ハロウィン 日本 いつから

 

秋と言えばかぼちゃを思い浮かべませんか?

そしていつの間にか日本に定着したハロウィンがあります。

 

そんなハロウィンもいつから日本に広まったのか?

そもそもハロウィンって何なのか、どんな楽しみ方があるのか?

そして海外と日本の違いは一体何なのか気になりませんか?

以上の内容をまとめてみましたのでご紹介します。

 

そもそもハロウィンって?2017年はいつから?

 

日本でもハロウィンが行われるようになってから、

年を追うごとに盛んになってきていますが、

2017年はいつかというと10月31日になります。

毎年10月の最後の日と決まっているのです。

 

その起源は、数千年前の古代ケルト人のお祭り(samhain)とされています。

古代ケルトでは、1年の終りは10月31日と定められており、

その夜は死者の霊が親族を訪れ、また悪霊が横行し子供たちをさらったり、

作物や家畜に被害が出るときであるとされていました。

死者の霊を導いたり、悪霊を払うため、

たき火を必要としたものでもありました。

 

日本で言うと大晦日に当たるわけですが、

ケルト人たちは一年の節目の日に、

収穫に感謝する意味や新しい年を迎えるということから、

盛大なお祭りにしていたというわけです。

 

その後、ヨーロッパでの様々な歴史の中で、

古代ローマ人との融合やキリスト教の伝来などと結びついて、

現在のhalloween(ハロウィン)になったと伝えられています。

 

そして、カボチャが欠かせない行事でもあります。

それは有害な精霊や魔女から身を守るために仮面をかぶり、

様々な仮装で顔を隠したり、奇抜な服装をした利しますが、

捕まらないように、あるいは追い払うという意味があります。

 

そのための一つの方法として、

カボチャはたき火を焚くということにから由来しています。

中をくりぬいてろうそくを立てて身を守る道具にしていたということです。

カボチャの前はカブであったという説があります。

 

いずれにしても、

こうしてカボチャで「ジャック・オー・ランタン」を作り、

 

「トリック・オア・トリート!(お菓子をくれないといたずらするよ)」

 

と唱えながら近くの家を一軒づつ訪問するようになったのです。

徐々に悪霊を追い払うというようなことから、

みんなで楽しむという行事に代わってきたということは言うまでもありません。

ご家庭でもカボチャのお菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ちより、

楽しいハロウィン・ハーティを開いたことなどが、

今日までつながってきているわけです。

 

いつから日本にハロウィンが定着してきたの?

 

トリックオアトリートと仮装した子どもたちが家々を回り、

お菓子をもらいに行くというのが、

欧米等でよく行われているハロウィンの行事です。

 

少し前から日本でも流行り始め、

文化としてもかなり定着していると言えます。

いつごろ日本に入ったかと言うと、

正確にこの年と言うのは難しいですが、

概ね2000年前後から日本に入ってきたようです。

 

大きなきっかけは東京ディズニーランドのイベントです。

ハロウィンをテーマにしたイベントを1997年から実施しています。

この楽しさが徐々に広まり、一般化したのが大きいです。

 

コスプレなどで仮装や変装をするという文化が、

日本にも根付いてきたタイミングと重なり、

ハロウィンのイベントも定着していきました。

ただ、多くの海外では子どもたちを中心としたイベントであるのに対し、

日本は独自の文化として根付いた感があります。

 

毎年この季節になると、

主に若者たちが東京を中心とした一定地域に集まり、

その時流行っている仮装や思い思いの格好をするのが定番化しました。

どちらかと言うと大人の方が盛り上がっているイメージがあり、

それを冷ややかな目で見る人、渋滞に困る人、ただ見ている人、

そして積極的に参加する人、それを見て楽しむ人など様々です。

ただ、メディア等には毎年必ず取り上げられるため、

メディアへの露出から目にする機会は増えました。

 

日本にも季節ごとにたくさんの行事が存在しますが、

この時期はあまり他のイベントことがないことも、

ハロウィンの普及に拍車をかけています。

関連のお菓子や商品も数多く販売され、企業側の戦略も透けて見えます。

スーパーなどで目にすることで、いやが応にも意識してしまいます。

 

