老化防止の食べ物で酵素を摂取して健康的に美しく痩せる方法

 

アンチエイジングというものが流行って、

いつまでも若々しくなる努力をする女性は多くなったと思います。

今では昔と比べて見た目年齢が若い女性は増えたように感じます。

あなたは老化防止食べ物と言えば何を思い浮かべますか?

バナナや大豆などの抗酸化作用のある食べ物でしょうか。

 

確かに老化防止のためは必要なことだと思います。

だけど人は酵素がなくなると老化していくことをご存知でしょうか。

酵素とは免疫力を高めるだけでなく肥満防止や老化防止もあります。

より若々しくあるために酵素について少し知ってみませんか?

 

老化防止の強い味方「酵素」

 

酵素は人の生命活動の全てに関与しています。

血圧の調整、血管をきれいにする、物事を思考する、筋肉を動かす、

外部から侵入したウイルスやがんをやっつける免疫機能もそうですし、

病原体を食べる白血球でさえ酵素という存在が必要不可欠です。

 

自然治癒力も免疫力もその要は酵素と言っても過言ではありません。

 

酵素には「潜在酵素」と「食物酵素」とありますが、

人間が生まれながらにして備わっている潜在酵素には限りがあります。

それは胎児のときに母親がどれだけ食物酵素を食べているかで決まります。

食物酵素とは野菜や果物など「生」の食べ物に含まれています。

なので出産後に潜在酵素を増やすことはできないのです。

 

こうして潜在酵素は1日に作られる量が限られているので、

食物酵素を意識的に摂ることで潜在酵素の消費を抑える必要があります。

潜在酵素が十分に残っていれば代謝に使うことができます。

代謝が良くなると免疫力が上がって健康を維持できるようになりますし、

ホルモンバランスを整えて美肌になり、肥満になることも防げます。

 

ところが年齢を重ねるごとに潜在酵素は減少していきます。

老化とは体内酵素の衰弱そのものであることは言うまでもありません。

なぜなら生命活動のありとあらゆるところを支えているからです。

免疫力が低下すれば、さまざまな障害が生じるようになりますが、

免疫力低下とは、つまり体内の酵素不足を意味するのです。

 

酵素は常に毎日新しく作られているとは言え、

1日に作られる量そのものには限りがあります。

そして当然ながら量自体も人によって個人差があります。

食べ過ぎなどで消化に多く使ってしまうと代謝に回っていきません。

なので添加物が豊富なジャンクフードや原型の分からない加工食品や、

加熱した食べ物ばかりを食べて余計に消化に負担をかけるのは危険なのです。

 

今のわたし達の食生活を見たら、

圧倒的に酵素不足なのは言うまでもありません。

しかし、そんなことは知らない限りはずっと分からないことです。

そして世の中の人はこのことを深刻に受け止めていないのです。

健康に気を使わないといけないのは頭では分かっているけど、

好きなものを遠慮せずに好きなだけ食べているのが良い証拠です。

 

なので老化防止のカギとなるのは酵素です。

そして老化防止の食べ物は「生」であることです。

それは酵素が48度以上加熱すると死滅してしまうからです。

酵素の無駄遣いを避けることが健康を獲得する第一条件だけでなく、

肥満防止、肌荒れ防止、老化防止と全てに関係してきます。

 

見方を変えれば、食物酵素をしっかり摂っていれば、

そして消化酵素としてしっかりと消化に回すことができれば、

いつまでも若々しくあり続けることも可能となるのです。

だからこそ積極的に生食をすることが大切なのです。