京都 紅葉 清水寺 混雑

 

京都の紅葉の定番スポットといえば、なんと行っても誰もがご存知の清水寺があります。

修学旅行で訪れた人が多いと思いますが、そんな懐かしさもあってもう一度清水寺に行ってみたいという人も意外と多いようです。

 

ですが先日、友達から京都の紅葉はどこがいいか尋ねられて清水寺を勧めてみたところ「清水寺って凄く混雑してるイメージがあるんだけど・・・」て言われました。

確かに年間で500万人以上もの人が訪れるお寺ですから混雑はしてしまうんですね。

 

特に春と秋の混雑ぶりは何も知らずに行くと時間だけ奪われて全く楽しめなかったりします。

今回は清水寺の混雑を上手に回避して紅葉を楽しんでもらうための裏ワザをご紹介したいと思います。

 

清水寺の紅葉の見頃はいつ

 

例年通りだと11月20日過ぎ頃からが見頃になるので、今年もこれくらいの時期を想定していいでしょう。

 

ということは「勤労感謝の日」前後の三連休が大混雑すること確実です。

ですが、紅葉情報や実際に行った人のSNSなどで紅葉の状態や混雑状況などリアルな情報を事前に収集するのをオススメします。

 

昼に行くか夜に行くか

 

11月20日頃からが見頃になるでしょうから、前後の三連休に誰もが出掛けることでしょう。

ですが、昼の時間帯に行くのか、夜の時間帯に行くかによって混雑ぶりも違います。

 

昼の開門時間は6:00~17:30までになります。午前中の少し早目の時間から午後になると大混雑という感じになりますから、この時間帯に行くのであれば、6:30 ~7:30頃がオススメです。

開門早々の6:00でもいいのですが、まだ辺りは暗くて肝心な紅葉がよく見えません。

少し明るくなった時間の方がモミジはキレイに見えますよ。

 

次第に日が昇って、清水の舞台から見える紅葉はまさに絶景です。ただただ、圧巻の一言に尽きます。

真っ赤に染まった錦雲渓(きんうんけい)と呼ばれる眼下に広がる渓谷と、京都市街が一望出来るこの景観は清水寺ならではの景色なのです。

こういう楽しみ方は朝や昼しか出来ないですよね。

 

そして、もうひとつ忘れてはならないのが清水寺は紅葉シーズンにはライトアップをするのです。

最近ではこちらのライトアップされた紅葉がみたいという人が多く、一層混雑します。次のコーナーではライトアップの混雑を少しでも回避する裏ワザをご紹介したいと思います。

 

清水寺のライトアップ

 

清水寺の赤や黄色に色づくさまざまなモミジの数はおよそ1000本!その木々を500基以上のライトで照らし出すのが清水寺のライトアップなのです。

照らし出された紅葉と三重塔や仁王門などの建物とのコラボが美しいので、年々人気が出ているんです。

 

今年の秋のライトアップ期間は11/17(土)~12/2(日)、17:30~21:00までになります。昼の拝観と完全に入れ替えになりますから、ライトアップを見るためには一度外に出なければなりません。

また、昼は清水の舞台がある本堂に入るためだけに入山料が必要ですが、ライトアップは敷地内に立ち入るだけでも入山料が必要になりますから気をつけてください。

 

とにかくいろいろハズす

京都 紅葉 清水寺 混雑

 

いきなりハズと書いてしまいましたが一体何をハズすのか?というと、時期や時間やコースをハズすんですね。

それは、ちょっとした工夫で混雑から逃れることが出来るからなんです。

何度も言うように三連休が一番混みます。ですから、まず時期をハズすんです。見頃より前や後であっても、紅葉をキレイに見せてくれるというのがライトアップの良さです。

 

それに清水寺の場合、洛中にあって紅葉が比較的遅くまで続きますから、12月に入っても十分キレイに見えるんですよ。

そして、時間をハズしましょう。ライトアップの開門は17:30からです。

この時間に皆さん並ぶんですが、それをしたら絶対にNGなんです。

なぜなら1時間以上も並ばされてしまう上に、入山するまでにはまだまだ時間が掛かります。

 

実は私、清水の舞台に辿り着くまでに1時間半くらい掛かったということもあるんです。

入山が始まって、人が流れているように見える頃がオススメです。

春の特別公開の時にお世話になった清水寺の方に訊いてみたところ「19:00以降か20:30過ぎに入るのがいい」ということでした。

大体45分~1時間半くらいが所要時間ですが、20:30に入っても十分ライトアップを楽しむことが出来ますよ。

 

また、並ぶ場所もハズすことです!

清水寺に至る道は清水坂とちゃわん坂の2つがありますが、清水坂の方がたくさんのお店が並んでいますから、お店を覗いたりしてそのまま開門に合わせて並ぶ人が多いのですが、これをちゃわん坂の方に並ぶようにしてみてください。

 

清水坂ではなくちゃわん坂に並ぶだけでひょっとすると30分も早く入山出来るかもしれないんです!そう、皆さん意外と知らないのが、ちゃわん坂で並ぶこと、なんです。

こちら側は開門後の流れもスムーズですよ。ここでの裏ワザのポイントは、「三連休以外に行く」「開門早々には並ばない」、「19:00以降、もしくは20:30過ぎに入る」「清水坂には並ばずに茶わん坂に並ぶ」ことです。

 

清水寺で紅葉を楽しむにはハズすという意識で考える

本日のまとめ:

  • 清水寺の紅葉の見頃はいつ
  • 昼に行く?夜に行く
  • 清水寺のライトアップ
  • とにかくいろいろハズす

 

今回は、京都の紅葉の定番スポットである清水寺の混雑を避ける裏技というテーマでお伝えしました。

このハズすということをするだけで混雑状況が全く変わってきます。

さすがに100%理想通りにはいきませんが、それでも京都の紅葉をゆっくり楽しむには必要な考え方ですので、ぜひお役に立てて頂きたいと思います。