SNSの普及もひと役買っています。

写真を撮って多くの人で共有するという文化は、

ハロウィンの定着にも深く関わっています。

仮装をして街の中を歩くという非日常は画力もあり、

多くの人がツイッターやインスタグラム、

フェイスブックを通じて自分たちが盛り上がっている様を拡散します。

たくさんの人の目に一気に触れるので、

ここ数年のSNSの普及であっという間に一般化しました。

 

ハロウィンでの主な楽しみ方について

 

ハロウィンは日本でも浸透してきており、

中には盛大にイベントを行っている企業も多くなってきました。

ただ、なんとなく知っているけれども、

どうやって楽しめば良いのかわからないという方もまだまだ多いです。

 

簡単な楽しみ方としてはハロウィン限定のお菓子などを、

購入してみるというのも一つの楽しむ方法となります。

時期が迫ってくるとコンビニやスーパーなどで、

ハロウィンに関するお菓子がたくさん販売され始めます。

それらの関連商品を購入して雰囲気を楽しむことができます。

 

お菓子以外にも食べ物としてはかぼちゃが定番となっているので、

カボチャの料理を作ったり、カボチャの料理を購入すると良いです。

カボチャの料理としては、スープやパイなどが定番となり、

カボチャを練り込んだクッキーやケーキなどを作る方もいます。

 

カボチャを購入して料理をするだけでなく、

カボチャの中身をくり抜いた後にカボチャの皮でランタンを作ったり、

カボチャの皮で顔を作るというのも雰囲気が出やすくなります。

 

さらに雰囲気を出すために、

コウモリやお化けのウォールステッカーを貼ったり、

それらの置物を購入するというのもおすすめとなります。

これらは百円均一や雑貨店で時期が近くなると商品が販売されるため、

ハロウィンの時期になると手軽に購入することができます。

 

低予算で抑えたいという方は、

色つきの画用紙を切って手作りをするという方法もあるので、

お子さまが居る方は一緒に作ってみるというのも良いかと思います。

 

他にも、ハロウィンと言えばやはり仮装となります。

自宅で楽しむのであればそこまで凝ったものではなく、

百円均一で販売されている簡単なものでも十分に楽しむことができるので、

ハロウィンのウォールステッカーと一緒に購入してみてはいかがでしょうか。

 

海外と日本のハロウィンの違いについて

 

日本でも10月31日にハロウィンとして仮装をしたりして、

楽しむイベントとして近年では浸透してきました。

日本でハロウィンというと仮装をして街をあるいたり、

子供はお菓子をもらったりと楽しむためのイベントとした位置づけですが、

海外での本来のハロウィンは実はもっと厳粛とした由来があるのです。

 

元々ハロウィンというのは古代ケルト人が起源といわれているお祭りです。

現在は太陽暦を世界では標準として使われているので12月31日に一年が終わって、

1月1日から新年が始まります。

 

他にも旧暦など中国などでは旧正月といって少しずれる場合があります。

この旧暦と同じように古代ケルトでは1年の終わりが10月31日、

つまりハロウィンは1年を締めくくる大晦日のお祭りの様なものだったのです。

そして秋の実りに感謝する日でもありました。

 

それをカトリックのキリスト教会がとりいれて現在へと繋がっているわけです。

カトリック教会では11月1日は諸聖人の日として、

全体にお祝いをする祝日になっています。

諸聖人の日というのはカトリックのキリスト教にとって、

すべての聖人や殉教者を祈念する日になっているとても大切な日です。

 

日本で例えるならばお盆を思い浮かべるとわかりやすいと思います。

御先祖様など死者の霊がこの世に戻ってくる時期で、

お墓参りをしたりお祈りをしたりする時期になります。

 

この諸聖人の日の前夜祭として海外ではハロウィンを位置づけられているのです。

日本では単純に楽しむために仮装をしたりしますが、

仮装の本来の意味もあの世からくるのは先祖の霊だけではなく、

悪霊や魔物といったものたちも一緒にやってくるといわれていて、

仮装をすることによって悪い者たちの仲間と思わせるためです。

つまり海外は仮装は魔よけの意味があります。

 

日本でのハロウィンは海外と比べると、

純粋に楽しむためのイベントといった感じですが、

本来の意味を知っていればより楽しむことができるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

日本にハロウィンが広まったのは2000年前後のようですね。

主には商業的な戦略によって広まった感じがあります。

 

ですがそうした背景を理解することで、

ハロウィンでの楽しみ方も違った感じになるかもしれませんね。