免疫力を低下させる放っておけない食生活と生活習慣

 

免疫力を低下させてしまう食生活や生活習慣をしてませんか?

免疫力は20歳をピークに少しずつ落ちていきます。

それだけでなく生活習慣や食生活の乱れが大きく影響します。

つまり免疫力を低下させる要因は日常のあちこちにあるのです。

 

だからと言ってすべてを改善することは難しいかもしれません。

わたし達には仕事や家庭などの関わりのある生活をしているので、

自分の思っていることを自由にできるわけではありません。

そこで生活習慣と食生活の以下の項目にまとめてみましたので、

当てはまるものをチェックして改善してみてはいかがでしょうか。

 

免疫力を低下させる生活習慣

 

生活習慣には誰でも陥りがちな項目が並んでいます。

あなたにもきっと当てはまる部分があるかもしれません。

そんな問題と感じるところをまずは認識するようにしましょう。

 

  1. タバコ
  2. 6時間以下の睡眠不足状態
  3. 日に当たらない生活
  4. 手足の冷え
  5. じっと耐えてストレスを貯め込む
  6. プレッシャーを感じることが多い
  7. 人間関係の悩み
  8. 心から笑っていない
  9. 都会に住む
  10. 1日中パソコンに向かう仕事
  11. 口内炎ができやすい
  12. 入浴はシャワーで済ます

 

免疫力を低下させる食生活

 

わたし達の体の中で免疫として支えているのが血液中の白血球です。

この白血球が上手く働くためには、バランスのとれた食事が大切です。

基本的にたんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルといった、

5大栄養素を十分に摂りつつこれらをバランスよく摂取することです。

しかし以下の項目によって必要な栄養素が摂取できなくなってしまいます。

 

  1. 高タンパク質な食生活
  2. ショ糖(砂糖)の摂り過ぎ
  3. トランス脂肪酸
  4. 加熱食オンリー
  5. 高脂肪な食生活
  6. 食物繊維を摂っていない
  7. 酸化した油脂
  8. 過食
  9. 夜食
  10. 極端な偏食
  11. アルコールの過剰摂取
  12. 残留農薬汚染食材
  13. 肥満
  14. 食べてすぐ寝る
  15. 水道水の飲用
  16. 塩分の摂り過ぎ

 

いかがでしょう、

あなたもいくらか該当するものがなかったでしょうか。

わたしは正直に結構該当していると感じましたし、

該当する内容によっては習慣として密度が濃い部分もありました。

 

まずは気になる部分が何かを把握することが、

まず最初にするべきことだと思います。

なぜなら原因が何かを知らなければ対処のしようがないからです。

ぜひ、あなたの生活習慣と食生活の見直して役立てて、

免疫力の低下を防いでいってほしいと思います。