ハロウィン 由来 子供向け

 

「ハロウィンって何?」

こんなことを子供から質問されたら、

あなたならどのように分かりやすく答えますか?

実は自分でもよく分かってなくて答え辛くないでしょうか。

 

そんな子供向けにハロウィンを説明するために、

由来からジャック・オー・ランタンやトリック・オア・トリートなど、

ポイントを押さえた分かりやすい説明の仕方を紹介します。

 

ハロウィンの由来を子供向けに分かりやすく説明するには?

 

日本にはお盆という風習があります。

ご先祖様が我々の世界に訪れてくれるので、

それを迎え入れましょうという行事ですが、

このような行事は日本だけではありませんでした。

 

近年日本でも非常に浸透してきたハロウィンも、

そのような行事が起源とされているのです。

それは古代のケルト人の風習がその起源と言われています。

 

古代ケルト人は1年の区切りを10月31日と考えていました。

この日はこの世とあの世の境目の日として考えられていて、

死者の霊が親族を訪れる日と考えられていたのです。

 

日本のお盆に非常に似通った考え方です。

しかし、先祖の霊だけでなく悪霊や魔物も一緒に、

この世にあらわれてしまうとも考えられていたため、

そのような悪霊や魔物が子供をさらっていったり、

魂を取られたりすることがあるとされていました。

 

そこで、自分や子供たちを守るために自分たちも、

魔物のような恰好をして身を守るようにしたのが、

ハロウィンの始まりとされています。

 

子供向けに説明するならこのような魔物から、

自分を守るために行う行事だったのだと説明してあげると、

非常にわかりやすいのではないでしょうか。

 

ケルト人とは古代のヨーロッパやインドにいた、

ケルト語を使用した人々を指しています。

これらの人々の一部がアメリカにわたり、

開拓してアメリカという国を作っていきました。

 

その過程でこの風習も宗教色の強いものから、

徐々に宗教色が薄れてみんなが楽しむ行事へと変化していき、

その過程でかぼちゃを顔の形にくりぬいたランプを使用したり、

子供たちがかわいいドラキュラや魔女、

さらには動物などに変装して近所の家を一軒一軒回り、

トリックオアトリート、つまりお菓子をくれないといたずらしちゃうぞ、

というような風習が広がってきたのです。

 

かつては日本ではハロウィンなんて行われていませんでした。

しかし最近は子供向けに楽しむ風習から、

大人も仮装して楽しく過ごす秋の一大イベントとして、

日本独自に発展した行事へと変化してきています。

 

ジャック・オー・ランタンを子供向けに説明するには?

 

ジャック・オー・ランタンとは、

ハロウィンに出てくるかぼちゃをくり抜いた、

お化けかぼちゃのランタンのことを言います。

最近は、ハロウィンを楽しむ保育園や家庭が多くなり、

子供への分かりやすい説明の仕方も考えてしまいますね。

 

まずは、ジャック・オー・ランタンを説明するうえでは、

ハロウィンの説明を行った方がわかりやすいと言えます。

先ほどの項目でお伝えした内容ですね。

 

古代ケルトの収穫祭と古代ローマのお祭りとキリスト教の収穫祭が、

合わさってハロウィンというお祭りが残りましたが、

そのお祭りの中に出てくるのか、ジャック・オー・ランタンです。

 

ジャック・オー・ランタンは玄関に灯りをともすことによって、

精霊が近づき悪霊が逃げていくアイテムです。

元々はランタンを持ったジャックから名前がきています。

 

ジャックとはアイルランドのけちんぼジャックと呼ばれた悪人で、

悪魔をだました後に地獄に落ちることができず、

灯りを灯して暗い道を彷徨い続けた男のことです。

この言い伝えからランタンの灯りは精霊の道しるべとして、

魔女や悪霊が怖がって逃げる魔よけとして用いられるようになりました。

 

このように元々は収穫を感謝するお祭りであります。

しかし、お化けも一緒に収穫祭にやってきてそれを追い払うために、

仮装やランタンを作るようになりました。

 

子供向けに説明する際は、

上記のようにわかりやすく説明したうえで、

絵本などを用いて読んであげる方法も良いですね。

 

絵本の中にはハロウィン向けの料理や、

ランタンの作り方が載っているものやストーリーになっているものもあり、

子供だけでなく大人でも楽しむことができます。

かぼちゃのランタンを作りながら、

ジャック・オー・ランタンのお話をしてみるのも良いですね。

 

トリック・オア・トリートを子供向けに説明するには?

