腸内環境を整えると免疫力が上がって健康的に痩せやすくなる

 

日本人の3人に1人は生涯にがんにかかると言われています。

いつまでも健康でいるためには免疫力は欠かせません。

そこで免疫力を上げるには腸内環境を整えることが大切です。

そしてダイエット成功の秘訣も腸内環境にあると言われています。

 

特に便秘は女性の4人に1人は悩まされています。

太っている人に便秘が多いというデータはありませんが、

便秘にはアレルギーや免疫力の低下などの健康面だけでなく、

肌荒れやむくみなどの美容面にも悪影響を及ぼしてしまいます。

あらゆる病気から身を守るために重要な免疫力ですが、

ここでは免疫力にフォーカスしてもう少し詳細にお伝えします。

 

免疫は2つ存在する

 

わたし達の体は1日に1兆個以上の細胞が破壊されると同時に、

1兆個以上の細胞が新しく作られていると言われています。

そして新しく細胞が作られる過程で変異細胞も同時に作られます。

この変異細胞と呼ばれるものがいわゆる「がん」なのです。

健康な人でも寝ている間に3000個から数万個以上のがん細胞ができ、

人の一生で換算すると10億回も発生する機会があると言われています。

しかし、それでもわたし達は滅多なことではがんにはなりません。

 

それはあなたもご存知の通り、体内の免疫システムがあるからです。

 

この免疫ががん細胞の増力を防いでくれているお蔭で、

わたし達は常日頃から健康な状態を保っていられるのです。

また体外から侵入した異物や危険物質からも身を守ってくれます。

細菌、ウイルス、真菌のような病原体からも免疫システムが働きます。

体の防御力を上げるには免疫力を高めることが非常に大切なのです。

 

しかし、何らかの影響によって免疫の働きが弱くなると、

がん細胞や病原体が体内で活発に活動しやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

よく運動して疲れた翌日は風邪をひきやすくなることがありますね?

それは体内の免疫力が弱くなったことで病原体が侵入したからです。

免疫力は20歳をピークに徐々に低下する傾向にあります。

40歳でピークの半分になって50歳では1/3まで落ちてしまいます。

いつまでも健康でダイエットで痩せて体型をキープし続けるためにも、

腸内環境を整えて免疫力を上げることは非常に大切なことなのです。

 

そんな免疫にも「自然免疫」と「獲得免疫」と2つ存在します。

自然免疫とは、生まれつき備わっている免疫のことで、

抵抗力を全体的に高めるので体を強さを底上げしてくれます。

風邪をひきやすい人とそうでない人の違いは自然免疫にあります。

 

高齢になってがんの発症率が高くなるのも自然免疫の影響なのです。

一方で獲得免疫とは、様々な病原体に感染することで備わる免疫のことです。

病原体が体内に侵入すれば、それらに抵抗するために抗体が作られます。

わたし達はこの抗体があるお蔭で同じ病気にはかからなくなります。

ただし獲得免疫はAの抗体を作るとAには強くなるのですが、

Bの病原体が侵入すればAの抗体はBには全く効かない特性があります。

インフルエンザで注射を打つのは抗体を作るためなのはお分かりですね?

インフルエンザウイルスにも種類がありますが新種のウイルスには、

新種のウイルスに対応した抗体でなければ他ではカバーできないのです。

 

とはいえ、自然免疫がカバーしきれないような、

血液中に流れている毒素や小さな病原体だけでなく、

細胞の中に入り込んだ病原体に対して獲得免疫は対処してくれます。

自然免疫は病原体を幅広く対処してくれることに対して、

獲得免疫はピンポイントで強く対処してくれるという特性があります。

つまり、どちらも重要な要素であることは言うまでもありません。

 

腸内環境が悪くなると腸の働きが良くなって免疫力も下がります。

動物性たんぱく質や加工食品ばかり食べていると腸内で腐敗が進み、

悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなってしまいます。

おならや口臭や体臭、肌荒れや吹き出物の原因にもなりますし、

便秘で腸が滞ることは栄養の吸収にも影響が出てしまうので、

結果的に痩せにくい体質へとなってしまうことにもなります。

なので腸内環境を整えると免疫力が上がって健康で痩せやすくなるのです。