綺麗に痩せるための女性ホルモンと酵素の深い関係

 

ランニングや健康的な食事など、

世の中に綺麗に痩せる方法はたくさん出回っています。

しかし、女性ホルモンと酵素の関係を知る必要があるのです。

本当に綺麗になりたいなら体のことを知らなければいけません。

 

そこで女性ホルモンと酵素と肥満との関係です。

そして女性の様々な悩みを引き起こす要因があるのですが、

それは肥満とも深い関係があり、酵素とも関係しています。

 

綺麗に痩せるためのカギは酵素にあり

 

言うまでもなく酵素不足は万病の元です。

そして女性の様々な悩みを引き起こす要因となるのが、

 

女性ホルモンの代表とも言える「エストロゲン」の減少です。

 

逆に増え過ぎてしまうと乳がんの危険がありますが、

減少することでコレステロールをため込もうとして肥満になります。

また更年期障害、月経前症候群(PMS)、骨粗しょう症、動脈硬化、

高コレステロール血症、生理痛、生理不順、不妊などの症状が出ます。

 

エストロゲンの分泌は20~30代をピークにして、

30代半ばから減少して閉経直前の45歳ごろに急激に減少します。

エストロゲンは多くても少なくても体には良くないのです。

スポンサーリンク

そのため、意識的に女性ホルモンのバランスを整えることが、

綺麗に痩せるために最も重要なことであると言えます。

 

エストロゲンの生成には酵素が欠かせません。

また補酵素としてのビタミン・ミネラルが必要です。

そこで酵素不足になってしまうとエストロゲンが分泌されず、

代謝の低下や肥満体型になる皮下脂肪が蓄積されてしまうのです。

また加工食品やスナック菓子などに多く含まれるトランス脂肪酸、

揚げ物や惣菜、加工食品などにわたし達が普段過剰摂取しているオメガ6、

このような過剰に摂取することによって体に悪影響を及ぼす油の摂取で、

エストロゲンの原料となる善玉コレステロールが減少します。

 

そこで大切となってくるのが酵素を意識した食生活です。

 

また女性は糖質分解酵素や脂肪分解酵素が不足している人が多いです。

なのでそれらの酵素を多く含む海藻類、セロリ、アボガドなど、

他には、豆乳、豆腐、納豆などの大豆食品を積極的に摂ることが大切です。

特に大豆食品はエストロゲンの急激な低下を抑えてくれる強い味方です。

そしてビタミンCと反応するとコラーゲンも作り出してくれるので、

果物と一緒に食べることも非常にお勧めです。

 

なので揚げ物やお菓子など悪質な油を避けることが大切です。

それらの食品にはリノール酸が多く使われていて、

エストロゲンの材料となる善玉コレステロールの生成を阻害します。

そこでアーモンド、クルミ、ピスタチオなどのナッツ類には、

リノール酸を打ち消すαーリノレン酸が多く含まれているので、

このような食品も合わせて食べるとより効果的です。

綺麗に痩せるためにぜひ体に良い食べ物を食べましょう。