の指に入る東福寺の紅葉、見ない手はないですよ!

是非、お出掛けくださいね。