 

ハロウィンの合言葉と言えば、

 

「トリック・オア・トリート」

「お菓子をくれないと悪戯するぞ」

 

という意味を持つ「トリック・オア・トリート」は、

近年のハロウィンブームのおかげで日本でも大分知られるようになりました。

しかし本来、「トリック・オア・トリート」を言うのは悪霊たちの役割です。

 

そもそもハロウィンはあの世とこの世の境目が曖昧になり、

この世のものでないものたちが堂々と街を歩く日だと信じられていました。

日本で言えばお盆のような日です。

スポンサーリンク

 

そこで人々は悪霊をから身を守るために、

魔女や悪魔の仮装をするようになりました。

わざと怖い姿をする事で同じ悪霊だと思い込ませて、

誘拐されないようにしたり逆に悪霊を脅かそうとしたのです。

ハロウィンで悪霊の仮装をした子供たちが家々を訪問する習わしも、

悪霊の災いを払うためです。

 

元々「トリック・オア・トリート」は原文にすると、

「Treat me or I’ll trick you.」、直訳すれば、

「私をもてなせ。さもなくば1年間、お前を惑わしてやる」となります。

つまり子供たちは悪霊として脅しているというわけです。

 

この「Treat me or I’ll trick you.」が長すぎるために、

省略形として「Trick or Treat」になったと言われています。

 

そんな悪霊たちを前に大人は災難から逃れるために、

また悪霊が穏便に帰ってもらうためにおもてなしをしますが、

悪霊に扮した子供へのおもてなしはいつしかお菓子を贈る事が風習になりました。

現在では仮装した子供に「Happy Halloween」か「Treat」と答えながら、

お菓子を配る光景は珍しくありません。

 

しかし、この内容を子供に理解させるために説明は難しいものです。

そのため、分かりやすく子供向けの内容に変える必要がありますが、

「トリック・オア・トリートは悪霊としての台詞である」や、

「子供たちが悪霊の役割をするうちにお菓子を配る事が当たり前になって、

ハロウィンにお菓子をもらうための言葉になった」というように、

結果だけをまとめたポイントを押さえた説明で十分です。

 

ハロウィンを子供向けに説明するお勧めの絵本

 

子供に説明するうえで子供向けの絵本を使って、

ハロウィンの説明するのは分かりやすくてお勧めです。

 

ハロウィンは保育園や幼稚園の行事として行なっているところが多く、

今ではわかりやすく子供が興味を引きやすい絵本がたくさん出ています。

なかでも、4歳から読み聞かせが可能な本もあり、

小学生ぐらいの子供でしたら一人でも読むことができる絵本があります。

 

そのような絵本は小さな魔女使いと一緒にハロウィンの歴史や、

内容を学ぶことができる絵本になっています。

かぼちゃタルトなど親と一緒に作ることができる料理の作り方や、

仮装のやり方などわかりやすく親子で一緒に学ぶことができます。

 


ハロウィーンってなぁに? (はじめてBOOK)

 

文章も振り仮名がふってあったりするので、

小学生の低学年でもわかりやすく理解することができます。

保育園や学校の行事だけでなく、

家庭でもハロウィンがやりたくなる絵本になっています。

 

また、2歳のお子さんに読み聞かせられる大きめの絵本もあります。

こちらは、大きなカブを連想させる内容で大きなかぼちゃが登場します。

大きなかぼちゃを動かそうとした魔女に、

吸血鬼やミイラなどが手伝ってくれるというお話で、

最後がどうなるのかお子様と一緒に楽しめる内容です。

 


おおきなかぼちゃ (主婦の友はじめてブック―おはなしシリーズ)
 

洋書版もあり、英語スクールに通われているお子様には、

おすすめな絵本だと言えます。

勉強もかねて楽しく学ぶこともできますね。

 

そして、お化けや幽霊が苦手な主人公が怖がりなお化けと出会って、

一緒にハロウィンを楽しみにすることができたという絵本もあります。

二人の友情にも注目でお友達の大切さも、

一緒に学ぶことができる絵本になっています。

 

パーティー料理の作り方やハロウィン料理の作り方など他にも、

ハロウィンの楽しみ方がたくさん載っている絵本です。

ジャックオーランタンの作り方も載っているため、

お母さんだけでなくお父さんにも参加をすることができる魅力的な絵本です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

言葉だけでは説明し難いことも多いと思いますが、

そんなときは絵本など活用すると分かりやすく説明ができます。

今年のハロウィンも楽しめると良いですね。